スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年11月28日

爆発四散

上野アメ横を歩き、ふらっと入った雑貨屋のステーショナリーコーナーを覗いてみると
どっかで見たディザインのペンが売ってるじゃあないですか。


ク○イ!ク○イ!(高見山大五郎風に) 
↑わからない若人はお父さんお母さんに聞いてみよう

画像の似非ク○イですが「五寸釘を模したボールペン」でありまして、
気がついたらついつい2本も買ってしまいました(1本300円)
つかそもそもク○イ自体「五寸釘を模したボールペン」ってコンセプトイメージを
勝手に思い浮かべてるんですが、ちゃんと調べてみればさぞかし
高尚なアイデンティティーを備わっておられるでしょうなぁ。

しかしまぁこういさぎよく体を示されてしまいますと
鶏が先か、卵が先かっていう話になってしまう次第。

とりあえず人気沸騰のガンメタルをチョイス。
べ、別にアンタのためなんじゃないんだからね!ガンメタルしかなかったんだからねっ!!

所謂ジョークグッズのペンなんで、ガラスぶっ叩いたりはもちろんできませんが、
そもそもペンなんてのは字をかいたり絵をかいたりするもんですからね。

道具に本来の用途以上のことを要求すること自体、
「入居早々、壁の薄さに対して1番に文句をいいそうな藤原紀香」をイメージキャラクターに起用した
レオパレス21ぐらい業が深いのではないかなと思ったりします。

ついつい「タク○ットみたいな筆箱ねぇかな」と淡い期待を抱きながら
ステーショナリーコーナーを探ってみましたが、流石に世の中はそんなに甘くはありませんでした。

購入早々「こんなん持って職質されたらどうなんだ」と思っていた矢先、
上野広小路口を歩いてたら冗談抜きで私服警官から職務質問をされてしまったのである。

まぁジャーヘッドみたいな髪型にゴルカジャケット着てたら怪しまれるのは当然である。
日本のおまわりさんはちゃーんと仕事をしていた。


私服警官A「あのすいません、ご協力ください(手帳を見せながら)」

私服警官B「すいません、身分証明ができるものとお名前お願いします」

私「ドーモ。オマワリ=サン。ダブルジェイです」

私服警官A「他人名義のカードがないか確認したいので財布もみせてください。あとお仕事は?」

私「サラリマンです」


ニンジャスレイヤーめいたやりとり(そもそも成立してないんだけど)とともに、
ノーマーシーな職務質問は続く。そして図らずともとうとうこの時がきてしまったのだ!!!!


私服警官A「すいませんがポケットのものをご提示ください」


ポケットティッシュ、カギ、文庫本、そして先ほど買ったばかりの似非ク○イが入った紙袋。


私服警官B「こちらの紙袋も開けてもらってよろしいでしょうか?」


そして鈍い光とともに出てきたのが似非ク○イである。


私服警官A「なんですかコレは?」

私「コレはペンです」


This is a pen だなんてアホの極みの英文を和訳してやったのである。
この男は平気でそれをやってのけたのだ!!


私服警官B「あぁ、ほんとだボールペンだ。これは凶器ではないですね」
(↑実際の発言を忠実に再現してみました)

皆の衆、聞いたであろう。似非ク○イは凶器ではないのだ。
安心して携帯せい。わが身をもって今こそ天下に知らしめん!!!

ちなみに持ってた文庫本は偶然にも司馬遼太郎の忍者小説「梟の城」
これはまさに偶然としかいいようがない!サヨナラ!!

職場用に一本キープしてさっそくメモ書きなどに使っていますが、
握り心地よし、書き味よし、俺によし。申し分なし。
なにか仕事で無理難題を言われたらPCの液晶モニターをこの似非ク○イでカチ割る所存!!!
(そして仕事にならず自分だけ泣きをみる所存!!)

みなさんも似非ク○イを買って空いてるMOLLEにぶっ指しておきましょう。

↓こちらで売っております
【ガラクタ貿易】http://shop.garakuta-boeki.com/?mode=f2  


Posted by ダブルジェイ at 22:47Comments(3)

