スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年06月23日

ベルフェゴール

狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
そして、そこからはいって行く者が多いのです。
いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。

(マタイの福音書7章13~14節)


一時のヘブンの代償は、その後の人生に多大なる苦痛を伴うことになる。
車椅子に乗せられた男の瞳には、本来在るべきであろう光は宿していなかった。

ダメ「…目を覚ましたら、目の前に2本のピンク色をした…」

虚ろな眼差しのまま、か細い声で呟いた。
教官とのヘブンのあとに何が起こったのだろう。もう僕の声は彼には届かない。

ダメ「目を覚ましたら2本の『禁則事項です』で囲まれた俺の気持ちがわかるか!!(実話)」

激高、拒絶、諦観。ありとあらゆる感情が混ぜ合わされ、
アレルギー反応のような感情の爆発が起きた。その刹那に訪れる無限の空虚。仮面舞踏会。

ダメンフィスはホセみたいになっちまった。


-ゲーム当日-

石油王の車に揺られながらの道中のやりとりを、私は強く覚えている。


JJ「えー、前にもお伝えしましたが、今日はウォーズマン教官と十兵衛軍曹が参加しま…」

石油王「なんでそんなめんどくさい人達を連れてくるんですかっ!!!!」


まるでお手本のようなリアクションだ。この二人の厄介さは石油王も実によく知っていた。
逆の立場だったら多分私も同じことをいっていただろう。

ボルト参加にも関わらず場合によってはゲームバランスを変えてしまう二人組。

某フィールドのイモ洗い定例会ではアタッカーよりも前にでていた結果、
スナイパー先導の下、ハイサイアタッカーが後に続くという珍現象を起こしたのは記憶に新しい。
記憶に新しいというかそもそもなんでそんなことになるのか未だによく理解できてない。
そして唯一無二で私が本能で理解してるのはこういうことだ。

「この人達、本当にアタマおかしいからみんな逃げてっ!!!!」

十兵衛軍曹については当ブログのコラムでご存知の方も多いだろうが、
前回のヘブン写真でもわかるようにウォーズマン教官のヤバさも
ソレと同等ないし、下手したらソレ以上のものがあるのかもしれないのだ。


プロテックのヘルメット被って終始ムフムフいってる人物がいたら近づいちゃいけない。
そいつはファイティングコンピューター・ウォーズマンだからだ!!

なんつったってM14に付けた革のスリングのテンションを目いっぱい張った挙句
「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っ!!!」と悶絶してる人ですからね。

目いっぱいテンション張ったもんだからマガジン入らなくなっても、
「これはM1ガーランドだっ!ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛!!!!」っと悶絶してる人ですからね。

完全に壊れてる ということはある意味で 完全無欠 ということなのかもしれない。

ウォーズマン教官と十兵衛軍曹の二人組は、僕が今まで知り合ったサバゲー関連の人でも
黄金聖闘士クラスにブチ切れた人達であることはまず間違いない。

セーフィーで合流するや否や二人からテンションの高い挨拶と歓迎をうけた私であったが、
その一部始終を見た石油王が「大変な人達と知り合っちゃいましたねぇ」と
他人事100%(リスペクトいちご100%)でぼそっと呟いたことを私は生涯忘れない。

-チーム分け-

ミーティングも終わり、いよいよチーム分け。
ウォーズマン教官と十兵衛軍曹と私は同じ黄色チーム 

というわけで皆さん解散 といいかけたとき、1人の男が猛抗議した。

石油王「あの二人のスナイパーやばいですって!
      バラバラに振り分けるべきですって!本当なんだから!!」

またまたぁ~と皆に窘められている様はまるで最年長の狼少年のようであった。
半そで半ズボンの石油王がそこには確かにいた。

Baby,come on! Don't stop music!

私は石油王をフォローできず、ただじっとその場で傍観を決めていた。
それに加担したらあの厄介な人達のどちらかが敵になってしまうからである。
防衛本能 しかたないね。

石油王の必死の抗議も虚しく結局メンバーの変動はなかった。

石油王の予感は正しい。

1+1は2ではない。
両手にベアクローをはめ、二倍のジャンプをし、いつもの三倍の回転を加えて
必殺技スクリュードライバーを放つと1200万パワーになる恐ろしい二人組なのだ。

この日の私の装備はクリンコフとパルチザン迷彩だった。残念ながらその写真は1枚もない。
予め「M14持って来いよ」と軍曹からいわれていたけど却下した。
電車ユーザーにとって長いM14を持っていくのはなかなかに酷だったりするのだ。

