2010年01月11日

サイタマ思い出し紀行

サイタマ思い出し紀行といっても
ロボットの女の子うんぬんの話ではありません(^^;

なんで私がAK買ったんだろうという思い出話です。
たぶん昔勤めてた職場同僚の発言が大きかったと思います。


今から3~4年前、ファンシーキャラクターの
グッズデザインを請け負う職場に勤めてました。
日本クライアントと中国生産工場を取り持つ中間窓口的な位置ですね。

会社と工場との連絡手段は国際電話ではなくスカイプです。
無料且つ、荒いですが動画で試作品も見れるという点が大きかったのだと思います。

映像を見て驚いたのが、現地の責任者さんがすごくいかつい(^^;
怪しいサングラスを掛け、立派な髭を蓄えています。

その人だけではありません。

各担当者さんそれぞれもなんだか物騒な気配です。
完全に目に殺気が篭っていました。

ウェブカメラ越しの映像は荒く、
ニュースで流れるアルカイーダ声明動画みたいです。
手には可愛いキャラクターのぬいぐるみのサンプルを持っているので
恐ろしいほどギャップがありすぎです(^^;

私と一緒に動画を覗いていた同僚が一言。

「この人たち絶対AK47密造してるでしょ」

口に含んだ飲み物噴出しました(^^;

「旧正月は空に向かって一斉射撃して祝うに決まってる」

AK47という銃の姿形は知っていましたが、
歴史的背景など当時の私は知りません。
たぶんそこから興味を持っていろいろ調べ始めたと思います。

普通「映画で使われた」「戦地写真で見た」「デザイン・シルエット」等から
好み・趣向へとシフトすると思いますが、私の場合は上記の流れでAKに興味を持ちました。かなりのすっとんきょうな流れです(^^;

ルーツを探っていたらそんなことをぼんやり思い出した
サイタマ思い出し紀行でした。






Posted by ダブルジェイ at 21:12│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。