スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年07月31日

ぞなもし

記者「『もしドラ』ってなんの略か知ってますか?」

JJ「もし高校野球の女子マネージャーが
     ドラグノフ狙撃銃の『ロータリー・ボルト方式』に興味をもったら」


メイドの土産話も書き終わり(ゲーム内容には一切触れていないが)
コメント欄を覗いてみると、JJコメントポイントカード(雨の日20倍)が半分埋まりそうな勢いの
すけさん(24歳お誕生日おめでとうございます)から妙ちきりんなコメントをいただいておりました。

>ミリブロの注目のキーワードに「ジャンジャララ」があり驚愕した次第であります、サー。

勇気あるファッキン・コメディアン スケサン(おふざけ屋)二等兵 正直なのは感心だ。
気に入った。家に来て妹をファックしていいぞ(女装した手前が巌流島にて一途に待機、塗り塗り)

ミリブロの注目のキーワードっつったら、そりゃあんた「M4」とか「マグプル」とか「PMC」でしょう。
ウチなんてダニエルディフェンス=ベストキッドって思うぐらい勘違い甚だしいブログです。
そんなことがあるわけなかろうに、なんだったら賭けてもいいですよ?


本当にありがとうございました(全裸にチャップスのみ着用でクレーン牽引されながら)

WE、KSC、マルイ とエアガンメーカーに紛れていきなりジャンジャララがくるのも
おかしい話だなぁと思いつつ、手前がメーカー設立したあかつきには
第一弾はPKM、その次はVSSで決まり(しかも共にエアコキ) ペロッ!ペロッッッ!

ミリブロを開設して1年半が経ちますが、知識ゼロ、知人ゼロから始まった当ブログも
よりによって頭のおかしい人達ばかりにとり囲まれてしまいました(アヘ顔ダブルピースでおま)

おかしいな、こんなはずじゃなかったんだ。

私の見立てでは今頃はエアガンスキーな女性と初々しいメールするようになっていたはずなんだ。
でも現実ってやつは残酷で、ゲーム前のコンビニ買出し時に『ごくごく当たり前』の動作で
「女尻」ってエロ本を手に取るダメンフィスっていう人と一緒につるむようになったのだろうか。
数あるフローチャートを全部間違った方向に進んでいる気がしてしょうがない。


JJ「なんで朝からそんな本(女尻)を手に取るの」

ダメンフィス「朝だからだ」


※フィクションです といいたい

余談だが、台湾の自転車雑誌の見出しで「女尻爆裂」という
エロティック極まりないコピーがあるらしいので(「女性用サドル特集」の意味らしいが)
気になる方は 女尻爆裂 で検索をかけてみてください。

しかしまぁ、この予想外っぷりを加味すると来年の今頃には
ペンタゴン敷地内をストリーキングしていてもおかしくはないと思います(キリッ

きーーーん うほほーーい

さてさて8月もちらほらとゲームのお誘いをいただいておりますが、
個人的に外せないのは8月中旬以降に催される某巨大掲示板絡みの
電動ガン軍vsショットガン&ボルト&ガスブロ連合軍ゲーム。

なんで外せないかというと、私の人生初のサバイバルゲームが
去年催されたこのゲームであったからであります。そうかあれからもう1年が経つのか。
たしか右も左もわからぬ私は熱中症にヤラれわずか1ゲームでダウンで終了。

そのときの記録が残っていたので貼っておきます。

----------------------------------------------------------
出発地点に行くだけで汗だくになるわ、息切れはするわ、
カスタムなんか頼んでもいないのに心臓がハイサイクル仕様。
スタート直前に同じチームの毛玉氏にお声掛けいただきました。

毛玉氏「初陣の気持ちはどうですか?」

「恋はいつでも初舞台」と夢芝居の歌詞ぐらいの大口叩けば
たいしたもんでしょうけどそんな余裕はありませんでした。
----------------------------------------------------------

ははは、バカな文章だなぁ(他人事)

しかしながら去年の私と思うなかれ。νジャン・ジャラは伊達じゃない!!
いけっ!ファンネルッ!!!(パイロンを被ったダメンフィス氏がトルネード両手に特攻)



ミリブロテイストでいえば モビルフォースガンガル 逆襲のツァー っていう
うわなにをするはなせbqf-、w」q22w52qqjくぁあ!!!!!!

でまぁ話を戻しますとですね、去年私は電動ガンチームに属していたわけですが
今回はショットガン&ボルト&ガスブロ連合軍でエントリーしようかなと思っておりまして。

正確に言えばどこぞの工房で密造されつつあるというνジャン・ジャラ専用の
最終決戦兵器(最終血栓平気と変換されて死にたくなった)が完成するか否かで
軍属が変わるというね。埼玉育ちのエマ・シーンとは俺のことよ!(時代を感じるノースリーブ R.I.P)

現段階では「Yes!チームJJ」からは私とダメンフィス氏が参戦予定です。
いじめないで!ぼくらわるいスライムじゃないよ!