しかしながらこの日持って行ったクリンコフが2ゲーム目にして
「フロント基部がごっそり外れる」というアクシデントで、その全長さながらに短い天寿を全うした。

予備銃はないのでハンドガンに切り替えようとしたときに十兵衛軍曹からこういわれた。

「俺の持ってきた14使いなよ」

まるでこのアクシデントを予想していたかのような計らいだった。
海兵隊の神様ってやつはなにがなんでも私にM14を使わせたいらしい。
そもそもこのアクシデントも二人に仕組まれたものじゃないかって今でもたまに思うんだ。

-お昼休み-

汗に濡れたパルチザン迷彩の上着を脱いだ刹那、私はウォーズマン教官から
「筋肉チェックッ!!!」とトレポンのようなレスポンスとともに肩口を押さえつけられた。

教官の本業である「お茶製造」の工程で培われた(この工程を柔捻といいます)マッシヴな腕に
押さえつけられた私は身動きがまったくとれない。

時には強く、時には優しく上半身をくまなく揉みしだかれるというセクシャルハラスメント。
永遠に続きそうな陵辱。ひゃあああっう!!なにこれ!!JJ電気走っちゃいまつっっっ!!!!

そして未完成・未発達ながらも一抹の変化を感じ取ったのか、教官は私にこう告げた。


教官「いいか、JJお前はスクールを通して生まれ変わったんだよ!!!わかるか?
          もうあの頃のお前じゃないんだよ!!!!わかるかJJ!!!!!」




おーーーーっと いつも無表情なウォーズマンが笑ったーーーーーっ!!!!

なんだか状況がよくわからないまま「はぁ、ありがとうございます」と返事をすると
テンションがあがった教官と軍曹からのサプライズ報告がまっていた。

教官&軍曹「お色直しだ」

胸にワンインチパンチをもらったと同時に身包み剥がされマーパット迷彩に
着替えさせられることになったのだ。げええええええええええええっ!!!

ちょっちょっちょっ!!!ラジカセでGET IT ON 流してんじゃねぇぞ!オイ!!!!




「JJ、マーパットはカッコいいだろう?」

「う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛」


「JJ、マーパットはカッコいいよなぁ?」

「う゛ァイッ!!!」


「JJ、マーパットといえばやはり実物放出品1択だよな?」

「う゛ァイッ!!!う゛ァイッ!!!」



チーン

わぁい マーパット JJマーパットだいすき

アイマスでルート選択によっては覚醒美希になるように、
ルート選択によってはJJも覚醒JJにもなるわけなのだ。
私自身は一切ルート選択していないのだけれども。

恐ろしいことに写真のTシャツとメガネ以外はすべて借り物である。
銃もカバーもBDUも。そして心すらも。

虐殺器官というSF小説にこのようなことが綴られている。

「ここにいるわたしという自我は、常に一定のレベルを保っているわけではないのです。
           (中略)わたしやあなたはたえず薄まったり濃くなったりしているのです。」

「わたし」とは要するに言葉の問題でしかないのです。

カフカの小説「変身」では主人公は目が覚めると巨大な毒虫になっていたが、
ソレと同じように私も目が覚めると海兵隊新兵になっていたわけなのである。
毒虫と海兵隊の違いはあれど両者に共通しているのは不条理そのものに他ならない。

そんなこんなでいろいろあったゲームでしたが、二人のスナイパーコンビも
終始楽しい時間を過ごせることができたようでなによりでした。
なんか分隊支援火器戦でやたら静かだなぁと思ったのは私だけでしょうか?

兎にも角にも参加されたみなさん、報告が遅くなりましたがお疲れ様でした。
またどうぞよろしくお願い致しますかしこ。


-エピローグ-

JJ「あ、ウォーズマン教官。このマーパット洗って返しますんで次会うときに…」

教官「いいよ」

JJ「へ?いいよってなんですか?」

教官「そのマーパットあげるよ」


トクン  


Posted by ダブルジェイ at 03:25Comments(6)

2012年06月16日

Voodoo

-プロローグ-


JJ「この負のスパイラルから早く逃げ出さなければならない。もう限界だ!」

ダメ「そうだ!!このままでは我々はルサンチマンの精神に狂ってしまう!!」


私とダメンフィスは久しぶりに顔を合わせたガストで息巻いていた。



絵本「かわいそうなゾウ」をお互いに読み聞かせてまるで憐憫の情が沸いてこない。
畜生!畜生!全部あいつらのせいだ!十兵衛軍曹とウォーズマン教官のせいだ!!

