2013年03月18日

ジョンブル

自分のブログで好き勝手なこと書いてる反動なのかもしれないけれども
よそ様のところにコメントするのがあまり得意でなかったりするのです。
ミリブロなんかだと数えるぐらいしかコメントしたことなくてですね。

書いたことすぐ忘れちゃうんですが、唯一覚えてるコメントって
DVDが傷ついて読み込めなくなっちゃったって記事に
「読み込み面を研磨サービスしてくれるところあります!」っていう
ミリブロらしからぬなんともいえないやりとりだったりとか。

皆さんご存知だと思いますが、私(わたくし)誤字脱字が非常に多くてですね、
書いて2~3日は上げた記事の文章チョコチョコ直してるぐらいですから
自分の任意での修正や削除が届かないコメント欄なんてもってのほかなんですわ。
読んですぐのリビドーで書くと意味のとり間違えもしちゃいそうだしなぁ。

あんま考えずに気軽に書くのがコメントやり取りの真髄だと思ってはおりますが
私(わたくし)みたいな人間を自由気ままにさせると結局のところ
「不幸しかバラまかない」という自覚もありましてね。
たしか上の発言もダメンフィスと飯くってるときに面と向かっていわれたわけですが
まぁそのとおりだと思いますよ(だってしょうがねぇじゃん)

顔も声も知っているような間柄で無い限り、自発的にはなかなかになんですが、
そう思うとみんなよくやるなぁって思いますよ(純粋に)
そんな当ブログにもたびたびコメントいただき、真にありがとうございます。

だが、たまに他所のブログ見てると変な人はいるもんで、
その記事内容に対してのコメントかと思いきや自覚症状のない「俺PR」みたいな人いるでしょ。


「そろそろ車のタイミングベルトを交換する時期かなぁ」って記事に対して

「俺はセロリが好きです」ってコメントしてたりとか。


例えが極論過ぎてただのキチガイコメントになってますけども(さすがにこんなのはみたことない)
実際はもっと段階踏まえたやりとりの中での異質感なんですが、
まぁ、言いたいことは言い切った感だけはあります。まったく手応えはありませんが。
臆病になったので補足しますと「このタイミングで聞かれてもいないお前の趣向の露呈か」っていう。
人んちの相撲の土俵でいきなり野球のスパイク履いてきて満足してるっていうかなぁ。
なんていえばいいんだアレ、ぼくにはよくわかんないや。

でもまぁ、あれですよ。度が過ぎる場合のときに限った話なんで、
「こうじゃなきゃダメだ」なんてことは一つもないんでそこだけは聞き入れていただければと。
場を温める程度に好きに書いたらいいと思う。それがなにより。

一時が万時

キャパの狭さもあいまったWJプレジュディス統計によると、コメント欄のコメントって
その人を構成している最たる部分が如実に現れるというんですかね、
人間会って話してみて声を聞かなきゃわからんだろって思ってた時期が俺にもありました。



コメントや文章から伺える 慎重な人、斜に構える人、勢いの人、脳と口が直結してる人、
自分が好きな人、ほんと意味わからない人ってのは、主観にはなりますが
多分実際に会ってみても同じ人だと思います。そこに意外性は別に必要ないですし。

つまりは、上に書いたような
「人んちの相撲の土俵でいきなり野球のスパイク履いてきて満足してる人」ってのは
程度の差はあれど概ねそういう人なんだろうなっていう根拠のない確信。
「自分」というアイデンティティーを介した話しかできない人。
子供が「ぼくね、ぼくね」って認められたくて親に話しかけるような感じに非常に近い。

ただ、ネットにおいて聞かれてもいない自己PRするぐらいだから
多分第三者から見たその人の実生活は相当満たされてないんじゃないか?って思ったり。
ぶっちゃけ満たされてるやつなんて世の中一握りだろうに、そこを変に勘違いして
「自分を特別視」した反動がでてるんじゃないのかなぁって。

ってよそ様のブログのやりとりを見てふと思いました。おしまい






Posted by ダブルジェイ at 03:57│Comments(5)
この記事へのコメント
> ぶっちゃけ満たされてるやつなんて世の中一握りだろうに、そこを変に勘違いして
> 「自分を特別視」した反動がでてるんじゃないのかなぁって。

ぶおー鋭いですね。同感です。
また、ミリオタや銃オタというのは、他の趣味と比較しても「バレたらオレは
白眼視されるに違いない!」というマイナスな自覚が生じがちなので、
「俺フィールド」と見なした場所では溜まったものが恥ずかしげもなく土石流の
ように噴き出す気がしますね。

なんというか、ミリブロコメントのやり取りでも、まったくかみ合っていない
「車のタイミングベルトを交換する時期」と「俺セロリが好き」どうしのラリーが
延々と続きながらなぜか双方満足!という異様な光景を目にすることもあり、
阿弥陀如来かなんかが早く救うか抹消してくれると有難いんだが、などと
つい思ってしまうことがあります。余計なお世話ですが。

そんで、記事タイトルの「ジョンブル」の真意がイマイチ不明ながら気になります。
もしかしたらこの領域でヒントになる思考例かもしれないURLがあるので、
古い情報ですが一応ご参考まで。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/hyperborea/kyoui_gb1.htm
Posted by 強力わかもと労働組合 at 2013年03月18日 10:01
いや〜ぁ、昨日も新宿で明け方4時まで飲んでいて、
朝そのまま出勤して、会社のノーパソでミリブロ
読んでますわ(レッドブルを飲みながら)

あ!イカン!さっそくやってしまった!

つーかオレ、会社員ですらない(笑)
Posted by 十兵衛軍曹 at 2013年03月18日 12:00
コメントありがとうございます~

強力わかもと労働組合さん>

>「俺フィールド」と見なした場所では溜まったものが恥ずかしげもなく土石流のように噴き出す気がしますね。

あるある。職場でエアガンに興味を持った人に話しかけられたりとかしたとき、ついつい調子こいて
「あ、ちょっと俺このジャンルの話題で長く喋ってんなぁ今」って思ったりしますからね。

相手もわかってくれるだろう・わかっているだろうという一方的な意識の下で
自分の言葉を放つ感覚もそれはそれでわかるんですけどね。
共通の話題がないままコミュニケーションが成立するのも、
共通の話題に縛られたコミュニケーションが成立するのも
それぞれに通じてるのはお互いが平熱で一定の距離感を保つ必要があるってことなのかも。

○○オタとかってつくカテゴリーは「同志」って言葉が好きな傾向にありますが、
同じ趣味趣向という免罪符だけで距離感つめてくるのは結構危ない気もします。


十兵衛軍曹>

うわめんどくせー
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2013年03月18日 22:13
「俺はセロリが好きです」←やめてよねぇぇぇっ!
俺こういうのに弱いんだよーwwww
Posted by ダメンフィス at 2013年03月19日 19:27
コメントありがとうございます~

ダメンフィス>

やめないよ!!はいぃぃいいいいいいいっっっ!はいぃぃいいいいいいいっっっ!
Posted by ダブルジェイダブルジェイ at 2013年03月20日 09:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。