2012年11月24日

剣客商売

話は前回の「サバゲーに行ってみましょうツアー・戦(いくさ)定例会」終了後の駐車場まで遡る。


私「…というわけでお疲れ様でした。またそのうちご一緒しましょう」

知人「そのときはまたどうぞ宜しくお願いします。では!」


同じ職場の方なので翌週会うのはわかりきったことであるが、
男の別れに多くを語らぬが美徳とする所存ゆえ、特にそれ以上のことは踏み入れないことにした。

明けて月曜日。


知人「いやー楽しかったですねぇ!もう筋肉痛が心地よいです」

私「怪我がなくてなによりでした(びっくりするぐらい普通のことしかいわない省エネモード)」


私はこのときの知人が「落城」したのを悟っていた。
落城とは趣味におぼるることを指しているのだが、特にこの知人の方に関しては
「ポリマーフレームの拳銃ってあんまり好きじゃないんですよね」といった翌週に、
東京マルイの「FN5-7」をあっさり買っていたことから
「落城」どころか「無血開城」といってもいいのかもしれない。

私は三途のお堀の渡し守の勤めを無事果たしたのである。さようなら、こんにちは。


私「まぁ、また近いう…」

知人「今度は逆にアジトはどうでしょうか?定例会があるみたいですよ」


「逆に」とはなんの逆か一瞬疑問に思うところだが(アウトドアからインドアの意だと思うが)
ハイパー道楽で情報を仕入れていた氏にとっては「いつか行ってみたいフィールド」だったらしい。
そのとき、胎を決めてこう言い放ってやったのを強く覚えている。

「インドアって1回しか行ったことないんでぜひ連れていってください」 と。




というわけで行ってまいりました。山梨は大月にあるインドアフィールド「AGITO」

距離的なことを考えても「多分行くことは早々にないだろうなぁ」と思っていたフィールドだったが
行ってみれば山梨といっても極めて東京寄りの場所にある。上野集合で2時間ちょいで到着。

到着して私が一番最初に思ったフィールドの印象は「あぶない刑事」の一言。

こういう工場跡で思わず脳内であのBGMが流れるのは昭和生まれの哀しい性である。


ひゃぁぁあああうなにこれ!!イントロ30秒だけで電気走っちゃいまつっっっ!!!

実は別のゲームに行くこともギリギリまで検討していたのですが、
降水確率70%とすごいことになっていたのがトドメをさし、氏のリクエストの「AGITO」にシフト。

その日は1日中雨が降りっ放しだったのでインドアにしておいてどのみち正解だったわけですが、
そんなことはどうでもよくて、ずっと車内で尿意を我慢してた「尿意が危ない刑事」の私は「行くぜ!」と
恭兵走りでトイレに駆け込んだのであります。俗に言う「RUNNING SHOT」でございました。


アジトはセーフティーが二箇所ございましてな。
敵味方単位でそれぞれ収容してしまっているわけでございます。これは珍しい。

さすがに山梨ともなると非常に肌寒いわけですが、アジトのセーフティーには
「それどんな用途の業務用ドライヤー?」みたいザンジバル級温風器がありまして
(鳥羽・伏見の戦いでこの温風器があれば旧幕府軍は勝利していたのかもしれません)
セーフティーでガタガタすることもありませんでした。むしろちょっと汗をかくぐらい。えぇ

インドアということで短い銃の面目躍如といわんばかりに私はクリンコフを持ってまいりました。
クリンコフということでBDUはロシアのものを…


オオグンタマの貴重な産卵シーンもといWJの貴重なパルチザン迷彩着用シーン。
1年前に買ったもののなかなか着用する機会がなかったり、着たら着たで
「無理やりマーパットに着替えさせられたり」と日の目を見ない悲恋のBDUでございます。
どうでもいいがパルチザンって響きの外人力士がいそうだなと常々思っているのですが
これがまたなかなか同意を得られずに困っている限りでしてなぁ(信玄餅を喰らいながら)

ミーティング終了後、フィールドオーナーであるキングジョー氏が
私を一瞥し、呟いたことをを強く覚えている。


ジョー「ゴリゴリだねぇ…いやぁゴリゴリだわ」


ゴリゴリとはなんぞやと頭にでっかい?マークを浮かべながら
「えぇ、どうもありがとうございます」と返すほかなかったのであった。
靴もベルトもサスペンダーもめちゃくちゃで申し訳ないかぎりである。

そういえばフィールドスタッフの女性でアジ子ちゃんという方がいらっしゃった。

余談であるが、漫画「僕の小規模な生活」の作中でヒロインである「嫁さん」の顔つきを
「終始半笑いキープ」みたいな表現で喩えているコマがあった。

当時読んでいたころは「どんな顔ぞ??」と思っていたもんだったが、
アジ子ちゃんをみて「ああそういうことなのだろうな」と勝手に解釈したもんである。
2年越しの疑問が解決されたわけであった。
終始半笑いキープだが、手にはなぜかメリケンサックはまってるのよなアジ子ちゃん。

ゲームは終日セミ縛り。殲滅、フラッグといったスタンダードなゲームを10分間隔で。
序盤こそ何人かヒットをとれたものの、皆フィールドに慣れて来るとなかなかに難しい。