  


Posted by ダブルジェイ at 01:11Comments(5)

2011年07月27日

メイドの土産話・後編

記者「最近恥ずかしかった出来事をどうぞ」

JJ「冷麺食べたんですが、会計時に持ってたのが伝票じゃなくて冷麺の器」


というわけで永きにわたってお送りしたメイドの土産話もいよいよ最後となりました。
前編が私ではじまり、中編がダメンフィス氏とくれば最後を締めるのはこの人でしょう。
スナイパーっていうとストイックでクールでウィットに富んだりするもんだけど
そんなん先入観と固定観念がもたらす偶像です。まぁ、多くは語るまい、みりゃ解る。
では、己が眼でとくと刮目せよ!!

当ブログでのコラム「極太射程♂」でおなじみ、十兵衛軍曹いらっしゃーーーい。



題「ダンバインとぶ」 

先の「ダメンフィス氏のお兄ちゃん事件」を皮切りに
ここぞとばかりに乙夜さんに近づきツーショット。

氏と一緒にゲームするようになって早3~4ヶ月経つが、
私はこんなはしゃいでる氏の姿をみたことがない。


口元ゆるでまんねん。メイドさんとのツーショット。


未だかつてないほど真剣な表情の十兵衛軍曹。
筋肉の隆起が本気すぎる。


十兵衛軍曹お色直し。普通逆だ逆。
本人曰く「当日ウォーズマン先輩がいたら、この半分もはしゃげなかっただろう」とのこと。


だんだん距離が近づいてくるなぁ。

お、ウォーズマン先輩がM24に実弾込めてるようだ。
(※左端にダメンフィス氏の顔が入っていましたが大人の事情でトリミングされました)


僕の心の故郷は戦民思想の射撃会です。


同日一緒に参加した石油王。あ 間違えた、この人は
翌週に催されたサバゲ虎の穴に行ったんだった。

まぁでも、次の写真から比べれば我々なんてかわいいもんだ。


どんでんどんでんどんでーん。浮かれマックス(本人談)

そんなこんなで、まさかのフィールド写真&ゲーム風景写真未撮影。
セーフティではしゃぎまわった「俺たちの甲子園(俺なんてズボン降ろすハメになった)」である
メイドの土産話は幕を閉じたのでありました(多分、心から楽しんでいたのは十兵衛軍曹)

では最後にこの曲をお聴きください スキマスイッチで「全力少年」



ん、今M24の発砲音聞こえなかった?  


Posted by ダブルジェイ at 02:20Comments(17)

2011年07月24日

メイドの土産話・中編

さてさて前回の続きでメイドの土産話・中編でございます。

今回のキーマンはこの男である。


真面目なのか不真面目なのか、この際ハッキリしてほしい。

そいつの名前はニック・ダメンフィス。

さかのぼる事7月初旬。
ボルトアクションオンリー戦ドM1グランプリにも参加していたダメンフィス氏であるが、
氏について下記のような紹介文を添えたのを覚えていらっしゃるでしょうか。

6.〔嘘つきFBI〕ダメンフィス/VSR G-SPEC
バトルシティやデザートストームの定例会でたまにワイワイ遊ぶくらいだったのに、
運が悪いのかなんなのか真逆のベクトルのゲーム遍歴に推移した人。
SATマガジンのテラロッサさんに顔が似ているという噂。

注目すべきは文末のこの表現である。

SATマガジンのテラロッサさんに顔が似ているという噂。

このテープには噂の発祥元になった会話が録音されているので
是非みなさんに聞いていただきたい。ではどうぞ カチッ


JJ「ダメさんて、テラロッサさんに似てませんか?」

某工房主「あ、そういえば似てますね」


発祥元でどうもすいませんでした(ゾウの糞を模したラジコンカーを操縦しながら)

でまぁ、その会話のわずか1ヵ月後…つまりは7月18日のサバイバルゲームで
その噂の真相に迫ることになるなんて事実は小説よりも奇なりって話だなガッハッハ(8オクターブ)


というわけでリアルタイムドッペルゲンガーの巻。
ダメンフィス氏の顔修正をしようと思ったのですが
たとえば、マナカナのどっちかをぼかしてもしょうがねえんじゃねえかなっていう風に思ったり。
(本人には顔出し掲載の許可をいただいております)

http://sat.militaryblog.jp/e241014.html
↑当日取材に来ていたSATマガジンさんのブログにてそのときの状況が綴られております。
(こんなロクでもないブログをご紹介いただきましてありがとうございました)

