2013年10月03日

ゲペルニッチ

いろんな意味でスマッシュヒットしたステラ女学院が先週最終回を迎えて、
心がポッカリと空いてしまった次第でございます。

ついついクセになって毎週欠かさず観てましたけども、
久しぶりにアニメ最終回症候群っていうのに陥ってるっていうんですかね。
ぶっちゃけ毎週話症候群みたいな感じでしたけども。

「OP詐欺」だとか「EDが本編」だとかいわれる始末で、
「東京マルイ全面監修!」っていう謳い文句も蓋を開けてみれば、
「電動ガンとガスガンの音の提供と、自社製品を紹介しだけ」とかそんな感じだったらしい。
音というとつい新次元爆音VSRがよぎるのだけれども、
銃口ではなく「まったく在庫が動きません」と販売店が悲鳴をあげるという
恐ろしい兵器を作ったマルイの業の深さにただただ畏怖。

さらにトドメを刺したのがステラのブルーレイ1巻の売り上げ本数が267枚とかいう
脅威の数字を叩き出していて「各都道府県で6人も購入」という逆の意味で
話題になったりしてるわけですが、大丈夫なんでしょうか、商売として。


10秒でわかるステラ(参加脚本家さんのやりとり)

まぁなんというかなコマンドもコントロールもコミュニケーションもなかったんじゃよ。
「ガンスリンガーガールの2期などない」っていう定説がありますけど、
「ステラ女学院なんてアニメなどない」という新たな定説が生まれそうな気がします。

ガンスリンガーガールで思い出す。

余談ですけど、遅ればせながらガンスリンガーガール1期をまとめて観たわけなんですが、
前評判とスクリーンショットの比較図のせいで私もやはり2期が怖くてみれないままです。

まぁガンスリンガーガールの感想ですけど、アマティじゃなくて「なまてぃ」の楽器ケースを
担いだなまさんがブラフの生理痛に苦しみつつ「もち米は腹持ちがいいの!」と
のた打ち回ったらヘンリエッタやリコやトリエラなんぞ比じゃねぇだろうなって。
(担当官はジャンなので話数によっては頬や口元にアザがあったりする)
条件付けはまぁなんでもいいんですけど読書だと既出のメガネと被るんで
「撃破率百二十%」を一気飲みして記憶を飛ばすとかまぁそういう感じでいいです。
極めて個人の域を出ない話ですけど。
こないだダメンフィスにその旨話したら「うんうん」って車の運転しながら頷かれまして、
「心療内科のカウンセラーって多分こんな感じなんだろうなぁ」って改めて思いました。






Posted by ダブルジェイ at 02:24│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。