2014年02月18日

バディクリエイション

先週金曜日の大雪で帰宅難民になり電車内で一晩明かした私は、
復旧の目処も立たぬ高崎線に絶望し、そのまま休日出社をするはめになった。
途中、駅構内でみかけたJRSKISKIのポスターのキャッチコピー
「ぜんぶ雪のせいだ」は実害を受けた私にとってこれ以上ない皮肉だったのである。

なので週明け早々代休を無理くりもらい、兼ねてから行きたかった場所へと足を運んだ。

高崎である。


『おれは高崎線の降雪の影響を受けたと

思ったらいつのまにか高崎駅に降りていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが

おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


まぁお前次第だろっていわれたその通りすぎて返す言葉もありません(腹を見せて服従のポーズ)
とりあえず群馬県高崎市に行ってきたんですよ。
毎日高崎線のってるんですけど、実際高崎なんて片手で数えるぐらいしか行ったことありません。
その内一回は2~3年前にダメンフィスと一緒に出かけてダルマ市を覗きに行ったとかそんなんです。
なんか帰りの車内でいきなり「ホテルしこーしーーこーーー!!」とホテル三日月のノリで
ダメンフィスが発狂したんですが、その話をすると「一切記憶がない」とか本人ほざいてましてね。
勝浦・小湊と一切縁のない高崎市内でなんでそんなことを彼が叫んだか謎は深まるばかりです。

怖いもんですな、当事者の記憶の欠落というのは。
かくいう私も「警察の帽子被って両手に空のモスカート握り締めてセーフティーをウロウロしてた」とか
いわれたりするんですがまったく記憶にございません。こわいですな記憶の欠落というものは…。

もう少しだけ私の話を聞いてください。

でまぁなんで高崎までわざわざ行ったかというと、ちょっと前に「レッドウィングのブーツを買った」って
どっかの一遍でのべたじゃないですか。でまぁそのボブソールがだいぶ削れてきてビブラムソールに
交換したいなと思って調べたら高崎市にリペアしてくれるところがあるんですよ。良心価格で。
ぶっちゃけ都内にもそういうところは多々あるんだけれども、私が惹かれたのは
店の主人がギャリソンハットやら旧日本軍の帽子被ってたりして、すごいときなんかは
お店のブログ写真で軍刀構えて「国賊はこの場で処刑を敢行する」勢いで写真とったりとかしてて
最近ムチャクチャなことをいうクレーマーが乱立してるこのご時勢に対して
「接客とはなんぞや?」「という疑問を真正面から私に投げかけてくるイコールアイデンティティーに
「あぁ、きっとこの店は普通じゃないぞ」と胸が高まってしまったわけです。
やっぱグンマーって独立国家って騒がれてるだけあってすげぇんだろなって

でまぁ出発前に一応電話するわけですよ。雪の影響でお店閉まってたら寒いじゃないですか。
結果を先に言うと無用な心配だったんですけど、なんかもうイニシアチブなんか私にはないですよ。

WJ「もしもし、今日はお店の方は営業されてますか?」

店主「はい!営業しております!私は変人なのでついこの間の大雪なかでも営業しておりました!
    問題ありません!お待ちしております!」

背中にどっと汗が吹き出たわけです。この流れで問題ありませんっていった。
私は自称・変人の類は気にも留めないですけどここまで元気よく屈託なく
「私は変人なので」いわれたのははじめたのでしたので。
いや、あのこれ一応ですね、初めての電話のやりとりなんですが。

何故か不思議の国のアリスのマッドハッターを思い出し。

「お待ちしております!」っていいながらいざ私が入店した刹那、
猿叫とともに軍刀で斬りかかられたらどうしようかなって。まぁそれもしょうがないかなって。
所謂アンビバレンスってやつですよ。やっぱグンマーってすげぇんだなぁって

いざ高崎へ

電車の心地よい揺れが眠気を誘い、あっという間に到着です。
レッドブルなんて飾りです、偉い人にはそれがわからんのです。

駅からお店までは歩いて7~8分なんですが、道中瞠目しましたよ。
積雪で民家のカーポートがことごとくぶっ潰れてまして、挙句の果てには
バス停の屋根もグンニャリ曲がってぶっ倒れてるの。さすがグンマーだなーって