「俺がお前でお前が俺で」

二人ともA-TACのブーニーハットを被っていたのは、もはや偶然ではなく必然。
事実、私もうっかりセーフティーでテラロッサ氏とダメンフィス氏を間違えて
「ガス貸してくで」といいかけたのはここだけの話である。あぶにーあぶにー
ここまで似てるならば、是非とも幽体離脱ネタをやっていただきたく願い奉り候。

あと一人そっくりさんを見つけて3人のテラロッサ氏が集まったあかつきには

一番目のテラロッサさんが人を倒し、
二番目のテラロッサさんが刃物で切り、
三番目のテラロッサさんが薬を塗る

みたいなカマイタチ伝説の再現ができるんじゃないかと
(願わくばカマイタチの被害者も4番目のテラロッサ氏で)


左から、トモ長谷川氏、主催者様、みりどる乙夜さん、テラロッサ氏

乙夜さんのブログ「★みりどる@作戦会議室★」でも
当ブログ「ジャンジャララ」をご紹介いただきました。ありがとうございました。

http://miridoru.militaryblog.jp/e240586.html


パチモンと乙夜さんのツーショット写真。
最強の盾と最強の矛を戦わせたらどうなるか、いわゆる矛盾の
元になった写真でございます(平気で嘘をつくテスト)

しかしなんだ。

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) …なんだこの違和感のなさは。

オリジナルはブーニーに扇子を挿してるのに対し、
とっさの判断でアミノバリューのスティック袋をブーニーに挿しこむというパチモン。
彼の瞬発力はなかなか侮れないなぁ。

是非ともソリッドとリキッドとしてそれぞれを大将に見立てた
メタルギア風な肉のぶつかり合いサバイバルゲームを敢行してほしいところ。
で、結局二人とも間違えてソリッド被りしちゃったりとか。
(というわけでムチムチのタイツ姿のサイボーグ忍者JJが通りますよ。俺に痛みをくで)

世界には同じ顔が3人いるそうですが、さてさて残り一人はどこにいるのでしょうか。
そんなこんなで連絡先を交換した間柄のお二方でありましたとさ。



恐ろしいことに、中編なのにゲーム風景はおろか、メイドさんのメの字も出ていないまま
メイドの土産話・後編に続くんだぜ!!
  


Posted by ダブルジェイ at 02:35Comments(9)

2011年07月21日

メイドの土産話・前編

照りつける日差し、青い空、向かいに見えるメイドさん。
甘い声の場内アナウンスが暑さと相まって、現実味ってやつをそぎ落としていく。

7月18日、デザートユニオンにて催されました
シューティングメイド喫茶・ふれんどりぃふぁいぁさん主催のゲームに参加してきました。

参加メンバーは十兵衛軍曹、毒舌氏、ダメンフィス氏、そして私。
この趣味を通して知り合った方の中でも、いわゆる「特選部隊」のメンツでして
「チョーさんのコスチュームで電源ON状態の成人玩具を片手に」などといった発言を
ごく当たり前のように、タバコに火をつけるような自然さでコメント欄に書き殴る
ダメンフィス氏からもわかるように、特殊すぎる訓練を受けすぎた結果
日常生活に支障が出てしまい もはや真っ当な道を歩けない人達のことでございます。

そもそも、そんな4人が何故このゲームに参加することになったのでしょうか。



さかのぼる事2ヶ月前、皆さんはこの記事を覚えていらっしゃるでしょうか?

2011年05月23日 『シューリング』

秋葉原界隈の顔が広い毒舌さんに連れられて
私と軍曹がシューティングメイド喫茶さんに行ってきたというお話。
丁度店員さんから「今度お店主催のゲームをやるんです」だなんてことになり、
大分先の話だなーなんて思っていたら、いつのまにか7月上旬になってたの巻。

そんな時期になっても私は行くかどうかはっきりせず、
「皆が行くなら」ぐらいのスタンスで身構えておりました。

-時間が解決してくれた-

申し込み締め切りも近づいてきたので皆「とりあえず行ってみてから考えますか」ぐらいの流れ。
ボタン押してから決めるチキンレース式ファミレスオーダーの極み みたいな(いいたいだけ)

前回の日記にもあるように、「当日はパイル2等兵でこい」とのリクエストがあったので、
ダメンフィス氏と一緒にゲーム前日買出しコース。
申し訳ない程度の中古ジャングルファティーグもどきと
ワークマンで白いシャツ(天竺半袖)を購入 あえていおう ワークマンであると(銀河万丈 R.I.P)

肝心のM14に関しては残念ながら予算オーバーのため、
今回は涙を飲んで見送り(当たり前だダンカンこのやろー)となりました。

※予算の都合でマルイM14を断念してんのに
「WEのガスブロはどうっすか?」と残酷なことを平気でいいやがるダメンフィス氏

しかしまさかまさか「かのような奇跡」が当日起こるとはこのとき誰が予想できただろうか。


機は熟した。キャッピッピピピピーーーー洗脳・搾取・虎の巻ーーーー!!!


