2012年05月01日

十兵衛軍曹の極太射程♂#17



極太話・その17

「犬ひろしがやってきた!ワン!ワン!ワン!」



その日は例によって、下ネタで盛り上がっていた。


十兵衛「お菓子でチーザってあるだろ?あれのチェダーチーズ味。知ってる?
食べた後の指の匂いがヤバいんだよ~!すげぇリアルで!」

ダメンフィス「ダッハハハ!カマンベール味じゃ絶対に出せない匂いですね!」


ザキヤマが言う。


「やっぱ女子は、顔が可愛くて、匂いが『30円』くらいなのが、いいですね!
  可愛いのに『10円』ってギャップが、来る~っ!!って感じなんデスよ!!」

ここでザキヤマが使っている『10円』という表現は「マ〇コの臭さ」を表す単位である。

某業界には『臭いマ〇コは10円玉の臭いがする』という世界基準があり、
我々もそのスラングを愛用しているのだ。


すかさずトミー伍長が、レシーブで返す。


「前のカミさんが、ロシア人だったんですけど、匂いの数値は360円クラスでしたよ~」

アゴピー「それって!完全に致死量でしょ!?」

チュウ「でも・・・・トミーさんはそれを、何年も舐めていたワケですよね?」

トミー「うん。毎日」

ダメ「ダッハハハ!!やっぱ男ですわ~!!」



この日、我々は性帝スコープマニア閣下が主催する、お正月サバゲの終了後に、
フィールド近くのファミレスで反省会を行なっていた。

本来ならこういう場では、ゲーム内容を振り返って、タクティカルな会話をするものなのだが、
我々の場合はメンバーが、私・トミー・ダメ・ザキヤマ・チュウ・アゴピー・犬ひろし。
とメンツがメンツなだけに、話の内容は最初から「稲中」のベクトルで急発進する。

そんな中、若手の『犬ひろし』がこう言った。


「いや~死んでもク〇ニなんて、無理っスね~!」


次の瞬間!トミー・チュウ・ダメ・ザキヤマの4人が、
一斉に彼の口の中に45口径の銃口を突っ込んだ。


犬ひろしの保護責任者である『アゴピー』が慌てて弁明する。


「ガニーすいません!!コイツ、まだ何もわかってないもんで!!
 マジですいません!!マジで!!」



ここで「犬ひろし」について説明しなくてはならない。

身長153㎝。猫ひろしよりも背が5㎝高く、ポメラニアンのように、
人なつっこいキャラの持ち主である為、そこそこ女子ウケはいい。

しかしこの男は、女子と付き合うと、フラれるまでのスピードがとにかく早く、
別れの際には、女子から必ずこう言われる。


「私!風俗嬢じゃないから!」


こういうセリフは、Vシネの主役が、情事のあとに札ビラ切って、
女に叩き返されるシーンによくあるが、現状はそんなにハードボイルドではない。


なぜなら犬ひろしは、別の女子からは、過去にこんなセリフを言われているのだ。


「ねぇ?アタシの扱いって!ダッチワ〇フ以下?」


勘の鋭い読者なら、もうお分かりだと思う。
そう、犬ひろしは性欲はあっても、ク〇ニはおろか愛撫もしない。


つまり男のくせに、マグロなのである。


この件について「マグロ大使」こと犬ひろしは、熱弁を奮って我々にこう言い放つ。


「みなさんはAVの過剰な演出に、騙され過ぎなんですよ!あれはフィクションなんです!
本当は愛撫なんて要らないんです!前戯なんて飾りです!」

「偉い人には!!それがわからんのですよ!!」


これには一同、大爆笑!!そもそも誰なんだよ?偉い人って?

とにかく犬ひろしは『無駄は全てカットする』というポリシーの元に、
前戯を一切しないらしく、次の一言では、我々を更に驚かせた。


「乳首・・・・?そんなの舐めませんよ。面倒臭いんで」


えぇ~~~!?マジですか!?

それはいくら何でも、編集がタイト過ぎないか!?
もはやセックスと言うより「交尾」だぞ!それは!


ここで私は1つ、気になる事を犬ひろしに質問してみた。


十「普段、家でどんなAV観てるの?」


犬「あ~~ボクの好きなAVって、なぜか友人からの評判がイマイチなんですよね・・・・」


それだけで、なんとなく察しがついた。


十「それって?もしかして、AV女優をグーで殴ったりするやつ?」

犬「え?( ゜Д゜)!そんな素晴らしいAVがあるんですか?是非貸して下さい!」

十「いや!持ってね~よ!つ~か、やっぱオマエ!そっち系かよ!?」

犬ひろしは、一点の曇りも無い目で、まっすぐに私を見つめていた。

しかし、このカミングアウト発言に一番驚いていたのは私ではなく、
そんな性癖だと全く知らずに、4年間も一緒に仕事をしていた、アゴピーだった。

犬ひろしの、職場の先輩でもあるアゴピーは、
堂々とした彼の態度にドン引きしつつも、1つだけ質問をした。


アゴ「お前さぁ・・・・何でそんなに、女を暴力的に支配したがるの?」


そりゃそうだ!みんな一番知りたい部分は、たぶんソコだろう。


犬「ボクは・・・・スーパーモデルみたいに背の高い女が、
   惨めに負けていく感じの映像に、たまらなく興奮するんです!!」



153㎝・・・・。

「背が低い」という一つのコンプレックスが、背の高い女を征服したいという
欲望に走った結果、この性癖が完成したのだろうか?

