スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年01月19日

バーテックスカラー

勘違いというものは誰しも起こすものであり、また人間の生活というものは
勘違いから成り立っていることが多い。不幸の始まりというものは見え辛く、
いくらでもその辺に転がってい、小さな勘違いなぞは気にも止めぬが、
とんでもない勘違い野郎とたまに出くわし思うのが

「生活が成り立っているのが不思議」

このことである。

勘違いのメカニズムに「象の鼻としっぽ」の話があるが、
目隠しした坊さん達が生まれて初めての「象」に対し、鼻を触っては
「細長くてやわらかいもの」だとか、ケツ触っては「巨大な壁みたいなもの」だとか
いろんなコメントをするわけで、坊さん達どんだけ暇なのだろうか。

でまぁ「全体を見ずして部分だけみることが大きな勘違いの元ですよ」みたいな
話になるわけで、仕事でもプライベートでもとんでもない勘違いをする人が
たまにいるのを見ると元々こういう気質に「盲目的ポジティブさ」も含まれている傾向も
あるのではなかろうかと思うわけですよ。

私が出会った「大勘違い」の類を見ると、早急に「答え」を見出そうとする傾向にある。
瞬発的ひらめきが堂々と間違ってることが多く、もうちょっといろんなことを疑っても
いいんじゃないかと思うのだけれども、これもまた「自分のことを疑わない」という
不動のベースラインが成せる業なのではないかと思ったりする。
なんというかイントロクイズみたいな勢いなんだな。

昨年末のどっかのサバゲに行く道中、ダメンフィスの運転する車の中でそんな話を
朝の6時半からしていたわけなんだが、ダメンフィス曰く

「よくいえば、そういう人は根がいい人だったりする」

これは強ち否定はできぬ。いい人という表現には「純粋」の意を多分に含む。

俗にいうピュアバカというやつである。

上司からよくわからぬ指示を受けた場合、私なぞは恥も外聞も捨てて
「バカでもわかる説明」を求めるが、大勘違い野郎なぞは「なるほどわかりました」などと
適当な相槌をかましつつ根本を理解しないまま事を進め不幸がはじまるわけなのだ。

説明中に「あぁなるほど」などと被せるような人を決して信用してはならぬ。
パフォーマンスの傾向が強いのだ。自分の理解が正しいか間違っているかのところを
はっきりとさせずに自己完結で進めており、この場合理解したと思われることをキチンと声にだし、
たとえそれが間違いであってもすぐに指摘されたほうが、まだ生産的である。
わかろうと務めるのと、自己完結はベクトルがまるで違い、後者の先にあるのは不幸しかない。

職場の話で申し訳ないが、「○○さんは勘違いから多いから君がフォローするように」などと
勅令を受け、裏で右往左往している最中に当の本人から
「WJさん大変そうですね、自分にできることがあったらなんでもやりますよ」なぞと
屈託のない笑顔で言われたときの私の心境をどう表現すればよいものであろうか。

「大変そうですが、自滅しないように気をつけてください」などとビックリトドメ発言をされる始末である。

どういうメカニズムで私よりも長い人生を歩んでいるのかわからぬが、
「力技でどうにかしてきたのだろう」という答えに今は落ち着いている。

そう、力技なのだ。
人との距離感も摩擦係数も立ち振る舞いも全ては力技なのだ。だから歪が生じるのである。
力技の蓄積にはどう足掻いても太刀打ちできぬ。もう大分ひん曲がっているのだ。
前にもいったが、めんどくさい人=修正コストが高すぎる このことである。  


Posted by ダブルジェイ at 11:37Comments(0)

2014年01月16日

ハイチュウ

続くといったからといってかならずしも続くわけではない。
こういうところが世の中の、端倪すべからざる不思議なのである。
まぁ私の気分次第なのだが…

「まぁお正月ゲームのことはまた気長にいたそうな。のう、久馬。」

成人式ということで巷には新成人が溢れかえっているわけであるが
折りしもこの3連休は出社せざるを得ない状況になってしまい、
しぶしぶ電車に乗ろうと地元駅の上りホームで電車を待っていたときだった。


「#%&’だ!!!(”ヴァ:qv!!!!!!!」


どこからともなく聞こえる罵声に「おや?」と私は辺りの様子を伺った。

「誰かが声を上げブチ切れている、そして近づいてくる」

このことであった。胸が自ずと高まるのも当然である。

声の主は線路を挟んだ下りホームにいた。
下りホームの端から端を歩き連ね、相対する我々上りホームの下々に
説法をかましていたのである。これには思わず瞠目した。

レールを挟んだおよそ5mの距離。
この5mは近いようであまりにも遠い。線路を跨ぐといわゆるアッチ側、このことであった。


「成人式だからって浮かれてんじゃねぇぞ!お前らの未来なんかお先真っ暗なんだ!」


くたびれた謎のオッサンの怒号は勢いを増すばかりである。

休日とはいえ昼前の下りホームは上りホームに比べ閑散としてい、
正確に言うと閑散としているというかオッサンしかいないのだが。

何度もいうようだが、私の地元は「キチガイの街」と揶揄される始末である。
現にそのオッサンの横には地元紹介のたて看板が備わってい、
一応本来の字は伏せておくが意味合い的には「感動王国」のキャッチコピーが輝いている。

高倉健主演の「駅 STATION」という映画でもあるように、駅からは様々なドラマが生まれる。
西口の喫茶店ではドラゴンタトゥーの女がいたわけだし、東口には電話ボックスの個室内で
「いけるいけるいける!」と騒ぎ狂う小雨坊もいる。小雨坊に関していえば、アレ以来
まったく見かけていないのが実に恐ろしく、「本当にどこかへ行ってしまった」のではないかと
疑いにかかる始末であった。