というわけでゲーム当日の様子がわかりやすい現場写真↓



ドーナツの買い出しがバレて軍曹から代行懲罰を受ける毒舌さんとそれを見る私。

いきなり「じゃあ写真とるか」とユーティリティーキャップとドーナツを手渡されたんだけど、
なんというか聖闘士星矢みたいに各々がパーツを持ち寄って一つの
黄金聖衣(ゴールドクロス)を揃えるような、この手際のいいお膳立ては一体なんなのだ。

チェリードーナツなんて洒落たもんはないので、アンドーナツで代用されるかと思いきや
なんとクリームドーナツが支給されたの巻。「JJはアンコが苦手」というリサーチ済。



撮影が終わったドーナツはこのあとスタッフ(=私)が無理しておいしくいただきました。
はたから見れば「クソ暑い炎天下でドーナツを食うくいしんぼう」に見えたのでしょうか、
昼休み時にカレーの列に並んでいたら参加者の方にいきなり声をかけられまして
「ここのカレーは美味しいんですか?」と当たり前のトーンで質問されてしまいました。

私(わたくし)デザートユニオンに来たのも、こちらのカレーを食べるのも初めてでございます。

そして撮影は続きます。


カメラマン「じゃあズボン降ろそうか」

JJ「サーイエッサー」


いわゆる『ラブホテルでカメラチェック』といいながらいきなり暴力のフルコースでんな。
少年少女よ!目を閉じるのはまだ早いっっ!!!ここで奇跡は起きたのである。



奇跡の一枚。

Do we love our beloved Corps,ladies?
(豚娘共は海兵隊を愛しているか?)

Semper fi! Do or die! Gung ho,gung ho,gung ho!
(生涯忠誠!命懸けて!闘魂!闘魂!闘魂!)

なんということでしょう。私がズボンを降ろしたその刹那、他の参加者の方が颯爽と集まり
「我々も撮影を手伝います」とクソ暑い炎天下の中、腕立て伏せを敢行するという海兵魂爆発。
文字通り私は指を咥えてみているだけであった(なんとM14も貸してもらえた)

炎天下で熱されたゴムマットは激熱だったようで
腕立て伏せをカウントするごとに「熱い!熱いっ!!」の叫び声。
(でもみんなしっかり腕立て伏せやっちゃうんだぜ)

おかしいな、メイド喫茶主催のゲームなんだけど実に雄々しい。

そして今一度、この写真を紹介したい。



フレームインされずに見切れてしまった別写真だが、
赤丸の御仁に至っては「より負荷のかかるフォーム」で
腕立て伏せを敢行しているではないか。PT!PT!
皆さんのご協力、心より感謝いたします(指くわえつつパンツずり下ろしながら)


静けさ漂いつつも実に暑苦しい写真/ダメンフィス氏撮影

私は至ってまじめに指を咥えていたのだが、
シャッター切ったと同時にカメラマンが爆笑していた。

せっかくダイエットも本調子になってきたところにこの撮影で、
挙句の果てには「もう痩せなくていいよ、甘いもの食べる?」とまでいわれる始末。
1日だけのシンデレラストーリーじゃないのかよ というわけで
手ごろなウッドストックタイプのM14探しております。あー困った困った。
押入れに眠ってたりしませんか?掃除機をかけるときに邪魔なM14とかありませんか?

それにしても、暑すぎてボーッとしていたら
「中盤以降の微笑みデブみたいな顔になってますよ」と
俺よりも恰幅がいい人に指摘されたりしましてよ。俺は…もう…ひでえ クソだぜ。

そして最後はこの一枚。間違え探しのコーナーです。
あなたは何個見つかるでしょうか?



(答え,全部間違い)


恐ろしいことに、ゲーム風景はおろか、メイドさんのメの字も出ていないまま
メイドの土産話・中編に続くんだぜ!!  


Posted by ダブルジェイ at 02:55Comments(16)

2011年07月16日

アニマル

さかのぼること1週間前だろうか。

手前が座っている職場のイスが破損したため、「故障」と貼紙をして廃品に回したら
「ちゃんと総務に届け出を出さないとダメなんすよ」といわれ渋々担当者のところへ。

JJ「あのすいません、イスが壊れたので廃棄で…」

担当の女「(JJBODYを舐めるように凝視)…プッ、は、はいわかりました」


いわゆる逆セクハラってやつだな。あとは皆さんの予想通りの展開。


壊れたイスを届けにきて、「ここじゃ物が壊れる」とはこれ如何に。

「私は会社と、恋愛したい」と喚き散らしながら
総務の女をイスで滅多打ちにしてしまったらそれこそオマンマ喰えなくなっちゃうので、
ここはグッと我慢のサラリーマンJ太郎(画像はイメージです)

決めた。チームJJ召集じゃぁぁぁぁっっっーーー!!!
(実際の団体や人物には関係ありません。そもそもチームJJ自体がフィクションです)

