スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年12月14日

レーザーされる

読みかけのまま放置していた「アンドロイドは電気羊の夢をみるか?」をようやく読み終える。
いわずもがなブレードランナーの原作ですな。

限りなく人を模したアンドロイド(レプリカント)をアンドロイドとして判断することに難儀していた
主人公リック・デッカードなんですが、なんだかこの流れに琴線に触れるものがあったんですな。

巷はまともそうな人が頭おかしかったり、頭おかしい風を装ってまともだったりとかこんなんですよ。
特にサバゲーだと良くも悪くもこういう機会に触れることがしばしばある。

フォークトカンプフ法でテストするまでもないのは「自称・変態」の手合いでなんだけども、
手前の竹光を「変態」という鞘に収めたくてしょうがないのかなと思いつつ、結論として

「抜き身のままでもなにも斬れやしないのだから別に無理に鞘に収めんでもいいじゃないか」

このことである。まぁアンドロイドか人間かはここでわかる。
「都合のいいところで変態におかれたい」このことがね、非常に引っかかる。
これは逆にいえば都合の悪いところは触れないでほしいってことなんですよ。
実はこの「都合の悪いところ」にかぎっておもしろ過ぎるんだけど、
哀しいかな当人とは共有できない箇所なのである。ここが天下分け目の大戦なのである。

自分で自分のことを持ち上げなければいけない状況に陥ってることに気付かぬ姿に
泡沫の如き儚さを感じてやまない。だってそう思っちゃうんだもん、しょうがねぇじゃん。

真なる変態というものは邪な気持ちがない。だって他人の目なんか関係ねぇんだもん。
以前に小雨坊についてここで書き記したことがあったけども、あの後再度
小雨坊とでくわしたことがあって、電話ボックスの中でやたら騒ぎたてながら

「svi1亜sぷあらっぶjか^あrc:そでもあ! ヴェッ! あ、いけるいけるいけるいける!!」

などと非常に文章にするのが困難な奇声をあげていた。
個室の空間で「いけるいけるいける!」などと叫んでいたんだが、
いったい「どこ」に「いける」というのか甚だ疑問に残る。つまりは生き方がロックなのだ。
下心も邪心も含まない完全なピュアな結晶がそこにある。

ここでまぁ一つの区切りがつくわけなんだけども、前述にもあるとおり
恐ろしいのはここから先の話である。

「自称・変態」が必ずしも「さして変態でもなんでもない」と言い切れるかというとそうでもない。
この段階で私はデッカードの立場に身を置くことになる。

「変態かどうかは目を見ればわかる」と1番の変態が目を爛々とさせつつ、
私に説き伏せたことがあったのである。あぁなるほどなぁと思いつつ、
この手合いこそが最も恐ろしいと思った次第であった。
いわゆるハイブリットというのか、冷静と情熱の間にというか。

まぁフォークトカンプフ法でテストするまでもない話においての極例というべきか、
自らを変態と認識しつつ世間に紛れ込む姿はまさにネクサス6そのものである。
というか今までの流れだとフォークトカンプフ法を試すに至らない状況しかないが。

ネクサス6は紛れ込みつつも要所要所で確実に滲みでるというかオメガがブーストされるわけだから
これまたフォークトカンプフ法の出番がない。いつテストするんだよこの方法。
まぁ火のないところに煙はたたぬし、なによりその火を消そうとやっきになる浅野内匠頭が
癇癪もちのお稚児好きという話である(関連性を一切考えてない開き直り)

完全なクリスタル体の結晶のままの変態と、人の形を成したクリスタルボーイがいる。
まぁ私が今クリスタルボーイっていいたいだけの話ですけども。

ただ一ついえるのは真なる変態は人に迷惑をかけない。
否、かけたとしてもそれは災い転じて福となす。このことである。

では最後に小雨坊のロックな発言をもう一度どうぞ

「svi1亜sぷあらっぶjか^あrc:そでもあ! ヴェッ! あ、いけるいけるいけるいける!!」  


Posted by ダブルジェイ at 20:02Comments(2)