人としての思いやりという感情が欠落しかけた俺達のイコールアイデンティティーは
ポルノビデオを見ても勃起しないインポテンツみたいじゃないか!!くそっ!!くそっ!!!

スクール以来、ロクにブログもかけなくなり(ぶっちゃけ前からだけど)、
世の中のミリタリー系ブログにも目を通すことが少なくなってしまった(ぶっちゃけ前からだけど)

現状の打開策が見つからないまま我々は別れた。

「今は辛い時期ですが、ここを我慢すればきっといい方向に進みますよ!ずっと俺のターン!!」

別れ際にダメンフィスは車のウインドウ越しにサムズアップし、闇の中へ消えた。


以来、ダメンフィスとの音信が途絶えた。


便りがないのはよい便り。その時はそう信じていた。


ある日、ゲームのお誘いを受けた私は「是非とも」の返事とともに参加申請していた。
実に久しぶりのゲームだった。胸は高鳴り、心は躍る。

ボルトオンリーだとかギリー着用とかそういうのじゃない。
当たり前が当たり前じゃなくなった僕にとって、自分の選択肢で得物を選べるというのは
実に久しく、何事にも代え難い魅力だった。そうだ、久しぶりにクリンコフをもっていこう。
年明けに届いたパルチザン迷彩もいいな。あぁ、JJなんだかすごくドキドキしてきたの。
こんな姿をお父様が見たらきっと困った顔をするにきまってるわ!

でもいいの。

相手を困らせたとしても、それがいつものJJなんだから!(金髪のズラをかぶりながら)

一通の不幸メールが届いたのはその直後だった。


「来週、俺とウォーズマンとで○○フィールドの定例会にいくぞ(^∇^) 予定どうだ? 十兵衛軍曹より」


我に返り、静かに金髪のズラを脱ぎ捨てた。そうだ、これは全部幻だ。
俺の親父は、私がお年玉で買った電動ガンをこっそりパチンコ資金として換金した男だったのだ。
遠い遠い、15年以上前のお話。まぁその話はもういい。


「残念ながら、その日は別のゲームに行くことになりました。ではでは」と返信した。

これでいい。究極の護身とは危ない人たちに近づかないことなのだ。


数分後


「俺らもそっち行くよ(^∇^)  十兵衛軍曹より」


危ない人たち自らが近づいてくるのを想定していなかった。
奴らは平気でそれをやってのけたのだ!!!



-ゲーム前日-

当初の予定は狂ったが、まぁいいだろう。
久しぶりのゲームというわけでなかなか寝付けない私の状況を知ってかしら知らずか、
もう夜中だというのに、写真が添付されたメールが届く。

「俺の家で筋肉祭り開催中(^∇^)  十兵衛軍曹より」



お前はなにをいってるんだ?とミルコの顔つきのままメールを開くと
そこにはM14を股間にあてがい、雄として猛り狂うウォーズマン教官の写真だった。
そうか、前日に軍曹の家に泊まりこんでいるのか。いや、ちがうちがう。
こんな写真送りつけられて、向こうの様子を冷静に伺ってる場合じゃないだろ俺。

修正してるのでわからないと思いますが、オリジナルの写真では
教官の顔がまるでジミヘンがギター弾いてるときみたいな「恍惚の境地」に達しているのです。


<ウォーズマン教官のテーマソング/Voodoo Child>


しかしその後送りつけられた画像に、私はさらに驚愕することになった。



「ダ、ダメンフィス!!!!?????」

何故彼らが全裸での肉体言語を伴うボディーランゲージに興じているのか
私には一切理解できなかった。「ずっと俺のターン」ってそういうことだったのかよ!

言葉で思考しないという変態虚数はエントロピーを凌駕した。
私の情報リテラシーがまるで追いついていかないのだ!

