スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年03月31日

バドゥン

「ウェブはバカと暇人のもの」を読む。

タイトルこそ過激だが、故に本棚でパッと目について手に取ったのは
昨今のネットにおける情報リテラシーへの疑問が強まっていたところ、
なにかの解決につながるとよいなと思い読んでみた次第なんですよ。

芸能人のブログの炎上コメントだとかツイッターの晒し者の流れとか
特に被害者いないままの怒りのエージェントだとかいろいろあるでしょう。

私も含め日本人ってのは面と向かってものをいわない気質なんだけども
匿名のネットの世界だとその反動なのか一方的に優位な条件の下だと
とたんに粗を探したり証拠を残さないイジメ的なものに加担する傾向が強く、
実にタチの悪いリスキーシフトに陥りやすいのもまた一つの事実なわけで、
著者があえてわかりやすく「気持ち悪い」と提唱するのもまたむべなるかなと。

そういいつつも(決して理解できないもの=相手を病気扱い)的な安易な思考停止に
陥ってるわけでなく、著者自身がどっぷりとネットに浸かった状態、
インターネットニュースの編集者として第一線の現場で出くわした数多くの
異質なインプレッションの積み重ね(賽の河原的な)から得られた一つの答えがそこにあり
ネットに腰まで浸かりブログを設け発信の場の末席を汚している私としても「あるある」と
首を縦に振らざるを得ないことが多々記述されていた。

私がインターネットをはじめたのは高校1年だか2年の頃で、1990年代辺りは
まだネットの創成期とも言うべき時代故に今とはまったく違う状況だったような記憶がある。

純粋にコンテンツとして楽しかったのは、今みたいにパソコンが一家に一台というわけでもなく
まだパソコンも今ほど安くもなく、金のかかるもんだったから「見ようとしないと見れない」という
篩がかけられていたので、意志を持った人達が自分の意志にのっとって発信していたのかなと。
テレビをザッピングして入ってくる情報とは別に、知りたいことは調べなければでてこないから
調べ方も、質問の仕方も、答え方もなんしかのローカルルールに基づいて成り立っており
なにか間違いでも起こそうもんなら至極普通に叱責されるような環境ですよ。

創成期ゆえの途上感やその時代の臭みみたいなものはあれども、
思うのは「今の視点」で当時を見ることができたとしたらそれはそれはおもしろいものに
違いないという確信がある。悔やむべきは当時の自分のキャパシティーの狭さであるかな。

まぁ人間なんてのは紀元前だろうが近代だろうが基本中身は一緒ですから、
たかが15年ぐらい前の状況に対して「昔はよかった」なんてことはいわないけども、
この10~15年でネットそのものの概念が変わったのは逆説的なものがあると思うんですな。

なにかの本だか忘れたけども、インターネットに希望を抱いた人が
「これでこれからは建設的な意見交換の場ができるぞ!」と思ってたら
結局蓋を空けてみるとむしろ「どうでもいいこと」が氾濫しておりますねわははみたいな。
結局自分を含めた大多数の素人がネットを介してできることなんてのはたかがしれてるわけで、
むしろ今まで心に秘めていたことを簡単に露呈して自爆するだけの増幅装置なだけなんですな。
そういうもんだとわかってネットに触れている人はあまりいないんじゃないかと思う。
そしてこういうのも「自由な場なんだから別にいいじゃないか」という方も勿論いらっしゃるでしょうよ。

んでようやくこの本の端々に書かれている結論の一つを参考にさせていただきたい。

●ネットが自由な発言の場だと考えられる人は、失うものがない人だけである

多くのミリブロガーさんに対して私が思うことはこのことですよ。
中身のあるなしの線引きは人それぞれだから別にかまわないんだけども
上記みたいなことをすこしでも意識してもいいんじゃないかなって思う人がしばしば見受けられて、
好きなことを書いてるのにそこには意志がなく人間が人間じゃないように見えるっていうと
これまた大仰なのかしらん。
  


Posted by ダブルジェイ at 02:21Comments(0)

2014年03月24日

ジョンブルレーサー

手元にある消毒液マキロンのラベルに瞠目した。

「シュパッと殺菌 シュパッと消毒」

担当者は怪傑ズバット世代なのだろうか。
思わず目から熱いものが吹き零れそうになる(無造作にマキロンをゴミ箱に投げ捨てる)