その日以来、帰宅時は一駅手前で降りての不可抗力5キロウォーキングコースと
食事制限、そしてキャプテン翼宜しく「黒ウーロン茶が友達(地味だなぁ)」にシフト。
風になりたいときは1時間程度の軽いサイクリングとかも。久しぶりに…きれちまったよ…

運動といえるほどの運動じゃないのでEye of the Tiger じゃなく
It's a long road をリクエストさせていただきます。

「たんけんぼくのまち」ばりに街並みを堪能したいところなのですが、
人間のサガってやつでしょうか、「理髪店バイソン」とか「コインライスリー(無人精米所)」とか
ハードコア路線についつい目がいっちゃったりするんですよねぇ。
次の散髪はバイソンに決まりだな!!!(まさにジャケ買い)

ほどほどに汗をかいたなぁと思いつつの帰宅。携帯みたらこんなメールが届いてやんの。



まぁこれがなんのメールかっていうと18日に行くゲーム(故に同日の射撃会不参加)で
各々どんな格好をするかというね。実にむさ苦しいガールズトークみたいな。
事の発端は7月3日に行われたドM1GPで私が丸刈りで参戦したら「パイル二等兵(微笑みデブ)」と
指差されたわけなんですが、多分その流れでのリクエストなのだろうと。



想像図&画像と全然関係ない選曲をしてみるテスト

「白シャツで済むと思いきやM14(未所有)で一気にコストが跳ね上がる」と
至極真っ当なことを返信で伝えたら「誰かM14貸してくれるよ」と
ハートマン軍曹ばりに無茶苦茶なことをいいだす十兵衛軍曹。PT!PT!

世の中なにが起こるかわからんので
とりあえずフルメタルジャケットをレンタルして数年ぶりに鑑賞中。  


Posted by ダブルジェイ at 03:19Comments(8)

2011年07月14日

十兵衛軍曹の極太射程♂#8





極太話・その8
「本当の現実とは・・・?」



前々回、スナイパー超~大好き女子「桜ちゃん」の話を掲載したところ、非常に好評で
おかげでゲームに行く度に各方面から…

「作り話を書くな」

「妄想がひどすぎる」

「そんな女は絶対いない」

「軍曹、貧乳好きって本当ですか?」等の、温かい声援をいただきました。

『極太射程♂』に書いている話は、オチも会話も事実なのですが、
信じるor信じないは、私と読者の信頼関係の問題なので、評価はどうでもいいです。

どちらにせよ、毎回コラムを読んでくれている時点で、
私の事が好きな人たちなワケですから、どんな意見もプラスに解釈しております。

しかし、自分が理解できない存在を「いない」と否定するのは、少々いただけません。
世の中は、自分の生活環境だけが、全てではないのです。

私も、自分の中にある「当たり前」を微調整するために、普段から色々な人に会い、
一緒に酒を飲み、ネットに書けないような、バカ話をたくさん教えてもらいます。
そしてその都度、世の中は「狭いけど深い」という事を思い知らされるのです。

世の中を、自分の物差しだけで、測ってはいけません。そんな人生はツマらない。

なにより視野が狭くなる。固定観念で頭が固くなる。
多数決こそが常識なんだと、思い込んでしまう。
あなたたちの周りにも、おかしな人脈やエピソードの1つや2つは、探せばあるはずです。


どうでしょう?


一部の人は、もう薄々気が付いているのではないでしょうか?
実は現実の方が、ドラマやマンガより、バカでベタでウソ臭いんだという事を。


このブログの常連に「毒舌さん」というゲーマーがいます。
毒舌さんは、護身術マニアで、彼自身も若い頃に武術を体得しており
私の知っているゲーマーの中では、かなりケンカしたくない部類の人です。


殴ってよし!寝てよし!組んでよし!

俺によし!お前によし!具合よし!

ギブミー!トェンティ~ファイブ!スカンバッ~ク!
(腕立て25回だ!このクソ野郎!)

サー!イエッサー!


そんな毒舌さんのアダ名は、人呼んで「殺し屋・ドクちゃん」
特技は『必殺毒舌拳』(民明書房刊『悪魔の毒々暗殺拳』参照)

ドクちゃんは数年前、その技術(あくまで護身目的)に磨きをかけるため、
ベガスの1000ヤード射撃場でライフルを撃ちまくり、
ニューハンプシャーのシグ・アームズではコンシールドピストル・初級課程を修了。

文字通り、ひと皮ズルむけて「ひとつ上のリーサル・ウエポン」へと変貌を遂げ日本に帰国した。

そんなある日、ドクちゃんは格闘技部OBの飲み会に参加したのだが、
横にいた先輩が、みんなの前にドクちゃんを晒して、こう発言した。

「コイツ、アメリカで最新の戦闘訓練を受けてきたんだぜ~!」

周りの若手はちょっと盛り上がるが、当然、大御所の先輩たちが、
そんな話を聞いて面白いワケがない。パワー系の本格武闘派の連中に
酒というガソリンが加わった事もあり、座敷の空気は途端にヒートアップ。