最後に顔を合わせたあの日。
闇夜に消えたダメンフィスは直後に奴らに誘拐され、
倫理の崖っぷちまで追い詰められた挙句、軍隊の不文律である
「何故」という疑問符を捨てたに違いないのは想像に難くないだろう。

友よ、お前は壊れてしまったのだな。



ヘブン状態!!!!(ヘブン状態について知りたい人はコチラ



背景素材集がある今のネット社会は末恐ろしい。
ここでポイントなのが、プレイヤーがタッチペンでゴニョゴニョしてるわけではなく
画面内の二人が勝手にヘブン状態になっているということである。

そのうち当ブログも「ヘブン状態」で画像検索すると引っかかるようになるのだろうか。

結局私は一睡することもなくゲーム当日を迎えることになったのだった。

つづく  


Posted by ダブルジェイ at 02:06Comments(5)

2012年06月04日

十兵衛軍曹の極太射程♂#18




先日、こんな質問を頂きました。


Q「軍曹のコラムは下ネタばかりで、ミリタリーの主旨から大きく外れていると思うのですが?」


十「なるほど・・・・。ではエロ話をしない軍隊が、世界のどこにあるのか私に教えて下さい」


Q「あ!それもそうですね!」


試合終了~~~~!!!



極太話・その18

「40歳の私&18歳のオレ」



私とマツコ・デラックスには「男性」というワード以外に、もう1つ共通点がある。
それは、今年で40歳になってしまうという事だ。

既に40周年アニバーサリーを迎えた人には、今回の話は関係ないのかもしれないが、

この「40歳」という数字。

我々の世代にとって、それは『マカロニほうれん荘』の、
きんどーちゃんの年齢であり、もっと言うならバカボンパパの1コ下。

更に、これを『松田優作』という単位に換算すると、それはまぎれもない、
死亡フラグであり、大の松田優作ファンである私やダメンフィスは、
西多摩霊園の墓石に刻まれた「無」という文字を連想しては、
この40歳へのカウントダウンを、絞首刑の13階段のように恐れている。

さて、運命のカウントダウンまで、あと半年を切った、現在39歳の私。

身体能力とかはどうなの?といえば、腕立て伏せは1分間に55回。
100メートルを14秒で走り、肉眼で50ヤード先の車のナンバーを読み取る事が出来る。

ふむ、軍人としては大した事ないが、民間人としては十分じゃないか?
大丈夫だよオレ(´д`)=☆

と言いたいところなのだが、こんなデータをネットに発表して、
どこかで小さく「すご~い」とか思われようとしているセンスが、もう既に「みっともない奴」なのであり、
考え方が姑息な上に、男気もショボい。

はっきり言おう・・・・私は最低だ。


「40歳」


なんぼ福山雅治が今年で43歳だから、とか言われても、それはソレ。
世間で40歳は立派な「オッサン」である。

女子が「オバサン」になる事に対して、不安を感じる理由の大半が
「容姿の衰え」に関する事だと思うのだが、男の場合は内容が少し違う。

確かに男も、頭はハゲるし、口臭もキツくなるし、パイ毛は濃くなって、
チン毛には白髪がほんのり混ざってくるかもしれない。

だが、それ以上に男が「オッサン」になる事を恐れる理由が1つ。

それは『そこらへんの終わっている人』というカテゴリに、自分が放り込まれてしまう恐怖である。


『終わってる感じ』


こうやって文字にするだけでも、改めて人の気持ちを暗くさせるパンチ力。

もし合コンの席で、テーブル正面の女子から、
こんな第一印象を告げられたとしたらアンタどーする?

私なら、その場で手榴弾のピンを抜き、口にくわえて5秒でこの世にオサラバするだろう。

確かに私が18歳のとき「40歳」は、遥か向こうの1000ヤード標的も同然であったし、
少なからず私自身も、その数字に「枯れた大人」のイメージを持っていた。

当時、私が二等陸士(童貞)だった頃。
私の中隊には、40歳前後の陸曹たちがたくさん居たのだが、彼らは酒を飲むと口を揃えて

「35を過ぎると、そんなにセックスもやらねぇ~からよぉ・・・・わかるか?」

なんて事をシレッと言っていた。

だから、当然そうなんだと思っていた。


だが、自分が実際にその歳になってみたら、どーよ!?

そんなの全くとんでもねぇ嘘っパチで!セックスは今の方が、断然伸び盛りだし、
オナ〇ーの回数だって、20代の頃からちっとも変わっていない。

いや!むしろ増えている。

ぶっちゃけ毎晩!肉バット片手にイチローばりの、自主トレ&素振りである。

今になって思えば、あの陸曹どもは、私に話すフリをしながら、
他の陸曹に「オレ昨日、全然勉強してねぇし!」的なフェイクを仕掛けていたのだろう・・・・。

本当は全員が、夜はバットびんびんのイチロー選手で、
毎晩官舎でホームランを打ちまくっていたクセに!