でまぁ店に着き、深呼吸して入店です。入ったら軍刀で斬り払われるかもしれませんから。

「いらっしゃいませ」

まさかの夫人。店主はおらず。

「昼過ぎに電話致しました、WJです」

でまぁこの足場の悪い中よくお越しくださいましたみたいな感じになって、
せっかくですからどうぞって二日遅れのバレンタインチョコ渡されるの。
もう完全に私にイニシアチブないですよ。チョコ頬張りながらソール交換の話終了。

んでまぁご夫人が外に出てる店主に電話をかけ「あと10分ぐらいで戻るそうです」って。

夫人「足が短いから早足なんですぐ戻ってきますよ」

もうね、また背中にどっと汗が吹き出ましたね。今度こそ軍刀で滅多刺しにされるかなって。
そんなことを考えながらバックオーダーでごった返している店の中をぼんやりみていると
店主さんが降臨されました。本当にギャリソンハット被ってる。

「はじめまして。わざわざお越しくださいましてありがとうございます。」

この瞬間、猿叫とともに袈裟切りされたらおもしろいなぁって。
でまぁ修理(ソール交換は修理扱い)の話からはじまり、色んなことを話したわけです。
雪で足場がわるいのでRATブーツ履いてたんですがそれを見た店主が
「サバゲーやられるんですか?」って一言。

なんか話し込んだらそういうお客さんも多いそうで、いきなりゴトリと
店の棚から編上靴を出されまして。レプリカなんですが一点ものみたいな感じで
これがまたよく出来てる。ご本人はサバゲーとかはやらないそうですが。

でまぁなんでそんなアイテムがあるんだとか日本軍の帽子とか被ってるのかの話になって、
当時のものを着てみたらどれもジャストフィットだから結局のところ自分のところに流れてくるだとか。

店主「所謂、大正時代のボンボンの体系っていわれてなんともいえない気持ちになるんです」

まぁなんともいえない気持ちですな。私も気紛れでミニミを担いだときに
「なんだか似合いますね」っていわれてどうしていいかわかんない時とかありますもん。
そりゃあ「ぼくはどうして生まれてきたのママ~!」っていいながらミニミを乱射しますわ(実話)

戦国自衛隊

店主曰く高崎は体育の日に武者鎧着て練り歩く不思議な祭りがあるとかで
「さすがグンマー!」と瞠目したわけなんですが、それに輪をかけ
「店の前を通るから私も応援がてら扮装します。大日本帝国陸軍歩兵大尉」とか
もう戦国自衛隊真っ青なことが行われるわけですよ。曰く「武者鎧姿の人達が何人かビビる」と。

でまぁ流れかなんなのか「サバゲーでどういう格好するんですか」って聞かれて
「最近はウソ海兵隊です」っていったら「じゃあ今年は旧日本軍と海兵隊ですね」って。

数に数えられている。

でまぁ店の奥からホルスターみたいなものを引っさげてきて
「ドンキでこういうスマホなんだか名刺なんだかのケースがあったんですが、
 ちゃんとした革で作りたいな」って店主曰く。

なんかこうアイデアだしの話になって

「レオンのジャン・レノがつけてた奴がいい」っていいったら「いいですねぇ!」って。
「マッドマックスみたいなのがいい」っていったら「いいですねぇ!」って。

「マッドマックスみたいなホルスターから名刺だされたら印象残りますよねぇ!営業とかで!」
みたいなことをいわれてまぁたしかに印象には残る。

高崎にはすごい修理屋さんがいるんだなぁって改めて思いました。
ものすごく楽しかった小旅行でした。おしまい。






Posted by ダブルジェイ at 02:08│Comments(2)
この記事へのコメント
そちらは雪で大変だったようですね。

>私は変人なのでついこの間の大雪なかでも営業しておりました!

これはかなりこみ上げるものがあります。
さすがグンマー。
Posted by corgicorgi at 2014年02月18日 21:22
corgiさん>

埼玉もグンマーも鳥取もきっとかわらんよ
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2014年02月23日 22:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。