スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年12月31日

ダカダカダカール

某所で早くもリークがあったが、分隊支援火器を入手したのである。

知人「不動品なんですが1丁転がってましていかがでしょうか?」

持ち主からセメントマッチを仕掛けられつつも、
スタンダードな電動ガンですら扱いきれてないこの俺が大きくて重くて扱いの難しい
分隊支援火器かよと自嘲気味な笑みで口元を歪ませ、コーラを含みつつ断るつもりだった。
人類が皆、キリンさんが好きだからって、SAWさんはもっと好きなわけではないのだ。


WJ「扱いきれないので要らないです。なにより、車もってないんで持ち運びが無理なんです」

知人「【ドカーン】円でいいっすよ?」

WJ「お互いこれからもいいビジネスパートナーでありたいですな」


まさかの急展開である。展開が速すぎたと思うのでマグプルダイナミクスみたいに
再生速度30%とか再生速度50%で一連の流れを見せたいのだが
いかんせん文章での表現では限界がある。

その場でダメンフィスが私を諌めた際のやり取りが
ICレコーダーに残っているので再生します(ピッ)


ダメ「あんた、どうせあっても使わんだろ!」

WJ「うん」


即答である。展開が速すぎたと思うのでマグプルダイナミクスみたいに
再生速度30%とか再生速度50%で一連の流れを見せたいのだが
いかんせん文章での表現では限界がある。

「使わない」っていうよりも「使いこなせない」っていうニュアンスマシマシで。
実際相当難しいと思うんですよ、効果的な分隊支援火器の運用って。
(とにかくバラ撒いて鬱憤晴らしたりする人とはまた別で)

でもそれを凌駕するぐらいの破格で、もうこの価格で分隊支援火器が
手に入ることは二度とないだろうなぁと思っちゃいましてねぇ。

まず壊れてるのがいい。直したい。

「スーパーおもちゃドクターJ」としては、この哀れな患者を直したい。
一般外来の札も掲げず、自分で破格の額で患者を買い漁って、
直したら直したで放置なので、おもちゃドクターとして最低といえば最低である。

スーパーって枕詞がついてますが、自分で「やる」か「やらない」かの
程度の差だと思うんですけどね。実際のところ。



というわけで、無事取引を終えて我が家に来たCA製MINIMI MK-2。
A&K MINIMIのデッドコピー元でございますね。

でかい。重い。本当にありがとうございました。

メカボまでのアクセスは早いんですが、
いちいちデカいんで分解するときも場所をとるわあちこちぶつかるわで。
幸いA&K MINIMIの分解記事が世にはたくさんありましてね。
不動の理由は「ギアの歯が飛んでるのかも」とのことでさてさて。



文鎮みたいなメカボご開帳。
3枚ギアの歯は飛んでませんでしたがタペットプレートがえらい方向に乗り上げてました。
(写真はとりあえずタペットプレートの位置を修整)

ショップチューンのメカボを過去に2、3度開けた事あるんですが、
ベアリング軸受けがことごとく接着されてないんですけどそういうもんなんですかね。
ちなみにこのミニミもどっかのショップチューンらしいんですが軸受け未接着でした。



ピストンラックが後ろ4枚ぶっとんでおりました。本当にありがとうございました。

1.メカボ・パーツ洗浄

2.SHS18:1Normalトルク 強化ギアに交換

3.マルイ純正ピストンを加工して交換

4.軸受け接着

5.フルサイズシリンダーを加速タイプに交換

6.逆回転防止ラッチのスプリング交換

7.シム調整

8.グリスアップ

9.スプリング交換

10.バレルカット

と、簡易的ではありますが以上の作業を行いました。
フルオートしかないのでメカボ的には簡単な構成だったのですが、
メカボを閉じるときにやたら「逆回転防止ラッチすぐリリースされて外れる」とかいう
地味な攻撃を受けましてね。このメカボに関していえば、スタンダード電動ガンよりも
逆回転防止ラッチの収め方がシビアでした(すっごいイライラした)
ノズルも交換してみたかったんですが、手持ちで丁度いいのがなかったので…、
実際MINIMI用に使えるノズルってなんでしょうな。

余談ですがSHSのセクターギアってタペット引っ掛ける凸が長くて
シム調整していない段階でカツカツとメカボに干渉するので、
イチイチ凸を少し削ってるんですがそういうもんなんですかね。なんか釈然としないのですが。

結果、0.8Jでサイクルは秒間15発のミニミとなりました。
わしが求めるのはこれぐらいで十分じゃよ。

チャンバーを引っこ抜こうとアウターバレルを外そうとしたら妙に渋くて
なんとか引き抜いたらフロント周りのフレームが歪んでましてな。
チャンバーから伸びるインナーバレルに対してフレームが如実に曲がってたんじゃよ。



こいよフルメタル。剛性なんか捨ててかかって来い!

「ひねくれ者の子供をひっぱたいてまっすぐにするのは躾」

というわけでゴムハンマーでガワをぶっ叩いてフレーム修正。
銃いじってんのか刀鍛えてのかわかんなくなりましたが、そもそも年の瀬に
ゴムハンマーでミニミを殴りつけてるなんて狂気の沙汰ですよ。日本よ、これが年の瀬だ。

というわけで、ダメンフィスのMP5につづきチームWJのレンタル銃にミニミが追加になりました。
弾自腹で興味がある人は使ってみてください(ニッコリ)

チームWJ レンタル銃 運用事例



08小隊OP 冒頭8秒からの曳光弾発射シーン(右・マルイハイサイMP5/左・CAミニミ)

それでは皆さんよいお年を。  


Posted by ダブルジェイ at 02:31Comments(5)