こないだお邪魔したサバイバルゲームのことだが…
KTWの九六式軽機関銃を持ち込んでた御仁がいて、
旧日本軍の格好で試射場でパララパララと撃っていたわけなんだが、
高価(アレ30万以上すんだっけ?)で物珍しいわけだから周りの人も気になるわけで、
そばにいた人が「撃たせてください」だかそんな話になったと思うんだけど
よりによってマーパットの海兵隊の人が旧日本軍の説明を受けながら九六式軽機関銃を
撃ってるわけだからなんというか…時空を超えた絵面がおもしろすぎて、
いまでも時折思い出し笑いをするのですよ。

「あぁ、サバゲーやっててよかったなぁ」って思うわけです。

同日の試射場にはMG42を携えたドイツ兵もいて、弾上がりが悪いのか
ずーっとずーっとフルオートで試射しては時折首をかしげてるのをみると、
逆説的にいえば「たしかにヒトラーのノコギリである」ということなのかしらん。
でまぁ弾上がりが悪いとゲームに支障が出るわけですから、
「この事態をどうやって処理すんのかな」と思ってたら、なんかドイツ兵が閃いたように
その場から立ちさったのをみて「なにかいい案が浮かんだに違いない」と
思ってたらもう一個のドラムマガジン持って来て腰が砕けそうになったり
(しかももう一個のほうも不調だったっぽい)

もう一度いいますが、「あぁ、サバゲーやっててよかったなぁ」と。

でまぁなにがいいたいかというと私は別に人間観察をしてるわけじゃあないんですよ。
むしろこの単語あんまり好きじゃないですからね。

たまにいるでしょ、「趣味は人間観察です」っていっちゃう人とか。
「お肉は苦手だけど焼肉は好きです」みたいな。その言い分なら私だって生肉は苦手ですよ。

普通そんなこといわれたら「じゃあ目の前にいる俺も観察対象かよ」ってねぇ。
それをいってなにか得することでもあんですか?って。リスクしかないと思うんですけどね。
「防弾ガラス越しに お・も・て・な・し おもてなし!」をやられてる感じ。完全にバカにされとる。
ふざけんじゃねぇぞ、拝むな!拝むのをやめろ!!!

そゆこと平気でいっちゃう人の根底に「1段自分を高みに置いてる感」ってあるじゃないですか。
それって地に足つけてないのと同義語だと思うんですよ。

境界線を述べよっていわれたら、すごく難しいわけで、私が前述にあるようなことも
きっと本人たちにしてみれば「あんまし見られたくない」みたいなところを
舐るように見てると思われてもまぁしかたないと思いつつも
「ふと目に入ったんだからしょうがねぇじゃん」とむしろ逆ギレするしかないのかなと。
逆ギレするっていうことは自分の非を認めたようなもんなんですが、いやだから違うんです。

ほら「人間観察」を表札に掲げる人ってさ、ほんと観るだけなんですよ。
さっきもいったとおり「防弾ガラス越しに お・も・て・な・し おもてなし!」」の発想。
ぶっちゃけ私が楽しくなってきたからこの表現を多用してるだけなんですけど。

でね、私の経験上こういう人達は身の上話をしだすと途端につまらなさが露呈すると。
そりゃそうだ、遠くで観てるだけですから、なんの経験にもならんのですよ。
観るっていうのはもう構えちゃってるわけで、自分が思い浮かばないことが起こるのが
事故なわけでして、なにがいいたいかというとこういうハプニングは「おもしろ事故」なのです。
奇跡の事故は一周して面白いわけで、観ようとして観た結果なんかとは比べ物にならない。
うまく伝わったかどうかの手応えはまったくありませんが、言い切った感はだけはあります。

おやすみなさい!!!  


Posted by ダブルジェイ at 01:52Comments(0)

2014年03月09日

ペペクリエイション

また高崎に。

前回頼んだブーツのソール張替えが終了したので回収しに行ったのである。
ぶっちゃけると電車代もバカにならんので「着払い」でもいいかなと思ったけれども、

「今度いらっしゃるときはコーヒーをご馳走します!」

電話越しの店主のフレーズにやられ、また狂乱の地グンマーに行くことにした。
ちなみに当方はコーヒーはあまり好きではない。

「カジュアル中華」というまったく意味不明な謳い文句にしている中華料理屋を通り過ぎ、
修理屋に入店すると「ああどうも!!!」という威勢のよい店主の声が迎えてくれた。

カウンター越しに「そこの自販機で好きなもん買ってください」といわれ
狼狽するままに小銭を受け渡された。店主の分も含まれてい、
とどのつまりはまたしてもイニシアチブを奪われる形だった。勝てない。

