スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年11月24日

ボブチャンチン

実に一ヵ月半ぶりのゲーム記事です。
11月20日にCode7で催された貸切ゲームに参加してまいりました。
ゲーム暦軽く10年オーバーなメンツのお誘いをうけて酒池肉林に混じってみたら
自分たちは供物だったと気づかされた的な!!

血は生命なり!族長! ( オサ ) 族長! ( オサ )

チームJJからはダメンフィスと私の二人が参加。

そうだ二人だ、Winkだ。
淋しい熱帯魚 Heart on wave Heart on wave うん。

これはいよいよチーム崩壊の危機、レッドデータブックに載ってしまいそうな勢いです。

前日の雨や諸々の事情から参加人数はいかほどになるのだろうと漠然と心配しておりましたが
蓋を開けてみると総勢20人のエントリーとなりました。ちゃかちゃん


男女7人秋物語(人数とかそういう問題じゃなくてそもそも男しかいない)


当日持ってった得物はもはやプライマリーウェポンとなりつつあるAKS74Uと
A&Kからデットコピーが出ないとか出ないとか噂になってるSVD870で献杯!
また今回もSVD870のストックに血を吸わせることになるわけだ(自分の返り血ですけども)

フィールドに着くや否や、もはや恒例となっているチームJJセーフティートラブル発生。
おいおいどしたーお前ら(浅野温子プレデター風にドレッドヘアーを掻き分けながら)


セーフティーでバイオテロを起こそうとしてるチームメイトD(仮称)、未遂に終わる。
本人に動機を問い詰めても「 生分解だったらマルイに負けません 」の一点張り。尋問拒否

さだめとあれば 心を決める


ペアルック(聞いたところ死語らしい)の妖しい二人組。十兵衛軍曹とニック曹長。
二人仲良くトイレに向かうところを激写(フィールドの備え付けトイレは個室なんだけどもな)

「射線がブレないように押さえててあげる」

「うわー、すごい安定する。最後の伸びしろが全然違う」

※フィクションです


題「禁じられた遊び」

整体治療を受ける人 施す人 交差 即ち ヒューマンクロスロード。
なんもやましいことはないのだが「自主規制」ってやつがモザイクを入れろと唱えてきたんだ。


なにげないセーフティー(安全地帯)の情景を撮ったつもりだけど
流れからして、ゴンザ氏がダメンフィス氏に熱視線を送っているようにも見える。

これっきりだなんて決して いわせない



どうでもいいが何故ソフト99ボデーペンは「ボディー」ではなく「ボデー」なのだろうか。


ゲームはフラッグ戦、攻め落とし戦、大将戦とフル回転てんこ盛り。
攻め落とし戦では「青い魔人・ニック曹長」と「卑猥なタヌキ・JJ」が
各々の得物・ボルトアクションとポンプアクション一丁で山の斜面側から攻め入るという奇行。
(黒い豚カレー役募集中、応募はこちらまで→janjaraあっとまーくmail.goo.ne.jp)

結局タイムアップで頂上には辿り付けなかったのだけども、
敵さんから「普通攻め落としでボルトでズンズン来るなんてありえないだろー!!」なんて
お褒めの言葉をいただきました。ちなみに僕のSVD870はボルトじゃありません。

大将戦に至っては十兵衛軍曹vsJJというベテランと素人の格差というか
今のサバゲー業界の縮図を垣間見るような試合が展開されたのであった。
だがあえて言おう!追い詰められたタヌキは小姑より凶暴だ!!


本当にありがとうございました。

よりによって大将同士がカチ合い、敵側の大将に仕留められるという
通常あまり見受けられない現象に出くわしました。

久しぶりのゲームもありまして、とても有意義な一日でした。
参加された皆様、お疲れさまでした おしまい。


~後日談~

この文章を書くにあたって「追い詰められたタヌキは小姑より凶暴だ!!」の
元ネタである「追いつめられた狐はジャッカルより凶暴だ!」のワードで
検索してみたところ以下のページが引っかかって笑った次第であります。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316976153  


Posted by ダブルジェイ at 00:41Comments(9)