2010年07月12日

56-2 下準備編

我が家に折り畳みストックの銃が初めてやってきました。
完全に勢いのみで買ってしまったRS56-2です(^^;


真っ黒です。
AKやSVDみたいに木製パーツがついた銃ばっかに
傾倒している自分にはとても新鮮(^^;


ちょっとわかりづらいですがストック基部。
展開時も折り畳み時もガシッとはまりビクともしません。
ガタツキの心配はほぼ皆無…相変わらずの変態剛性です(^^;


一緒に梱包されてた専用治具みたいなもの。
一通りバラしてみましたが、リアサイトの取り外しは
この治具使わないと太刀打ちできません(^^;


フロント周りを分解し、樹脂ハンドガードを外します。


色を塗り直すためグリップやストックのサイドに
ついてる樹脂パーツも外します。

黒も悪くないですが赤茶色のイメージが強いものでして…(^^;

ストック側樹脂パーツの外し方にちょっと悩みました。
ネジ止めで両サイド挟み込みだと思ってたんですが、
挟み込み+スライド差込だったんですねぇ…。

というわけで塗装に入るわけですが、
今回は「染めQ」を使うので「塗装」というよりも「染色」に
なるのかな???

まずはダンボールで簡易塗装ブースをつくり、
飛散した染料が付かないよう周りを
新聞紙などでマスキングします。

塗装場所も確保したので、とりあえず別室で一服。

「よしやるか!」と作業場に戻ると…orz









飼い猫よ、そこは寝床じゃないんだよ(詠み人知らず)

次回に続きます(^^;






Posted by ダブルジェイ at 00:23│Comments(2)
この記事へのコメント
順調に平和なようでw
Posted by wildey at 2010年07月15日 18:09
wildeyさん>

コメントありがとうございます~(^^

せっかくのダンボールが毛まみれに
なってしまいました(^^;

こういうときに限って…ってシチュエーションが
かなり多いです。
Posted by ジャン・ジャラジャン・ジャラ at 2010年07月18日 19:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。