いいとこなしで続いた午後のゲームで悲劇は起きた。

死角に入ろうと階段の手すりを跨いだときにバランスを崩し
股間を手すりに強打し、そのまま床に派手な勢いで突っ伏したのである。

思わず「ヒット!」といいたくなるような痛みに身を歪ませ、
「死角に入りつつも股間の痛みに打ちひしがれているだけ」の私に
アジ子ちゃんの「残り3分でぇ~す」というアナウンスが場内に響き渡る。

残り3分は私の男としての生涯を指しているのか。
脂汗を流しながら「ふぐっ!ぐっ!!うっうう!!!」と私はうめく。

ぼくのケンタッキーヴィンテージとテネシーエレヴェーションが壊れそうなのだ。

私の心の中にいるシンジ君が
「動け、動け、動け、動け、動いてよ。今動かなきゃなんにもならないんだ。」
とレバーをガチャガチャしているが、私という初号機は沈黙したままである。

大月の山あいだけが静かに冬の訪れを伝えていた。

前回の戦の定例会で「セーフティでは念のためマズルに手袋指しときましょう」といった本人が
早速手袋自体を家に置き忘れたり、怪我には気をつけましょうといった本人が股間を強打して
脂汗流したりといろいろすったもんだがありましたが(主に僕だけなんですが)、
人生二度目のインドアゲームはとても楽しゅうございました。またいきてーな!アジト!!!



アジトでのセミ縛りの経験が、この後参加したゲームへの布石になるとは誰もしらなかったのです。  


Posted by ダブルジェイ at 15:57Comments(4)

2012年11月11日

ドミニオン

この趣味に片足突っ込んでからどれぐらいが経つでしょう、2年ちょっとぐらいでしょうか。

10年越えの方、中には20年越えの方もいらっしゃいます。
そんな人たちの後ろにチョロチョロくっついてゲームに参加してきましたが
とうとうこの日が来てしまったのです。


知人「あの私エアガン買ってみたんですが、サバゲーとかってどんなんでしょ?」

私「な、何回か行ったことはあります

知人「おぉ!もし宜しければ連れて行ってもらえませんか!
            せっかく買ったので外で撃ちたいんですよ!」

そういえば私が初めて行ったゲームは夏真っ盛りの炎天下で
1ゲームで気分が悪くなりダウンしてしまったのだ。
ゴーグルは曇るわ、人影なんて全然見つけられないわ、とても苦々しいデビューだった。

知人「サイドアームは必要でしょうか?」

私「…人それぞれですね」

サイドアームを戻すときにホルスターにちゃんとおさめず、
ずるずるとカールコード越しに引きずってセーフティに戻ってきた苦い思い出。


知人「やっぱりサイレンサーがあると有利なんでしょうか?」

私「…人それぞれですね」

派手にこけてバレルから泥に突っ込んだ結果、
サイレンサー分すっぽり泥が詰まった苦い思い出。


知人「やはりマガジンは多弾がいいんでしょうか?」

私「…人それぞれですね」

これあれば十分でしょとM14の多弾マグを買ったものの
結局ジャラジャラ煩くて1回しか使わなかった苦い思い出。


知人「やっぱり長いものよりも短いほうがいいんでしょうか?」

私「…人それぞれですね」

両方ともに使いこなせてない現状。


だがこの質問で流れが変わった。


知人「実は弾もたくさん買っちゃいまして、ライ○クスのファイアボールを…」

私「そのBB弾はヤバいのですぐ使い切るか捨てたほうがいいです。
  ではどこかの土曜日に消費しに行く方向で進めましょう。宜しくお願います。では


というわけで初めていった場所がフィールドキャパを越えた100人越え200人越えの
芋洗い定例会なのもそれはそれでトラウマになりそうなので考えたみた結果はこちら。



四街道にあるフィールド戦(いくさ) 
※セーフティの写真しか撮ってなくてごめんなさい(アイシャドウを塗りながら)

決め手は出来立てのフィールド&定例会参加への事前予約不要。
以前行こうかなと思ってたゲームがあったんですが、運悪く雨で中止になってしまいまして
そのときの開催フィールドがここ「戦」だったんですな。

さてさて、フィールドに着いたものの前述にもあるように私如きがなにかを指南するだなんて
おこがましい話極まりないのでなので久しぶりマイリーサルウェポンの呪縛を解き放つことにした。



汎用人型決戦兵器 人造人間ダメンフィス リフトオフ!!!




