スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年07月23日

オタソウユーゲント

本来書こうと思ってたことをすっ飛ばしてどうでもいい身の上話をしてしまいました。

ガン=カタの話である。

前回参加した定例会で変なテンションのお客さんが身内にエアガンを向けて
笑いを取ろうとしてる行為を見かけたのは【たまごかけご飯】の一遍で既に述べた。
(↑池波正太郎節を実に頭の悪い感じに引用した文例)

ああいう、突発的な行為をなんていえばいいのかすぐには思い当たらなかったので、
とりあえず暫定的にリベリオンのガン=カタという表現にしたわけでございますが、
笑いやジョークで他人に銃口向けることに対して、セーフティーかけてようが、
マガジン抜いてようが、バッテリー抜いてようがちょっとどうなのかなって思うわけです。
(笑わせるのと笑われる違いがわかんない人がいて、さらに救いがないのが大抵笑えない)

とはいえ私自身が潔白かっていうとそういうわけでもなくて、
身内の集団の中でそういう場に出くわしたことは多々ありますし、
写真だって撮ったことも撮らされたこともあるわけですよ。首かしげながら。
恥なんでこういうことあんまいいたかないですけども、そういうの抜きにきれいごとばっかりいってると
途端に胡散臭くなるのが世の常ってやつでしょう?

でまぁ、そういう「銃を向けたテンション芸」みたいなのは根本的におもしろくもなんともないんだけども、
その場のノリっていうのは怖いもんで堂々とまかりとおっちゃうわけですよ。
過去のミリブロで北海道のショップが打ち上げかなんかで客にダブルバレルショットガン突きつけて
ニッコリ写ってる写真に驚愕したけども、ちょっと前にも例のグンマーのショップで客に銃向けようとした
ピカレスクロマンで炎上したりするわけで、いい年なはずなのにyoutubeの中学生サバゲー動画と
一緒のテンションになっちゃうのはなんでかなぁって思うわけですよ(勿論自分に対しての疑問も含む)

記録に残しちゃいけないものほど記録に残したがるこの矛盾。
よくある「調整中の初速オーバー記事」をあげちゃう心理もこういうのがあるのかもしれん。

でも自分のことを疑わない人っていうのは実際けっこういるわけで、
それが正当化されちゃうっていうのは、根本的ななにかの欠如としか思えないんだよなぁ。

ふいに出た言葉にその人の本質が現れるのと一緒で、突発的に人に銃口向けるようなジョークを
仕掛けるような人なんてのは他に拾うところもないぐらい救いが無くて、御里が知れるだけなんですな。
私自身も疚しいところがあって大きな顔はできないんだけども、
少なくとも足突っ込んだ分は段階的に考え方を律していきたいと思うんですけどね。
この趣味ってみんなそういう「自己の解放」のアクセルワークと「理性の暴走」に対する
ブレーキングテクニックを巧みに使い分けていかないと途端に白い目で見られますからなぁ。

ふと振り返って気付かないと悪いことはずっと悪い方向に進むし、
そういうのは目に見えてわかるようなことじゃないから、まぁ難しいんですけども。

ばいばいね  


Posted by ダブルジェイ at 05:16Comments(5)