大先輩vsドクちゃんによる、ガンのくれ合い飛ばし合いが始まるが、
当然ながら周囲が止めに入ることで、店内乱闘は回避された。
しかし大先輩は、ドクちゃんに対して、こう言ったそうな。


「逃げんじゃねぇ~!ウチの道場でケリつけるぞ!」


俗に言う『果たし合い』である。

2週間後「真昼の決闘」はOK牧場ではなく、大先輩の実家にある道場で行われる事になった。
それ完全に、アウェイぢゃん!

そんな状況、私やダメンフィスなら、2秒で土下座にトランスフォームである。
しかし血気盛んな、戦闘民族のドクちゃんは、もちろん道場に乗り込んだ。

この日の装備は、シューティングゴーグルと、コンバットシャツに、タクティカルパンツ。
腕にはケプラースリーブとスペクトラグローブ。腰にはマルイのP226とオマケが少々。


合コンとは、真逆の意味での「勝負服」


オシャレ要素は0%。お持ち帰りは100%無理。
フレンチレストランなら、間違いなく入店拒否である。

一方、大先輩は竹刀に道着。胴衣にシューティングゴーグルという異種格闘技風スタイル。
審判員や周りの見物人も、道着にサバゲ用ゴーグルという、
コワモテに反して、ちょっと笑えるビジュアルがズラリと正座。

もし、この当時にマルイのファンゴーグルが発売されていたら、どうだったのだろう?
この一触即発の状況下で、見物しながらファンのスイッチを入れられる者は、恐らくいまい…。

ともかく、そんな緊張感が漂う中で、拳銃使いと居合いの達人による真剣勝負が始まろうとしていた。
まるでルパン三世「十三代五エ門登場」の、次元vs五エ門の対決シーンである。

恐らく勝負は一瞬・・・・・。

ちなみに次元、この回では五エ門に負けている。大丈夫か?ドクちゃん?

主審が叫ぶ!「始めぃ!」

大先輩が竹刀に手をかけた瞬間、ドクちゃんは左手に隠し持っていた
タクティカルライトで、相手の目をストロボ照射!


「うあっ!!!」


ひるんだ隙を突いてP226を抜き、胸と頭にダブルタップ。
9ミリ弾のリアルカウント15発を容赦なく撃ち込んだ。

痛がる大先輩。当然の如くギャラリーからヤジが飛ぶ。


「てめぇ~!ライトとか汚ぇぞ!!」


しかしドクちゃんは、平然とタクティカルパンツの尻ポケからソウドオフの
M79・モスカートランチャーを引き抜き、大先輩のボディに、とどめの1発を撃ち込んだ。

まるでターミネーター2のラストシーン。
竹刀を持ったT-1000は、溶鉱炉に落ちて沈黙した。

もちろん場内は大荒れ!そりゃ~そうでしょう。気持ちはよくわかる。

しかしドクちゃんは、お得意の毒舌トークで、ギャラリーに向かってこう言い放った。


「何でもありの真剣勝負に、汚ぇもクソもあるかぁ!これはゲームじゃねぇ!」


まさに、一刀両断の斬り捨て御免!さすがは毒舌拳の使い手。
復縁を迫ってきた元カノに「じゃあ~今すぐエイズ検査してきて」と
バッサリ斬り捨てた武勇伝は、伊達じゃない。

ちなみに負けた大先輩は、意外にも結果を受け入れており
この件をきっかけに、アメリカの護身文化に興味を持ち始めたというから、まぁ結果オーライ。

結局この勝負は、戦った者同士のみが分かり合える
奇妙な空気の中、後腐れのない幕引きとなった。

いい話である。

ちなみに「ボン太くん」を敬愛している私としては、これと似た話が
『フルメタルパニック・ふもっふ』というアニメにある事くらいは知っている。

だからどうした?

本来、ウソで人を騙すのであれば、誰もこんなベタな設定は用意しない。
というか、アニメを知っていれば、逆にこんな話は、みっともなくて作れない。

現実の話なんです。

ちなみに竹刀を持った大先輩に対して、
なぜ?ヘルメットを装備しなかったのか?とドクちゃんに質問したところ。


「頭を狙ってくれた方が、都合がよかったんですよ」と、あっさりした返答。


最近のアニメやドラマは、視聴者からツッコミを入れられないように、
つじつまの合うリアリティばかりを追求しているが、
それに対して現実のリアルな世間の方はどうだ?