類に洩れずまた気狂いと出くわしたわけなのだが、便宜上この怒号をあげるオッサンを
メーテルと呼ぶことにしよう。いささか短絡的ではあるが、あのビジュアル姿のオッサンが
罵声を浴びせ尽くす姿を想像してもらえば多少味わいというものが沸いてくるであろう。

「世の中もうおしまいなんだ!大学生ですら就職が決まらないんだよバカ野郎!!」

駅の自販機のオロナミンCがさらに美味く感じた一瞬であった。
そして話はオッサンの内情にまで踏み込んでいく。

「俺はなぁ!会社を首になったんだ!能無しはいらねぇんだってよ!!」

なんで駅のオロナミンCはあんなに美味いのであろう。
そしてトドメにこの発言である。

「オレは焦ってんだよ!!!」

その刹那、電車が我々とオッサンの間に侵入した。
車窓からオッサンをみると声は聞こえないが口元が動いている。
ゆっくりゆっくりと私とオッサンは離れていった。

毎年1月は我々の気持ちを振り切るかのごとくあっという間に過ぎていく。  


Posted by ダブルジェイ at 03:23Comments(2)

2014年01月05日

炎のオーガスム呼吸法

正月早々サバゲーをしてきましたよ。

毎年声かけていただいてたんですが、タイミングが合わなくてですね。
今回ようやくというかなんというか、俺を呼ぶということはどういうことか教えてやるかと。


まぁこんな感じで。

場所は千葉のヤネックスさんでございますな。

http://www.yanex.co/

千葉といっても限りなく埼玉に近いんですよ。
今までわたしはサバゲーに行くとしたらダメンフィスが運転する車のキーホルダーに
擬態してついていったわけなんだけども(バレてないかいつもドキドキする)、
やっぱり遠いんですな千葉は。キーホルダーに擬態するのもそれなりに苦労がある。
(後でダメンフィスにぶん殴られると思うけどまぁいいや)

じゃあ埼玉で遊べばいいじゃんっていう話なんだけど、もう目も当てられんでしょ埼玉のフィールド。
「楽しいか楽しくないかなんて気概次第だ」なんていいましたけど無理なもんは無理ですよ。
だってしょうがねぇじゃん。人間てのは辻褄があわねぇ生き物なんです。

でまぁそんな状況で限りなく埼玉に近い場所に森フィールドができると聞いた日には
我々の喜びも一入で、初孫ができた大泉逸郎にも匹敵するといっても大仰ではないんだな。

なんでこんなにかわいいのかよ 孫という名の宝物(『孫』と銘打った出刃包丁を振り回しながら)

私の住んでる街からだと電車で1時間+バスで10分ぐらいだからなぁ。
一回、サバゲーの始まりから終わりまでの一連をガイアの夜明け風に撮りたいね、
ED曲流れる中で「あなたにとってサバゲーとは?」ってスタッフに質問されて苦笑いで終わる的な。

それはさておき…

ダメンフィスと合流してフィールドに着くや否や、第一村人発見の勢いで
なまてぃ氏に奇襲をかけるわけです。勿論角材片手にですよ。

WJ「おいボッチ野郎。あんたは今日から我々のチームメンバーだ」

なま「チームWJにですか?」

WJ「チームWJは解散しまして、USMCに生まれ変わりました」

なま「ただの改称でしょう」

WJ「USMC、そうユナイテッド・サイタマ・マリーン・コープ」

ダメ「てめぇ、今ユナイテッドっつったか?」


そもそも埼玉には海がないのでいきなり最初から破綻してんだけどな。
偶然みんながMARPAT着てたからまぁこの際いいかなって。
大目に見てくださいよ、3人だけですしいつ潰れてもおかしくないんです。
サイタマって謳っておきながら3人中1人は他県出身ですしね。

-USMCとは-

サイタマ海兵隊
(さいたまかいへいたい、英語: United Saitama Marine Corps、略称:USMC)は、
サイタマ合衆国の海兵隊。沿岸警備隊を含めたサイタマ軍を構成する5軍では2番目に小さく、
最高位の軍人を統合参謀本部の構成員として送り込む4軍の中では最も小さい組織である。
2014年1月の時点で3人の現役将兵を擁している。クズとも呼ばれることがある。

(wikiより抜粋)

だから沿岸警備とかいってるけど、埼玉にはそもそも海がねぇんだよ。
本土の防衛が任務に含まれない外征専門部隊であることから「殴り込み部隊」とも渾名されると
書きたいところだけど、「殴り込まれ部隊」と渾名されるのが正しい。

そう、ダメンフィス氏、なまてぃ氏、私WJの共通点といえば
「ゲームで酷い仕置きを受ける」というところであって、「殴り込まれ部隊」というのも
あながち間違ってはいないのである。

-モットー-

さっさと遊んでさっさと帰る


-入隊-

スカウト制(スカウトマンの器量が極端に狭いため人数が極端に少ない)


-除隊-

自己申告制(申告すらしなくても可)


というわけで2段熟カレーの箱裏にある調理説明みたいな適当さで設立されたわけなんだが、
この日も類に洩れず我々USMCは酷い仕置きに合い、設立早々解散の憂き目に合うのであった。

つづく  


Posted by ダブルジェイ at 02:36Comments(5)

2014年01月02日

ピピンアットマーク

だれですか、正月早々「熟年ゲイ小説」の検索ワードでうちんところにアクセスしてきたのは。

皆さんあけましておめでとうございます。  


Posted by ダブルジェイ at 03:37Comments(2)