「私は全部入ってるコーヒーでいいです」という謎の注文を承り、
よくわからないままダイドーブレンドコーヒーを買ってくると「そうですそうです!」といわれたのが
とても印象的だった。とりあえず何か間違いが起きてもイーブンに持って行きたかったので
自分も同じものを買った。もう一度言うが当方はあまりコーヒーが好きではない。
コーヒーはほろ苦いとはよくいったものである。

しばし談笑していると「旧日本軍に興味はありませんか?」と唐突に尋ねられ
「きっかけがあれば」と答えたわけだが、もし私がフィールドで
旧日本軍の格好のままにHK416を携えていたら「なるほどな」と思っていただきたい。
或る人曰く、「硫黄島のときにHK416があったら日本軍は勝っとったよ」という発言があったが、
体現するのも吝かではないといったところであろう。所謂「新日本軍」というやつである。

帰路につき、地元に到着した矢先に考えたのは

(またドラゴンタトゥーの女に会えるかもしれない)

このことであった。

実は前回の高崎小旅行での帰りにも同じく

(ドラゴンタトゥーの女がいたりしてなぁ)

そう思った私が、家とは反対の西口方面に足を向け、
駅前の喫茶店に淡い気持ちを抱いて入店すると本当にいたのである。
またしても独り言をぶつぶつ言い、時折空間をじっと見つめたり、タバコを吸い始めたり
なにか見えないものを掴むように一人手を振り上げているドラゴンタトゥーの女がいた。

これに味をしめた私は、この日も再度思い浮かべつつ入店するとまたいた。
いつの日だったかダメンフィスと一緒に遊んだときに

「今日はいるかもしれんな」

と冗談半分で2人で入店したら本当にいたこともある。
願うと出てくるのだろうか。否、ただたんに土曜日の夕方は高確率でいるようである。

「万が一、襲われることを想定して武器があったほうがいい」とダメンフィスと話しながらの
入店だったのだが、せっかくなのでそのときの対ドラゴンタトゥーの女用武器の内訳を記しておこう。

ダメンフィス/ガラス容器(コーヒー豆保存用)

WJ/おろし金(お好み焼きに入れる山芋用)

ただ単に間際に100円ショップで買い物した結果である。
猿叫とともにダメンフィスが不意打ちをしかけ、その間に私が山芋を擦りおろす手筈だ。
(お好み焼きに山芋をいれるとふんわりさっくりの触感が得られる)

話を戻そう。

夕方は高崎の修理屋さんにしてやられ、夜はドラゴンタトゥーの女にしてやられる。
だが時間軸を昼間に遡ると、新たなニューフェイスが駅のベンチにいたことを書かねばなるまい。
高崎に出立する前に駅の立ち食いそばで食事を済ませるとなにやら奇声をあげている
御仁が駅のベンチに座っていたのである。

二つ折りのガラケーを手になにやらブツブツいっている。ここまではまだよい。
よくみると片方の手は己が股間を弄っているのである。背中にどっと汗が吹き出た。

この御仁を「たぁ坊」と名付けることにする。

たぁ坊とはこの日がファーストコンタクトではない。もう何年も前から地元で見かけている。
以前にも泣きつつ怒りながらのたぁ坊とすれ違ったこともある。
30m離れてもその怒号が聞こえるのだから、たぁ坊の奇声のボリュウムが尋常でないかは
火を見るよりも明らかであろう。そして今日はガラケー片手に股間を弄っているのだから
人間というのはまことに理屈では語れない生き物である。


●小雨坊(電話ボックスブレイカー)
●ドラゴンタトゥーの女(姥捨て山の麗人)
●メーテル(下りホームのリベリオン)
●たぁ坊(愛染ガラケー)
●埼玉プリン(奇跡の人差し指)
●山崎一(新潟の守護者)


一部未紹介の人物も含まれるが、いわゆるこの6人が当地元におけるロイヤルファミリーである。
私の地元が「深刻なゴッサムシティ化」に悩まされているかおわかりいただけるだろうか。

手塚治虫のブッダに「ナラダッタ」という人物がいる。
利益のために罪のない動物の命を奪い、罰として畜生道に落とされたバラモンである。
以後、四足歩行で野生の木の実を喰らう獣のような生活を送ることになるのだが
もしかしたらこれらロイヤルファミリーもそういうものなのかもしれない。

ただ違うのが、小雨坊は自転車を乗り回し、たぁ坊にいたってはガラケーを使うというような
文明の利器と供にあり、ドラゴンタトゥーの女はタバコを吸いながら新聞を携えているという
嗜みを覚えている。これが現代におけるバラモンへの罰の在り方なのかもしれない。


