スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年12月04日

アウーーッ!!

記者「Semper Fi! GUNG HO!GUNG HO! この言葉を翻訳してください。」

JJ「…せ、せんぱ…ふぁ、ふぁぁぁーーーーーいっ!!
   がん…ほっ…がんほぉぉぉぉぉぉっ!変態女って呼んでーっ!変態女って呼んでっーー!!」

前回の記事が「まさかの前置き九割四分」で終わってしまいましたが、その心意気やよし。
ハーッ!M4ねぇっ!マグプルねぇっ!PMCは何者だっ!?
オラこんな村(隠喩)やだー!オラこんな村(隠喩)やだーっ!東京(隠喩)へ出るだーっ!

※奇面組「2頭身3段ヨイショ」の応用編・2頭身3段メタファーの実例

テクニカルのテの字も、ムーヴメントのヴの字も一切ないといって過言ではない
不毛な当ブログへようこそおいでくださいました。とりあえず靴は履いたままで構いません。
アナウンス通り今日は東京マルイL96のお話です。

ってなんでL96の話かといいますとですね、
意外と当ブログに来訪される検索キーワードで多いのが…

「L96 マガジン」

「L96ホップ」

「L96 分解」

「マルイL96 消音化」

もうなんていうかまさに「L96」のフォーカルシンプトムといいますか、
自分が翻筋斗打ちながら辿った道をまんま体言化したようで涙が出ます。
なんか湿っぽい話になってしまいました。

「音がないと寂しいよね。ちょっと待っててね」

T・ジャララトフはミュージックスタートの合図だといわんばかり指を鳴らしたと同時に
自ら古ぼけたラジカセにスイッチを入れた。電光石火の勢いは衰えを見せることなく、
その中に収められたくたびれているであろうカセットテープからは予想を裏返すかのごとく
大音量のユーロビートが流れはじめた。チェチェン人はその曲を知っていた。
LOU GRANTのDON'T STOP THE MUSICだった。



ズンズンズンズンズンズンズンズン(コピペって)

ズンズンズンズンズンズンズンズン(こう使うのが)

ズンズンズンズンズンズンズンズン(正しいのかなって)

話がよく逸れて「核(コア)」が見えてこないのは
「あぁ、こいつ病気なんだな」って感じで頭文字Dの文太みたいに軽く流してください。
そうしてくれると説明する手間がなくなるので助かります。

今までもそうしてたと思いますけどね!!!!(タヌキの置物に指差しながら)

で、なんの話をしていたんでしたっけ?そうそうL96の話。
つい先日も大昔に書いた(つっても1年ぐらい前ですが)
ホップのかかりを強くするためのアームへの加工かなんかの記事のコメントで
「参考になりました」みたいなお言葉をいただいたりしましてよ。

やっぱりみんなL96にはいろいろ泣いているのだなぁ。

「L96 マガジン」

 →デフォルトだと弾込めがに難ありまくりなので、開口部をリューターで拡張。


「L96ホップ」

 →デフォルトだとホップダイヤルを限界まで回しても0.25gまで。


「L96 分解」

 →チャンバーユニット・シリンダーまでたどり着くのにネジを10本以上外す。


「マルイL96 消音化」

 →エアブレーキの突起が5mmぐらいしかないので
  効果が薄く打撃音がでかい。バネ鳴りもでかい。


なんかいろいろ手を入れてみたんだけど、達成感はあるものの
手を入れる前とそんなに変わってないと思えるこの消化不良。

VSRで培われた(土川レ太と変換されて「誰だお前!!」と小一時間説教)
マルイ脅威のメカニズムの苗床と期待しつつも、銃刀法規制前と規制後の
タイミングの事情もあってか「とにかく箱出しで遊んでねん」という意向が個人的に
プンプンするの巻!!(特に分解時のネジの多さ!RSSVDの分解手順よりもネジ多い)
これを経験した上でのマルゼンTYPE96のシリンダーを外す手順のシンプルさといったら!!

あれ、前もおんなじ様なことを書いたデジャビュが。

だがそれがいい!と前田慶次みたいに大ふへん者として傾けりゃ苦労はないのだけれども
実際にはなかなそうもいっていられない。

でも結局、初速がどうのとか、音がどうのだのいっても
結局当てる技術やサバゲの技術と別ベクトルなのでございましてな。それはそれ、これはこれで。
逆にいじるのが好きな人もいるので、そこ一緒くたにしてしまうと
旧約聖書の「ソドム」と「ゴモラ」の町人同士が好きなAV女優話の末に武力戦争まで発展!みたいな
パッと見だと「東宝怪獣大戦争映画ソドムVSゴモラ」みたいな感じになるので
まぁそこはみんな大人なんだしさみたいな(そういやゴモラは円谷か

よく銃にまつわるオルタナティヴ話を耳にしたりするけども
欲張りな私は電動もボルトもポンプもガスも春助くぅんもだーいすき!アハッ!
電動・ボルト・ポンプ・ガスが擬人化されたエロゲーがでたらとりあえず全員攻略しますよきっと。

電子「ギア噛んじゃらめぇぇええ!!!はぁぁっ!!ヒューズ切れるぅっ!!」

ボル子「12倍スコープで覗いちゃらめぇぇ!!内部でイルミネーションとかおっほーーー!」

ポン子「自分だけ手コキで満足しちゃらめぇぇ!!いっそソウドオフにしてぇぇぇぇ!!」

ガス子「生ガス吹かせちゃらめぇぇ!!!134aの缶丸々一本とかしゅごしゅぎるぅぅ」


L96も買ったら中身いじらずに「0.2g」か「0.25g」の弾限定として
割り切って使えばゲームユースには十分だと思いますの。
それ以上のものを求めているのであれば、歪んだ愛情をぶちまけるか
どっかにカスタムお願いするとか(なんかそういうのやってくれる人いるんでしょ?)

とりあえず通常使用において致命的なマガジン加工のみは
しておくことを強くオススメ致します。
開口加工しないと20発らへんから10円玉ガイドが必要になるぐらい
球込め(卵目と変換されてしまい、まさに涙目ならぬ卵目)がしんどいです。

そういやリューター(1000円ぐらいで、ミニ四駆のモーター積んでるやつ)を
買ってからバレルの面取りやスムージングなどをやったりしておりましたが、
当初の予定をすっかり忘れたまま半年経ってました。

それは

L96シリンダーのハメ殺しピンを撤去し、分解することでした。


というわけで分解終了。ずーっと気に病んでたバネ鳴り防止をし
ピストン先端に新規に自作エアブレーキ導入(写真撮り忘れました)




加工前の貴重なピストンシーン。
赤丸で囲ったところがエアブレーキのおポッチ様なんだけど実際5mmぐらいしかないという。
これをぶった切ってネジぶっこンで自作エアブレーキ完成(効果があまりわからなかった)

そういえばおポッチ様ってなんだろう、今度毒舌さんに聞いてみよう。  


Posted by ダブルジェイ at 23:59Comments(6)