それとも、小っちゃい人って、本当はみんな凶暴な性格なの?ダルビ〇シュの元嫁みたいに?

だが、犬ひろしは性的には暴君かもしれないが、
普段の立ち振る舞いは、決して暴力肯定派でもDVでもない。

それどころかこの男は、子供や小動物のような、弱者に対してはとても優しいヤツなのだ。

おそらくこの男の性癖は、権力者や高飛車な女が、
屈辱的な目に合っている瞬間に、最高のエクスタシーを感じるのだろう。

例えるなら『マリー・アントワネットが、ギロチンにかけられるシーン』でイッてしまう。

そんなタイプの変態なのだ。



しかし、今ここで犬ひろしをヤリ玉にあげて、異常者扱いする事は簡単だ。

だが、今回伝えたいのは、そこじゃない。

単に知って欲しいのだ。

これが現実の「リアルな普通」なんだという事を。

わかるか!?

所詮、我々が頭の中で考えている『普通』なんてものは、
根拠のない「多分そうなんだろう」の集合体に過ぎない。

そこに「本物の情報」など一切無く、ホームドラマで見た程度の事が、
世間の「普通」として一人歩きしているのが現状だ。

でも現実の普通は、ドラマより、もっとリアルに狂っている。

特に個人の性癖なんて、千差万別!
基準はいつだって、グレーゾーンの中にあるのだ!



だが、そんな犬ひろしにも、全然わかっていない事が1つある。

それは、背の高い女も本音の部分では
『背が高い』というコンプレックスに、悩まされているという事実だ。

だから私は、犬ひろしの面白さには賛同するが、考え方には賛同しない。

そもそもコイツは、超シーナイ派だし。



ここで、ファミレスを出た我々は、犬ひろしをアダルトショップへ連れて行き、全員で金を出し合って
DVD『女スパイ拷問!鞭打ち・ロウソク・鼻フック!顔ビンタ・水責め・スパンキング!』を購入。

オマケに『TENGA』を2個プレゼントして、最後にこう付け加えた。


「世界平和の為だ、お前は今夜からコレで抜くようにしなさい」


TENGA童貞の、犬ひろしは、不思議そうな顔をしていた。



はっきり言おう。

世の中にこれ以上、犬ひろしの性的被害による、不完全燃焼の女子を作ってはならない!

もし、犬ひろしがこのまま!アメリカやEU諸国の女とヤッてしまったら、世界はどうなる?

きっと男尊女卑な、彼の性差別思想は、海を越えて国際問題に発展し、
場合によっては、世界大戦や経済制裁の引き金になるかもしれない。

そんな危機を回避する為にも、犬ひろしには人類とファックさせてはいけないのだ!

『ノーペッティング・ノーライフ!』

この精神こそが、我々全員の総意であった。



数日後・・・・。

私の携帯に犬ひろしから、こんなメールが入ってきた。


『こないだ使わせて頂きました(●^o^●)

TENGAの勝ちです!

あれは、使用回数を制限しないと危険です。もうセックスでは逝けなさそうです』


よかった・・・・。とりあえず世界は救われた。



しかし、いずれ犬ひろしが、TENGAに物足りなさを感じ始めた時、どうする?


「・・・・・・・」


私は早速、緊急事態を想定し『高級ダッチワ〇フ』の
オーダーメイド店舗を探す旅へと出掛けて行った。





同じカテゴリー(極太射程♂)の記事画像
十兵衛軍曹の極太射程♂#21
十兵衛軍曹の極太射程♂#20
十兵衛軍曹の極太射程♂#19
十兵衛軍曹の極太射程♂#18
十兵衛軍曹の極太射程♂#16
十兵衛軍曹の極太射程♂#15
同じカテゴリー(極太射程♂)の記事
 十兵衛軍曹の極太射程♂#21 (2013-05-08 01:12)
 十兵衛軍曹の極太射程♂#20 (2012-12-02 16:48)
 十兵衛軍曹の極太射程♂#19 (2012-07-03 00:47)
 十兵衛軍曹の極太射程♂#18 (2012-06-04 01:28)
 十兵衛軍曹の極太射程♂#16 (2012-03-20 22:35)
 十兵衛軍曹の極太射程♂#15 (2012-01-25 02:59)

Posted by ダブルジェイ at 00:38 │極太射程♂