スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年01月11日

地球で輝く光

カープラモの里親が徐々に現れ始めております。
今日は3台のかわいい子供達(LUXY/CR-V/ZEAL)が
当孤児院「Jの光」から新天地へと旅立っていきました。

残り7台。

はよ去ね!!!(E=mc² )

正月早々ゲーム行けなかったり、プラモの不良在庫渡されたりと
ロクなことがありませんが、地味にクジで長物ハードガンケースが
当たったりして「まぁとりあえずイーブンな試合運びかな?」って自分に言い聞かせないと。
(でもさすがに長物ハードガンケース2個はいらんよ)

今思い返せば新春セールってのは恐ろしいもので、普段なら手を出さないブツでも
「通常では絶対起こり得ない価格設定」と「年明け早々のナチュラルハイ」の相乗効果で
ついうっかり買ってしまうものなのでございます。


マルゼン:M870エクステンションカスタムウッドバージョン(全長も商品名も長い)

シェルの装填・排莢といったショットガン本来のメインストリームを楽しめるも、
非力なパワーと排莢システムのおかげでゲームには非常に投入しづらいという
メリット&デメリットを兼ね備えたマーダーウェポンでございましす。

シャア「地球がもたんときが来ているのだ!
      マルゼンゲームやりたいっていってる本人が見本を示さなければならんのだ」

アムロ「エゴだよそれは」

おっと、非力なパワーだといって構えるのはまだはやい!
シェルに1発装填であれば軽く71m/sぐらいはたたき出しますよ、0.12g弾の話ですけどね。
そもそも「1発装填であれば」なんて状況を想定してる段階でこの銃を使う資格はない!!
複数発装填してこそのM870であるからして!!幸薄キャラの木村多江であるからして!!

あれだ、発射音がかわいいのは認めましょう。

それマジでゲームに使うんですか?って無粋な野郎がいたらこういわせていただく。


「ドアエントリーならまかせろ!!(ドアノブ撃って跳弾自爆)」


そこらへん踏まえても装填・排莢の一連の流れはおもしろいのです。

一発一発シェルを込めるときはなんともいえない高揚感に満たされるわけでして、
多分恨みを持ってる知人が多いほど一発一発のシェル装填が楽しいはず。

メインはお座敷かインドア限定になっちゃうと思いますけど所有欲はかなり満たされます。

来るべきマルゼンオンリーインドアゲームではきっと大活躍が予想される。  


Posted by ダブルジェイ at 03:56Comments(11)