スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年03月03日

おっとり刀で駆けつけて

早いもので3月になってしまいました。
マルイの新作ガバよりもトイスター製エアコキトカレフに興味津々であります。


とりあえず手前の携帯に残っていた写真を掲載。なんだこの物騒な人。

お巡りさん、この人です。

先月トリガートークにて催された戦民思想射撃会のスナップショットといえば響きはいいですが、
実際のところ、「削りだしの金属棒を手にしつつ歪んだ笑みを浮かべた工房主ポートレイト」です。

この日、ダメンフィスと私は午後から顔出し(競技自体はノーエントリー)に行ったんですが、
私の携帯に残された唯一無二の射撃会の画像がこれだもんで、一体どんな内容だったのかは
皆様のご想像にお任せするしかありません。そのほかの写真もこれしか見当たらんしなぁ。

これが噂の『暴行棒』

過去の私の手違いで、ブログに「某工房主」と書こうとしたら「暴行棒主」に
誤変換されてからというもの、本人の一人称でも「暴」と使われるほどの
二つ名の定着っぷりを見るたびに「あぁ、私はよき仕事をしたのだな」と
安堵する今日この頃であります(オーバードーズ)

長い間、「暴行棒ってなんなんだ?」という疑問が各々沸いていたと思いますが、
どうやら「APS用削りだしアウターバレル」ってのが正解みたいです。

突いてよし、殴ってよし、俺によし(実際、エッジが立ちすぎてて凶器みたいなもんだった)

余談ですが、「レイプ、アーーッ」の言葉がシルクロードを渡っていく途中で
「レイピア※」に変化したそうですよ(平気で嘘をつくテスト)

※レイピア (rapier) とは、細身で先端の鋭く尖った刺突用の片手剣である。
16-17世紀頃のヨーロッパで、主に護身あるいは決闘の際の武器として用いられた。

なんというか暴行棒装備のフード付暴行棒主(ややこしいなぁ)のポートレイトを見ると、
なにかこうノイズ混じりでアウトラインのはっきりしない記憶がふつふつと。

そしてある日のお昼時。

上野アメ横のてんやで天丼並(500円)を食べていたときにそれは思い出されたのである。



それではみなさんごきげんよう。

  


Posted by ダブルジェイ at 05:28Comments(5)