アイツら!バリバリの嘘つきやがって!畜生!騙された!

もし、読者の中に18歳の童貞クンがいるようなら、
この際なので、私が真実を伝えておきましょう。


①40になっても男はイチロー選手で、結婚しても普通に「自主トレ」はヤッている。

②4年制の大学を出た男女の9割が、在学中に3Pを経験している。

③ブスじゃないのに33歳前後で独身の女は、確実に不倫している。

④ア〇ル経験済みの女は、我々が考えている以上に、たくさん存在している。

・・・・本当は、まだまだあるのだが、ちょっとこれ以上はネットに書けん!

とにかく『現実の未来』というものは、18歳レベルの貧困な想像力を、
遥かに凌駕している上に、全くイメージ通りに事が進まない。

それは、昔マンガに出てきた腕時計型のテレビ電話が、
現実の世界では全然売れなかった事からも証明できる。

入隊当時の未来予想図だと、私は陸上自衛隊を50過ぎまで勤め上げ、
曹長ないし准尉あたりで、定年退官する予定だった。


ところが現実はどうだ?


今すぐタイムマシンで過去に戻って『18歳のオレ』を探し出し・・・・。

「40歳のオマエは『エロトランプマン』というコードネームで、世間からド変態として認知されている」

と真実を伝えたところで、ヤツはどう思う?

恐らく血に飢えた64式小銃で、頭をしこたま殴られた挙句、気が付いたら私、
東富士演習場に埋められておりました。というオチで、タイムトラベルは終了するだろう。

なにしろ「18歳のオレ」は、入隊して半年後に、
仮想敵国のソビエト連邦が崩壊する未来すら、全くわかっていないのだ。

とにかく読めんね・・・・未来ってヤツは。

そんなワケで、もうすぐ40歳になろうというのに、私は現段階で、
将来性というものが全く見い出せないでいる。

これでも「愛」とか「幸福」ってヤツを、少しは信じているのだけど、
もう誰かを幸せにする自信は、とっくの昔に消失しており、毎日が不完全燃焼の連続。


どこに居ても居心地が悪く、憤りと燻りがラザニアみたいに折り重なって、
気が付けば、街のいたる所に蹴りを入れようとしている、困った自分がいる。

自分が若造のときには

「あんな下らねぇオヤジにはなりたくねぇ!」とか
「アイツら、自分の弱さを酒でごまかしてるだけのクソだ!」とか言ってたクセに、
結局は今の自分だって、社会の底辺で悶々としているだけの、下等なクソ野郎に過ぎない。

刻々と近付いてくる「終わってる感じ」の足音。

「終わり」を意識すればする程に、焦燥感は募る。


とにかく何かが違う!


口では「もうオッサンだ」などと、白々しく負けたフリをしている連中だって、
心の中では絶対にそう思っていない事ぐらい、誰もがみんな知っている。

カッコ良く生きられないのは、自分が悪いのだけど、
不透明で不安な人生に、せめて自分の手で終止符を打ってやりたい。


なので今日から私は、もう一歩前へ出る為に、人生についてこう考える事にした。

『まだ始まっていない』

この40年間の私の人脈や体験の全ては、これから始まろうとしている
『とても楽しい何か』の下準備でしかなかった。

まだ「イベント」が始まっていないのだから、焦る必要なんて全くない。

今の私は、遠足のリュックに何を入れるかを悩んでいるだけで、
本当はまだバスにも乗っていないのだ。

バスに乗っていないのに、目的地に着いた気分になって、
勝手に帰りの事を心配しているだけ・・・・。


そう考えれば、少なくとも心は軽い。


もしかしたら、読者の中にはこんな考え方を

「ただの負け惜しみでしょ?」と批判する人がいるかもしれない。

えぇ・・・・まぁそう言われたら、その通りなんですよ。

でも、そんな風に強気な発言が出来るアンタはたぶん、
今そこそこ満たされている人なんだと思う。

だが、物事に「永遠」なんてものは存在しない。
あるのは「一瞬」のタイミングだけで、全てはその中にのみ集中している。

ある日突然、充実していた日々が破綻して、失意のどん底に頭を打ち付けたアンタが、
地面に座り込んでポツリと一言

「終ったな・・・・」とつぶやいた時。

たぶん、私の言った事の意味が、わかるのだと思う。
  


Posted by ダブルジェイ at 01:28極太射程♂