  


Posted by ダブルジェイ at 01:33Comments(4)

2014年03月03日

ウィケ波J太郎 男の系譜3

正月以来サバゲーになかなか参加できていないのだけれども、
無念!と思うと同時に「過去に参加したゲーム」で印象に残ったことを、
強く思い出したりするものである。

去年参加した貸切ゲームのことだったか、私が喫煙スペースでぼんやりと
煙草を吸っていたら、涼宮某にでてくる長門の格好した御仁と隣り合わせになった。
紫色のヅラを被り、その細身にはかの制服を纏っている。完全再現といいたいところだが
いささか身長が大きい。俗に言うデカ長門(雄)であった。

そのときの私は

(これぞ大名芸!!)

と思わず声をあげずにはいられなかった。うるさい!!

煙草を吸っているときに出くわした妙なコスプレイヤーはコミケのタオパイパイ以来で、
そのときのタオパイパイはラークを吸っていたが、このときの長門が吸っている
タバコの銘柄を見逃してしまったのは今になって強く悔やまれる思いであった。

互いに喫煙者であるから、ゲームが終わるたびに喫煙スペースで出くわし

(それとなく…)

会話がポツポツ展開されるのである。
冬に差し掛かった頃合だったので、スカートは寒かろうと思っていた矢先のこと。


長門「このタイツ、妹のなんすよ。タンス漁ってたら丁度よかったんで」

ウィケ波「最近、寒くなってきたからね」


一見成立してるようでまったく成立していない会話である。
私はこういうことがとても多い。反省しなければならないのだが、反面…

(まぁおもしろいからよい)

と、ついつい土地の人々の暖かき好意に甘えてしまうのである。うるさい!!

長門氏の大名芸に心をよくした私であった。

「いつもはどこで遊んでいるのかね?」とたずねると
「デザートストームが多いっすね」と笑顔で返され、これに瞠目した。
兼ねてから「デザートストームは女装ゲーマーが多い」という情報を耳にしていたからでる。

ウィケ波「彼の地は女装ゲーマーが多いと聞く。君もその一派なのか?」

長門「いやー!自分はピンすよ。たまに他の女装の方々とも出くわしますが」

ウィケ波「ふうむ…」

長門「スカートの丈の短さは俺が勝ってましたけどね」

ウィケ波「そうかそうか。それはよい」

これもまた成立してるようで成立してない流れなのだけれども、
悔い改めるのも野暮なのでまぁよいといったところであろう。
しかしながらスカートの丈云々の話なのに一人称が「俺」という
「とても貴重な発言」を聞きすっかりよい気持ちになった私である。
このときの体験は「御首バナナン女房」という短編に書いた。せっかくなので書き抜いてみようか…


「あい、バナナの皮波でごじゃりまする」

服部小平次に連れられるがまま、祇園町の「福山」に足を運んだ内蔵助であったが
目の前にいる皮波と名乗る黄色の肌襦袢姿の女に思わず瞠目した。

(バナナと名乗ったがしかし…これは一体…)

「先ずは…」

皮波はそういうと、傍らに置いた真黄色の大名陣笠を被り、内蔵助の盃へ酌をした。

(まさにバナナである!)

内蔵助は突然声を上げ、皮波のうなじにかけてもろ手で抱きすくめた。

「あぁ、いやいや…そんな…」

「シュガースポットはどこであるか!!!」

「あぁ!!そんな!!」

そういいながらも、次第に皮波のくちびるはひたと内蔵助のそれへと重ねられる。

余談であるが、後に内蔵助が「俺としたことが…あんなことをするとは」と討ち入り間際に
洩らしたと堀部安兵衛の日記に綴られている。

「痛みかけが美味いと聞く!!シュガースポットはどこであるか!!!」

「あい、ここに」

皮波が指し示した場所に触れた内蔵助の目が針のように光り、
それまでの昂揚がまるで嘘の様に静かになった。

「墨ではないか」

指先にはまだ乾ききぬ墨がこびりついてい、内蔵助はそれをじっと見つめていた。


内蔵助が赤穂浪士を引き連れ、祇園町の「福山」に壮絶な討ち入りを
仕掛けたのは四日後のことであった。


不思議なことに女装ゲーマーをしばらく見ていると、本物の女性よりも
妙に女性っぽいところが見受けられる。
特に椅子に座るときなぞは下着が見えぬよう、手でスカートを押さえつけながら座る。
不自由があってこその自由とはまさにこのことであろう。  


Posted by ダブルジェイ at 00:08Comments(2)