良く考えて欲しい。

本当のリアルは、いつも唐突で、だしぬけで、理不尽で、そしてバカバカしい。
現実を知らないヤツが「現実っぽいウソ」をもっともらしく書いて、ドラマの設定を作っている。

それはそれで一向に構わないのだが
本当はリアルな現実の方が、作り話よりもウソ臭いという事実は知っておいて損はないと思う。

もう一度言うぞ。

現実が「平凡」だと思い込んでいるヤツは、まだまだ現実に向き合えていない。
  


Posted by ダブルジェイ at 03:10極太射程♂

2011年07月12日

ガバティ

「あずまんが大王」を実は一度も読んだことがなく
これから先も読む機会はないと思っていたが、
たまたま行った書店で見かけた「10周年新装版あずまんが大王全3巻」をついつい購入。
21世紀のスタンダード4コマっていう笑っちゃうぐらい大げさなキャッチコピーだったんだもん。
とりあえず贔屓にしている「そばもん5巻」と共にお買い上げ。

この接点のない組み合わせに関してはなにか物議をかもしそうだが、
過去に「ARIA」と「殺し屋1」を同時買いした事例と比べれば可愛いもんである。

※「ARIA」のキャッチコピーは未来形ヒーリングコミックだったが
結局のところ「殺し屋1」も似たようなもんですよね。待っていた、おまえのような変態を。

閑話休題

この写真を見て欲しい。



気合の入ったエングレーブガバである。カタギの得物とは思えない。
コレは当方が所有してるものではなく、何を隠そうミスターブラックマーケットSやん氏の私物。
氏と連絡先を交換した際、挨拶メールと共に送られてきた画像である。強烈な挨拶状だなぁ。
おかげさまで私の携帯の連絡先「ま行」に「ミスターブラックマーケット」と登録されることになり
先の予測変換といい、怪しい連絡先といい、紛失時に警察へ届けづらい携帯になりつつある。実に。

「画像のガバは過去に貸した金を返す事が出来ないアメリカ兵から頂いたガバを
 掘り師と信頼のおけるガンスミスにお任せした逸品です。」(
原文ママ)

この話を聞くと、左端に写っている白い固体ですら
なにか無造作に転がっているピルケースに見えてくる(たまたまキャスターが写ったんだろうが)

氏のガバメント好きに比べ、私はハンドガン自体の知識が乏しい。
有名なガバメントですら「あぁ、そんな100年も前にあったんですか。ほへー」な反応である。
そんな私がサイドアームで使う銃も「PX4」→「PP」→「M9」だったりと
拘りのこの字すら伺えないものでホントにサーセン。

石油王からも「初めて買ったハンドガンでPX4というチョイスはおかしい」と突っ込まれたりした。
小ささに惹かれてマルゼン固定PPを買ったときも「なんでそっちに行くんだ」と
激しくツッコまれたり。でもこれよく当たるんですよ。

そんなトンガッてた時期もありましたが、今はM9に無事落ち着きました。
SⅡSの固定M9ですけどねカーッカッカッカ(アシュラマンR.I.P)
この趣味に腰を据えて初めて買ったエアガンがドラグノフの私に今更なにをいうものか。

でまぁ話を戻しますが、ミスターブラックマーケット氏と会合するにあたってガバのガの字も
知らないとなると、運がよくても「研修先紹介してやるからちょっと勉強して来い」と
フィリピンセブ島北部にある「ダナオ」にて大人の社会科見学3年コース行きは確実。
それだけは避けなければいけない。

というわけでぐーぐる先生にガバメントについて質問したら
毎度お馴染みMEDIA GUN DATABASEにたどり着いたのですよ。
でまぁ歴史を紐解いてくわけですが、私が衝撃を受けたのが「登場作品」にあるこのタイトル。

キテレツ大百科 アニメ 熊田薫 ペイント弾 273話

いくら歴史が長く露出が多い銃だからってキテレツ大百科はねーだろうよ。
多分この表記はあくまでフェイクであると見たね。

たしかケーブルテレビの再放送でキテレツ大百科をみていたらこんなタイトルがあった。

「ベンも仰天!痛いのとんでけ〜鎮痛香」

鎮痛香という「このお香を浴びれば痛覚がなくなる」という
デザイナーズドラッグのはしりともいえる極めてグレーな発明品をしちゃった話でして。
この男の発言がすべてを物語っているわけですな。

勉三さん「…キテレツくん、鎮痛香を貸してほしいッス」

たしか勉三さんの飼い犬ベンがチンピラに捕まってしまい、
それを取り返しに行くときの発言だったような。
肝心のシーンで私はトイレに行ってしまったので、事の推移をみていないのだが、
トイレから戻ってきたら勉三さんが無事飼い犬を取り返しているというハッピーエンド。
多分鎮痛香でハイになり、チンピラ相手にガバメントを眉間に押し付けた状態で
大声で罵声を浴びせつつ恐喝した結果たるが故なんでしょうな。