着替えて試射して弾速チェックの巻


知人「これが僕が買った次世代電動です。どうぞ」

私「次世代!スゲー!(ドキャキャキャキャキャ!) 
   スゲー!初めて次世代撃ちました!(ドキャキャキャキャ!)ありがとうございます!」

知人「マルイのSCAR-Hですね」

私「あ!本当だ!たしかにマガジン大きい!



立場が完全に逆である。



知人「あのぉ~、ダットサイトのゼロインってどうすればいいんでしょう?」

私「え!ごめんなさい!ダットサイト持ったことないです!」

知人「あ~、そうですか…とりあえずコレなんですけど」

私「これどうやれば光るんですか????

知人「えーと、ここを押すと電源が入ります」

私「おお!すごい光った!」

知人「ここを回すと高さ調節で、こっちを回すと左右の調節です…カチカチカチ」

私「ほんとだ!光ってる場所が変わった!


完全に立場が逆なのである。
多分僕はなにかを指南する才能が微塵もない。

まぁとりあえず大事なところだけ掻い摘んで説明…


「渋柿を焼酎につけると甘くなりますが、触感は著しく変わります。忘れないように」


ダメンフィス氏からも大事なところを掻い摘んで説明…


「女尻のパッケージってね、ほんとタイトルに負けないぐらい尻の形が凄いんですよ」


我々は「人望」とか「人徳」ってやつとは心底縁がないことがおわかりいただけると思う。

そんなこんなで定例会は16vs16ぐらいと丁度いい按配。
ブッシュは濃くもなく、基本はバリケ越しの撃ち合いなんだけども
絵に描いたように「山を切り拓いたようなフィールド」なので、高低差がある変わった地形。

レギュレーションの徹底、メリハリのあるゲームの進行。
明らかに他のフィールドと比べてガンガン回していた。これはなかなかに好印象。

ただ午後から特殊なルール縛りのゲームのみになったのが唯一の残念ポイント。
「他と違って飽きがこないようにバリエーションを増やす」意味合いで回してるみたいなんだけども
午後はスタンダードなフラッグ戦が一切ないってのはちょっときつい。
メディック戦と弾薬補給戦が一緒くたになってルールが難解になったりしたり。

なにか制約を設けるのは構わないのだが、「遊ぶ」ではなく「遊ばされる」という微妙なラインを
若干超えてしまっているような気がしてしまった。

まぁここに限らず、元々スパイ戦とかポリタンク戦とか
私あんまり楽しめない人なんで、個人差だとは思うんですけど。

(そういや昔、どっか違う場所で全員メディック戦とかすごいカオスなゲームあったな。しかも裏表)

こういうのをやりたいんですがどうですか?と客の反応を伺ってみてもいいんじゃないかと思う。

あるゲーム中に、ついうっかり味方撃ちをしてしまって「あぁ申し訳ございません…」と思いつつ
ドM-1GPのルールが嫌でも染み付いた私は「あれ味方誤射も自分ヒット扱いだっけか?」と混乱し、
派手な蛍光ベストを着たスタッフが近くにいたので近寄って確認してみたんですよな。

私「あのすいません、味方を誤射した方もヒット扱いでしたっけ?」

派手なベスト「いえ、僕はスタッフじゃないからわかりません



じゃあ何故ここにいるのだ!!

でも申し訳ない気持ちでいっぱいだったので結局フィールドアウトした。ごめんなさいごめんなさい。


とまぁいろいろあったゲームでしたが、当初の目的である「知人のサバゲー初参加」という
目的は無事に果たせたわけでして本人も終始楽しそうでした。よかったよかった。

というわけで久しぶりの定例会参加は無事に事なきを得たのでした。
また機会があれば戦さんの定例会に行ってみたいなぁと思います。  


Posted by ダブルジェイ at 22:32Comments(4)

2012年11月03日

A Kind Of Magic

トップページが見つかりませんといったな。あれは嘘だ。

皆さんお久しぶりです。ダブルジェイ・ドーキンズです。
旧い友人たちからみれば「JJだろお前」といった感じでしょうが、
京都にいるときゃ忍と呼ばれたの/神戸じゃ渚と名乗ったの方式で
なんとかそこらへんはうまいこと処理してください。大人でしょ?
(そもそも昔の名前で出てないんだけども)

ザブングルからウォーカーギャリアーに乗り換えたようなもんである。

かしこまらなくていい。そう、これからはダブルジェイと読んでくれたまえ。
朝食時にピッチャーからオレンジジュースをそそぐように、ごく普通に。
リラックスした感じでね。うん、そうそう、すごく上手。
JJって言葉は不幸を呼ぶから決してクチにしてはいけないよ?いいね、パパとの約束だ。

