2013年04月14日

尻にパプリカ(黄)

本といえばマンガ一辺倒でしたが、ここ2年ぐらい小説をパラパラと読み始めるようになりまして。
1時間半という長い通勤時間の時間潰しに最適なツールとして重宝しておるわけですが、
逆にいえば読みかけの本を家に忘れて出勤した暁には後悔の念と、
いかにしてこの時間をやり過ごすべきかという思いに苛まれるのもまた然り。

プロットやキャラクターの描写、世界観の甘受的承認も楽しみではありますが、
一番の魅力というものは「普段ぼんやりと無意識の枠に収めて思考停止している現象」を
文章を介した著者の声によって一時的にでも再認識できるところであります。
映画ともマンガとも違い、「言の葉」というものは視覚的・聴覚的な影響がないぶん
琴線への触れ方が一周して残酷とでもいいましょうか。全部読み手のタイミング次第ですしね。

「ゼロ年代の想像力」という本を読み始めているのですが、
ようは90年代からゼロ年代の推移と傾向と差分を社会現象なりマンガなり映画なり小説なり
様々な媒体を通して考察し、来るべき10年代(書いている当時は2008年だとかそんなん)に
我々はどうすべきかというような内容だと思うんですが、創作物におけるキャラクターの概念の話で
「まさにそうだなぁ」と静かに頷いてしまいたくなる文章がありました。

「たとえば『空気を読めない人』とは、自身のキャラクターが、
 物語(コミュニティ)から独立して存在するという誤った認識を抱き、
 他者に対して暴力的に自らのキャラクター承認を求める人のことに他ならない」

そのとおりであると思うです。

多感な時期は皆いろいろな可能性を無防備に抱くわけで、
勝手に思い連ねた自身の特異性を自身の手でアピールする行為というものは
ある種の通過儀礼というか特権であると思うんですけど、
そんな多感な時期が過ぎ、いろんなものがそぎ落とされ核みたいなのが現出するわけですが、
「現実」ってやつと「等身大の自分」との埋まらない溝というか収まりの悪さを目の当たりにした時に、
その収まりの悪さを解消するためには具体的にどうするかっていうと、
結局のところもう一度「自身の特異性」を「自身の手でアピールする」という自覚症状のない
二重の焼き付け作業に入ってしまうんですわ。
合意はとれてるであろうと錯覚しながらの承認欲求とそのお膳立てとでもいいましょうかなぁ。
ブログというものがそもそもそういったお膳立てに都合がいいツールなので、
各所で自己愛全開の記事やコメントが乱立するのもまぁそれはそれで一つの道理なのかもと。
ある程度の年になると、「自分を人に合わせる」のはしんどいので、
「もう自分に人を合わせる」という悪意のない開き直りにシフトしてしまいますでなぁ。

で、若輩の頃と違い周りは大人だから違和感がより際立ってしまい、
結局のところ「裸の暴君」と化す傾向が強くなるという。
裸なんで風邪を引きやすく周りから隔離され、百日咳を併発した自身の現状を
やがてピカレスク・ロマンに置き換えるしかないという負のスパイラル。

度が過ぎると非難の対象となりますが、自分の気持ち悪さを冷静に組んだ上での
自虐でもなく自己憐憫でもない「諦観」ってやつに行き着けば、
思慮深さ、平熱感、安定感といったものの助長につながりまして、
最終的にはその人の等身大の在り方を自らが大声をあげるまでもなく
必然的に知らしめるっていうんですかね。真核ってやつを。
いずれにせよそれらは毒にも薬にもなるんですけども、
毒キノコみたいな間違えやすさと、中毒の自覚症状が極めてわかりづらいので、
分布するにしても致死量にならない程度に少しづつ試食しては痺れて懲りるしか
着実な方法はないんですなぁ。びびびびびびび






Posted by ダブルジェイ at 14:25│Comments(6)
この記事へのコメント
> 中毒の自覚症状が極めてわかりづらいので、分布するにしても
> 致死量にならない程度に少しづつ試食しては痺れて懲りるしか
> 着実な方法はないんですなぁ。

