2010年11月03日

ぎたいっこ

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」

え?いきなりなんだよって顔してますね。わかりますわかります。

ふと私の近しい方々の所有してるエアガンを頭のなかで
つらつらーっと並べてみた所、ふと気づいたことが(^^;

P90
G3
WA2000
SVD

いわゆるガンスリンガーガールですね。

こんばんは、ジャン・ジャラです。ふらっと立ち寄った
お蕎麦屋さんのガス爆発事故に巻き込まれ義体化しました。
担当官のお好きなように「条件付け」してください。
無精ひげはそのなんていうか、健康的なお色気っていう…
すみません、バッチリ眉間に照準を合わせているその銃を
どうかお収めください。


とあるルート(ただの通販)で入手した医療用シリコンチューブです。
入手自体はかなり前だったのですが、記事にするのを
すっかり忘れていました(^^;

医療用とはいっても具体的な使用例がわからないのですが
尿道とかに突っ込ませて悦に入らせ、ホメオパシーを期待したり
するんでしょうか(^^;


袋から出してみたところです。

2mm(内)×3mm
1mm(内)×3mm
1.5mm(内)×2.5mm

といった感じでそれぞれ内径と外径の組み合わせに
若干の違いがあります。


実はホップパッキンの押しゴム代用品として
シリコンコード、虫ゴム、燃料チューブ以外にも
この医療用シリコンチューブも使えないもんだろうかと思いまして
しばらく前に仕入れてみました。

これをぶっこんでる手持ちのエアガンはRSSVDのみですが、
最初は2mm×3mmの柔らかめのシリコンチューブを
押しゴム代わりに使ってみたところ
いまいちホップのかかりが安定せず、特にエレベーションが不均一でした。

というわけで今度はやや固めの1mm×3mmの
シリコンチューブをぶっこんだところ、私のSVDと
相性がよかったのか、遠近問わずそこそこ当たるようになった気がします。
ここで満足してしまったので1.5mm×2.5mmのほうは試してません(^^;

1J以下だとパッキンと同じく押しゴムも柔らかめのほうが
ホップが安定してかかりやすいと聞いたことがありますが…
今回のような結果に至った理由はわかりませんし、
ちゃんとそれぞれのグルービングもとってないので断言はできません。
あくまで気分的なところが大きいかも(^^;

RSSVDに関しては社外パーツ、流用可能な内部パーツも
ほぼ皆無な状況でして、手軽に弄れそうな所もかなり限られてきます。
私がやったことといえばメカボの再グリスアップ・組み付け直しと
インナーバレル&パッキン交換ぐらいです。

インナーバレルはそこらへんに転がってたマルイAKのもの。
パッキンもそこらへんに転がってたマルイのもの。
他になにかすること(手軽に)あるかな~と考えた結果
押しゴム交換ぐらいしかパッと思いつきませんでした(^^;

むしろ安上がりな調整でそこそこの効果がでたので
これはこれでよかったというべきでしょうか(^^;

社外パーツの無さに泣かされたり、弄れるところが極端に少なかったり、
やれることやっても駄目だった場合のときは
押しゴムもいろいろ変えてあげると相性や組み合わせ次第によっては
化けてくれるかもしれません。なによりもお手軽ですし(^^

問題は手持ちの在庫が1mづつの切り売り購入だったので、
おおよそすべては消化しきれないだろうな~というところ。
もし押しゴム交換の効果に興味がある方がいらっしゃいましたら
射撃会のときにでもお試しサイズで少しお譲り致します(^^;






Posted by ダブルジェイ at 05:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。