スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年03月24日

ギルガメッシュ

完全防音の室内で一生懸命寿司を握る。

これが当ブログの身構である。ずーっとモヤモヤしていたんだけども
ようやくここ最近、この表現がパッと思い浮かびしっくりきたところ。
つまりこれは一種のリバタリアニズムといってもよい(あまり意味をわかっていない)

無論、寿司を握ることに防音性は必要とされない。
完全防音は「私は静かにお寿司を握りたい」というアンチテーゼである。

自発的に不特定多数に向けて「ブログやってます」「SNSやってます」とか
聞かれてもいないのに平気でさらっといっちゃう類のよくわからない自己顕示欲の現出が
どうもイマイチしっくりこなくてですね。人間らしいといえば人間らしいけども。
喩えていえば相手の「好き嫌い」や「味覚」を知らないまま
「実は私料理が趣味なんでどうぞ食べてください。ブリ大根とババロアですどうぞ召し上がれ」
とかのゴリゴリのインファイトボクサースタイル。アイエエエエエ…実際コワイ!!!

まぁ吐露しちゃいますとね、気を使うだけなんですよ そんな下りの料理なんて。
料理は愛情って結城先生がいってましたけど、自己愛のほうじゃねぇって。

気を使うから「コレ何食ってるかよくわかんねー」ってのが正直な意見ですよほとんど。
だからメシ屋でメニューみて各々選ぶんでしょ。自分が食べたいものをさ。

なんか共通の心の琴線めいたものがあればいいんだけど、そういう人は
「自分がいいと思ったものは皆も喜ぶはずだ」なんていう迷惑甚だしい善意で
ことを進めてしまうから、これはたまったものではない。ワンサイドグッドウィル

もうリメイクして「一方的な善意を押し付ける人を片っ端からぶっ殺しにかかる」って意味での
原作完全無視「新生グッドウィルハンティング」の映画作ればいいのに。

映画キャッチコピーは「奴らは見えない 自分のことも」 マッド・デイモン主演

まだこの場合、「このオレを見て欲しい」で済む話だが、
時として他人を巻き込むこともある。

大昔にファミレスで顔見知り&初対面で集まったとき
「彼、ジャンジャララってブログやってるんですよ。見てみてください」って唐突に
アナウンスされて、おいおいなんの罰ゲームってこともありまして。

一斉にみんな携帯とりだして見始めたりしてでっかい?マーク浮かべてた表情とか
そりゃあもうあの理不尽な光景は多分忘れないですよ。今まで忘れてたけど。
たまたまネットでたどり着いたとかならまだしも、暴力的匙加減なアナウンス!
なんたる意思の強さを感じさせる表現!アイエエエエ…!!
オレのブリ大根とババロアは下手の横好きで勝手に作ってるわけで、
「好き嫌い」や「味覚」の違いによる迷惑をかけたくないから自分で好きに喰らって
好きに処理してるんだぞって!!(ブリ大根とババロアの単語を含みながらブチ切れるテスト)

後日、発言者に「あの、あーいうのは流石にちょっと」って含みながら伝えたんですが
この手の類は「なんで?オレ気にしないけど」っていうのが通例なんですよ。
このオレが気にしてんだよ、いわせんな恥ずかしい。
「やめましょう」っていっても「やめない」傾向が強いという負のスパイラル。よりによって

だから逆にいえば「やめときましょうよ」っていっても頑なに「やめない人」ってのは
いろんな未来予測ができて苦手だったりする。
「やめない人」というと意識を感じるが、実際には「なんでやめるのかわからない人」っていう。

「わかんない!わかんないよ!兄ちゃんなにこれ!
  お尻が熱いのに背中はゾクゾクするよっ!!真美こんなの知らないよ!」(いいたいだけ)

なるべくならネットはネットで慎ましくも健やかに過ごしたいわけですが、
「わかんない!わかんないよ!兄ちゃんなにこれ!」と書いときながら
今更どのツラ下げてんだって話ですけど、それはそれで、まぁなんというか
そのとおりじゃないかなぁって。
  


Posted by ダブルジェイ at 15:55Comments(8)