懲りればいいけど懲りなかったらどうするんじゃ~!?
という問題が現実界にはあふれている気がしないでもないわけで。

前回の記事にあった「ロシア装備魔人」さんも同じだろうと思うんですけど、
現実逃避ボルテージの高い人は、懲りるべきタイミングでもそれを敢えて
完全黙殺する傾向が強いように思うのです。
先刻ご明察のとおり、サバゲやミリタリー趣味って、他の世界にくらべても
あきらかに現実逃避パワーが格段に強力なので、そこで「内省の効用」を
語るには、それがいかに魅力的であるかを巧みに伝えなければならない…

これは大変な事業ですが、応援しております。

それと直接関係あるような無いような話。
先般、いまさら『ゼロ・ダーク・サーティ』を観て参りまして、非常な傑作
映像作品であるなと感銘を受けると同時に、このような作品を大々特集する
メディアがミリタリー趣味雑誌ぐらいしかないこと、さらにその特集の内容が
タクティコー装備の話ばかりで、タマシイ的にまったく満たされないことに
改めて忸怩たる思いを噛み締めてしまった次第です。

そういえば、昨日参加した翻訳ミステリー大賞
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20130406/1365235697
の討論会で北上次郎氏が、「いまや冒険小説はどのジャンル評論でも
継子扱いだから、敢えてミステリーの土俵に捻じ込むんじゃ! これしか
ないから俺はやるんじゃ!」という意味のことを熱く語っていたので、
成る程、自分も嘆いてばかりいないで、ミリタリー趣味の知的側面をもっと
ブレイクさせるようなひと工夫を考えてみたいものじゃのう、と思ったり
しました。
Posted by 強力わかもと労働組合 at 2013年04月14日 22:25
コメントありがとうございます~

>強力わかもと労働組合さん

>現実逃避ボルテージの高い人は、懲りるべきタイミングでも
>それを敢えて完全黙殺する傾向が強いように思うのです。

おっしゃるとおり、端的に言えば「成れの果ての結果論」なので
自覚による改善の余地はあるのかというとそれはなかなかに難しいところであります。煮詰まり過ぎて味が染み過ぎた肉じゃがみたいなもんで、火加減ができるなら途中で様子みながらやっとるわいと。

多分こういう事例を書くことによる結果、
自戒の念を抱きつつ極端な予防線を張ることになっちゃうのもまた然りで。
それでもまぁ、見てくれた人が「なんかあいつ変なことになってんなぁ」ぐらいに記憶の片隅に残るオマケがついてくれればそれはそれでいいかなって。
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2013年04月14日 23:40
個人的にハヤカワ文庫の「いとうけいかく」、「小川一水」の作品が好きです。
仕事の合間に良く読みますが、鞄に本を入れ忘れた時の気持ち良く分かります。
ちなみに銀行でアームズを平気で読んでますよ。
Posted by 丸太の豚 at 2013年04月17日 03:46
コメントありがとうございます~

丸太の豚さん>

ごぶさたしております。
小川一水氏の作品は未読ですが、伊藤計劃氏は「虐殺器官」と「ハーモニー」を読みましたなぁ。
虐殺器官だけだと駆け足気味でもやっとしたんですが、その後にハーモニーを読むと続編的なつながりが垣間見えてまして。2冊セットで読むとしっくりくる印象でした。

>ちなみに銀行でアームズを平気で読んでますよ。

あれ、なんだろ…デジャヴ??
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2013年04月18日 02:07
伊藤計劃氏は、ひじょーに面白いんだけど外国描写と外国人描写が、
「日本人ががんばって考えました」感があるなー、などと思っていたところ
USAでも高く評価されていると知り、そうか、やはりつまらん重箱隅的な
観点で評価を完結させてはいかん。伊藤先生ごめんね! と
心の中で合掌したものであります。
Posted by 強力わかもと労働組合 at 2013年04月19日 07:25
コメントありがとうございます~

>強力わかもと労働組合さん

そういう点でいうと、石井光太氏の「神に棄てられた裸体」なんかすごいもんで、イスラム圏の性の情勢を知るために現地に乗り込んでせっかく取材したのに、書籍化にあたってローカライズする際の「作者の味付け」的なもの=「ドキュメントを超えた作者の物語性の付加」が濃すぎて、まさにこれエキサイト翻訳でもったいねぇなぁと読んでて思いました。
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2013年04月19日 22:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。