えーっと、ただいま戻りました。




オカエリナサイ

(「ただいま」と「おかりなさい」を独りで請け負う=レゾンデートル)


前回の記事が8月のはじめでしたから、早いもので3ヶ月が経つんですねぇ。
トップをねらえ!の最終回みたいに1万2千年後の地球に帰還した的な勢いなんですが
久しぶりにのぞいたミリブロはやはりなんというか独特の閉塞感。2億年のように静かだね。

来いよ運営、スポンサーなんか捨ててかかってこい!(削除コース)

まぁ話を戻しまして、

この空白の3ヶ月間なにがあったかというと…「何もなかった」といえばてっとり早いのですが、
仕事で都合がつかずにゲームにも行けず。それに伴い軍縮の方向でっていうよくある話で。

なにもないから書くことがなかったんだけども、書かないなら一時凍結でいいやと
設定をポチッと押したら表示上は「見つかりません」みたいな結果になってまして、
何件か「どういったことかね!!」とご連絡をいただきました。

お騒がせしたことをここにお詫び申し上げます(桜の刺青を見せつけながら)

他にも心優しい読者の方から「更新がありませんがどうされましたか?心配です」といった
メッセージをいただきまして、久しぶりに人間の温もりに触れたりしたわけです。

でもよくよく考えてみたら

過去に記事をあげてた時のほうがよっぽど「頭どうされましたか?心配です」みたいな
話ばっかりなので、素直に人の優しさを受け入れられない自分もおるのです。

ロバート・A・ハインラインはこういってる。

「やさしさを受け入れられないのは心がすさんでいるからだ」

※正直なところロバート・A・ハインラインがいってたかどうかも怪しい。


まぁそんな感じで久しぶりの記事なのでちょっと緊張しながら書いてます。
(久しぶりすぎて「あれ、昔どんな感じの文体だったかなぁ」と過去記事みても
まったく参考にならなかったのはここだけの話)

そうだ、エアガンのことを書かねば!ミリブロだしな!

知り合いの方から「もういらないんで差し上げます」といった感じで、
お電動ガン供養としてブランケットに包まれたブツが「電動寺」に来ましてね。


私「で、これなんの電動ガンですか??」

知「いや、あのM16系だと思います。大分昔のものです」

私「わかりました。ありがとうございます」

知「いえいえ!とんでもない!こちらこそ!


ん?

リアクションに妙な違和感を感じつつもブツを抱えて帰宅し、
リネンラップで巻かれたミイラみたいに箱ごとブランケットに包まれたブツのクロスアウツ作業。

あ…あ…あ…(ガクガクガクガクガクガク



XM177E2だあああああああああああああああ!!!!!!!!

わあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

------------------------------------------------------

※説明しよう!XM177E2とは??
歴史的背景はさておき、ダブルジェイにとっては20年近くまえに
生まれて初めてかった電動ガンであり、父親にパチンコの資金源としてしれっと
売りにだされてしまい、家庭崩壊を招いた大量破壊トラウマウェポン。

------------------------------------------------------

うわああああああああああああああああああ!!!!!!
こんなの絶版にしてしまえばいいのよ!!!(すでに絶版です!)
罪を償う必要なんてないわ!今すぐ絶版にするべきよ!!!(お嬢様!すでに絶版です!)

なんという運命の悪戯!
神は私に魔法をかけたのだ!!



BGM/A Kind Of Magic

当時の記憶がフラッシュバックする!!あああああああああ!!
あううううううううううううううううううっ!!!!
薬はどこ!!ああ!あったわ!!大量のカルダモン!

別にXM177E2が悪いわけじゃあないんだが
にしたって電動ガンシリーズ第3作目は伊達じゃない。ホップアップ機構なし

H&KがM4を改修してHK416を作ったように
W&JがXM177E2を改修せねばいかんのか。神はなんと残酷なのであろう。

ためしにリポバッテリーぶっこんでみたら一応動いたものの
「ウゥン…」って煮え切らない女の返事みたいな音だして若干オーバードライブ気味で2発給弾。
なんか悪いことしてるみたい気持ちになってきましたよ。

WJ「…もう俺たち別れよう。」

XM「…ウゥン」

ふむん

とりあえずマガジンが1本ついてたので「マガジンもらったら銃がついてきた」的な
AKB的発想に切り替えてプラス思考に持っていくしかなかろう。

というわけで我が家の守り本尊に決まり。ありがとうございました。

あああカルダモンが切れてきたぞ!!!!あうううううううううううううっ!!!  


Posted by ダブルジェイ at 19:52Comments(9)