スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年12月09日

キックアス

さてさて前回の続きである。

インドア用ヘルメットを買ったということは、
それはつまり近々にインドアゲームに参加することを意味する。
いってしまえばそれだけなのだが、それに至る経緯とやらが実に強烈なのだ。

「AZITO定例会 再び」

話は「アジト定例会参加記事」を書いた時にまで遡る(最近このパターンばっかだなぁ)

ブログ記事をあげた翌日、私の携帯に1通のメール届いた。それが全てのはじまりだった。

------------------------------------------------------------------------

「ミリブロを読ませていただきましたが、
 自分だけ山梨県大月市のアジトに行ったのですね。次回は是非ともご一緒したいものです」

------------------------------------------------------------------------


ロビンマスク氏からのメールである。長ドスで心臓を一突きされたような強烈な文言であった。
私はこのメールを内に秘めたまま、チームWJ定例ミーティングに参加した。

---------------------------------------------------
正体不明の弱小チーム
埼玉県某所旧中仙道沿い おはしカフェ・ガスト1900時
---------------------------------------------------
店内にはダメンフィスとWJの二人。

ダ「いやぁ、実際調べてみたんすけどアジトって以外とここから近いんすね」

WJ「圏央道を使えば意外と近いみたいよ」

ダ「今度行ってみましょうか?そんな遠くないし、定例会なんでフラッと」

WJ「どうやらその時は普通の定例会にならなそうな気がするんだな」

ダ「は?なにいってんの?」


私はおもむろに携帯を取り出し、先ほどのメール内容を提示した。
静かに一瞥したダメンフィスは震えた手でコーヒーを口に運び流し、こういった。


「こりゃ大変なことになった」


そして我々は覚悟を決めて返信した。「もしご都合よろしければ次回いかがでしょうか?」と。

それすなわち、あの静岡製茶工場の面々が定例会に参加し、蹂躙の如き
大波乱を巻き起こすことであろうことは容易に想像できた。我々は恐怖し泣いた(味方なのに)

この状況を簡単に例えてみよう。
マリリンモンローみたいな金髪のヅラを被った擬人化ハリケーン「ロビーナ&ウォーズマリー」を
チームWJの二人が大泣きしながら「おいでませ手旗」を振って誘致しているのである。

だが皆、ここで再確認もしてほしい。ハリケーンに敵も味方もない、そこに残るのは残骸だけなのだ。

しかもロビンマスク氏は最近トレポンをゲットしたばかりで初陣に向けウズウズしてるに違いない。
ウォーズマン氏に至っては生来の気質により終日ウズウズしているに違いない。平常運転!!

以後、定期連絡として参加者の確認や諸々を含んだメールをいただくのだが、
私がものすごく気にしているのはロビンマスク氏のメール文中におけるアジトの表現である。

------------------------------------------------------------------------

「着々と迫る山梨県大月市アジト(廃工場内訓練場)への参戦ですが(省略)」

------------------------------------------------------------------------

私はこの件に関して意見を聞こうと、メール文をダメンフィスに転送した。
彼からの返事はなかった。それが彼の返事だったのだ!!!!

そしてその後のメールにも、アジトという単語の後ろには
(廃工場内訓練場)がご丁寧にかならず添えられていた。
みなさん、アジトはインドアフィールドではなく廃工場内訓練場なのです。


数日後、

------------------------------------------------------------
正体不明の弱小チーム
埼玉県某所旧中仙道沿い ピザ&パスタ るーぱん 2200時
------------------------------------------------------------

ダ「なぁて」

WJ「は、はい」

ダ「あんたは知り合いとほんわかアジト定例会を堪能したけど、
        俺の場合はいきなりガチムチ緊迫定例会ですよ?」

WJ「そうですね!(キリッ」


ピッツァマルゲリータの皿を頭に叩きつけられ、WJはテーブルに突っ伏した。
皿の破片がテーブルに派手に散らばる。


ダ「あの人たちがよりにもよってトレポンもってくるんだぞ??」

WJ「アウウウウウウウウ…いうなればキチガイに刃も…鬼に金棒(頭部の出血を押さえながら)」

ダ「終日緊張感を伴う定例会になりそうだねぇ、あー怖い怖い」

WJ「そうですね!(キリッ」


スープパスタ「ボンゴレ(赤)」の肉厚の器を再度頭に叩きつけられ、WJは気絶した。
器の破片がテーブルに派手に散らばる。血の赤なのかボンゴレの赤なのかもう判別できない。


司馬遼太郎は「燃えよ剣」でこう綴っている。

「どうなる、とは漢の思案ではない 婦女子のいうことだ
   おとことは、どうする、ということ以外に思案はないぞ」


日は近づいている。ただ静かに、刻々と。
自分が怖い!戦争が怖い!アジト(廃工場内訓練場)が怖い!!!  


Posted by ダブルジェイ at 18:08Comments(3)