2013年12月30日

吉岡キャビネット

今年も残すところあと二日である。早いなオイ!

部屋を軽く掃除したら今年読んだ小説だかなんだかが出てきたのですが、
せっかくなので手元にないものや、貸してもらった物含め備忘録代わりに
記載しておきます。このブログでちらほらでてきたのもありますね。

「人間とはどういう動物か」 日高敏隆

「ストライクウィッチーズ アフリカの魔女」 鈴木高昭

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック

「上意討ち」 池波正太郎

「谷中・首ふり坂」 池波正太郎

「食卓の情景」 池波正太郎

「おおげさがきらい」 池波正太郎

「DZ」 小笠原彗

「塩の街」 有川浩

「アスペルガー症候群」 岡田尊司

「闇の狩人(上)(下)」 池波正太郎

「男の系譜」 池波正太郎

「ギリシア・ローマ神話」 ブルフィンチ

「あほうがらす」 池波正太郎

「男振」 池波正太郎

「スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの」 藤真千歳

「ヘンたて 1・2」 青柳碧人

「華竜の宮(上)(下)」 上田早夕里

「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女(上)(下)」 スティーグ・ラーソン

「ミレニアム・火と戯れる女(上)(下)」 スティーグ・ラーソン

「リリエンタールの末裔」 上田早夕里

「ガールズバッドカンパニー」 紅羽一葉

「日曜日の万年筆」 池波正太郎

「静寂の叫び」 ジェフリー・ディーヴァー

「トウモロコシ畑の子供達」 スティーブン・キング

「神林長平トリビュート」

「南極点のピアピア動画」 野尻抱介

「約束の方舟(上)(下)」  瀬尾つかさ

「敵は海賊・海賊版」 神林長平

「ハーモニー」 伊藤計劃

「星の舞台から見てる」 木本雅彦

「夏への扉」 ロバート・A・ハインライン

「地球保護区」 小林めぐみ

「ラベルのない缶詰をめぐる冒険」 アレックス・シアラー

「ボーンコレクター(上)(下)」 ジェフリー・ディーヴァー

「英雄の書(上)(下)」 宮部みゆき

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 虚夢回路」 藤咲淳一

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 眠り男の棺」 藤咲淳一

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械」 藤咲淳一

「ゼロ年代の想像力」 宇野常寛

「咎人の星」 ゆずはらとしゆき

「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4」

「ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!」


とまぁこんな感じで9割方おもしろかったです。
1割は全然肌に合いませんでしたが、まぁ本との出合いなんて
そういうもんでしょう。それを踏まえても上々な打率だった思います。

印象深かったのは「食卓の情景」「おおげさがきらい」の2冊で、
池波正太郎氏のエッセイなんですけど読む本がたまたまないときの
つなぎにバックに忍ばせておくといろいろ重宝しました。
地に足ついた文体は何度読んでも飽きることなくおもしろかったです。
「おおげさがきらい」ってタイトルつけといて、痴漢撃退用に
刃引きしてある日本刀を携えて待機しているとか、弟の喧嘩の助太刀に
いの一番に角材もって相手に殴りかかった話とかね。どの口でいえんだと。


皆さんは一体どんな本を読んだでしょうか?
また来年もいい小説に出会えますように。南無






Posted by ダブルジェイ at 02:10│Comments(2)
この記事へのコメント
大きなお世話ではありますが!

2013年マイベストはコイツだった気がします。(上下巻)
旧書ですがよいものはよいです。
www.amazon.co.jp/dp/4150503400/

あと、上記と単純比較できない異様な興奮に満ちた逸品がコチラです。
んんっとですね。amazonのあらすじ解説を読まずに取り組んだほうが
5000倍ほど面白いので、もしお読みになるならご注意くださいませ!
www.amazon.co.jp/dp/406277657X/
Posted by 強力わかもと労働組合 at 2013年12月31日 00:42
強力わかもと労働組合さん>

わたしゃ第三の銃弾を探そうと思って地元の本屋にいったら
正月でどこもお休み且つ、営業してたとしても「わぁい!」とかいう
男の娘本がドカンと平積みされてるだけの大分偏った
ラインナップとかで今打ちひしがれてるわけですよ。
仕事が始まったらまずは書店めぐりですなぁ。
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2014年01月05日 02:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。