「さすが勉三さんっ!おれたちにできない事を
    平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!」

でまぁあまりにも描写が生々しいので、安牌であるブタゴリラくんがおもちゃの
ガバメントからペイント弾を発射したっていう表記に置き換えざるを得なかったというね。
組織的隠蔽工作の匂いがぷんぷんするであります(※全部妄想)  


Posted by ダブルジェイ at 03:17Comments(8)

2011年07月09日

ド・後編

さてさて前回の続きで、ドM1GP後編TOなります(思い出すのも一苦労)

「入念な準備にも関わらず」

というのも開けてみれば、この日私はボルトを1発撃っていなかったのであります。
このドM1GP撃ち合いが主たるものではないのですが、
自分の得物には万全を尽くして臨みたいのが人情(人情?)

TYPE96もほぼ満足のいく仕上がりになり、さてさて参加者に対し
どんな弔い方をしてやろうかと思ったりしたわけですが、
実際のところ、この日仕留めた二人は両者ともエアコキM92Fによるものだったりします。
現実なんてそんなものです 本当にありがとうございました。
(唯一スコープを覗いたのはボードの数字確認する時であり、しかも数字を間違えていた)

ガラにもなくCQCホルスターなんぞを買い、エアコキM92Fを携帯していたわけですが
あまりにもフィールドが静か過ぎて「CQCホルスターに収める音」ですら気にかかるんだぜ。
丹精込めて作ったギリーハットもそれなりに効果があったのかどうか謎だが
後日、集合写真なんぞを見てみると思っていた以上に迷彩服との明度の差があったなぁ(汗


6123102 6123102

頭がおかしくなったわけではない。
急に無作為な脳内数字を大声で喚き散らすほど終わってはいないと信じたい。
この数字はなにかというと、前述にある「自分がスコープ越しに覗いてメモった数字」である。
私がようやく敵陣地に潜入するようになったのは午後のこと。
ドM1GPの特徴で「午前」と「午後」でゲームが大分様変わりします。
汗はダラダラ、疲労困憊、神経衰弱、故に味方の誤射多発(今回はなかったようだが)

私も御多分に漏れずヘロヘロな状況でして
ゲーム開始前にマガジンは挿し忘れたり、ギリーハット被り忘れたりとグダグダの極みであった。

そのときのゲームは最年少参加者であるカンタ氏と途中で合流し、
氏とともに敵陣地までコソーリたどり着いたわけですが、上記の数字をメモろうとしたら
いつものポーチに筆記用具がないでやんの。いわゆるセーフティに置き忘れるという失態。



↑心情的にはこんな感じ

隣にいたカンタ氏に「か、紙と書くものを貸してください!」と懇願してメモる。

6123102 念のためもう一度 6123102。

大事だから2回メモりました。でもって制限時間を生き延びて
ジャッジのve花(べーはな)氏に報告するもなんと正解は「6123101

人間疲れてくると、1が2に見えたりするんだぜ。
しかも4倍スコープで念のため2回確認してるんだぜ。

この悔しさをバネにこの後のゲームでも1回だけ目標達成。
私の夏はこれで終わりました(まだ梅雨明けだけども)

というわけで表彰式の巻。


優勝はなんと6ゲーム中5回目的達成した最年少参加者カンタ氏。
しかも前回に引き続きV2達成である。優勝商品はVSR!!
つか、自前のTYPE96と、前回優勝商品のAPS-2と、今回の優勝商品VSRで
あらかたメジャーなボルトは制覇してるんじゃねーかっていう。おめでとーございます!

「カンタくん、恐ろしい子…(ガラスの仮面R.I.P)」


優勝記念にエンブレムっぽく。


無修正版。なんて最低なエンブレムだろうか( ^ω^)

誰か曰く「スナイパースクール・クワェティンコ♂基地」のマークだそうで
射撃教官は「エロトランプマン(右)」と「種馬マークスマン(左)」なんだそうな。
まぁ誰かって十兵衛軍曹がいってたんだけどね。おっと誰かきたようだ



んでもって準優勝は十兵衛軍曹。優勝者カンタ氏と同率なんですが
主催者サイドなんで二位に繰り下げという。商品はグロッグのCQCホルスター。
こりゃガスブロのグロッグを買って収めて欲しいところ(既に持ってるかもしれねーけど)



第三位は初参加のウォーズマン先輩(左)がかっさらっていきました。
おめでとうございますー(写真のチョイスに特に意味はありません)
女性を見かけた際の氏の眼光の鋭さになにか思い当たるところがあって、
「どこかで似たようなことが」と漠然と思っていたのですが、ようやく思い出せました。
漫画ネイチャージモンの中でジモンの行きつけの焼肉屋(スタミナ苑)の店主が、
年に数回「これは当たり牛だ!」というべき仕入れに出逢えると、
眼光の奥がキーンと光りつつ、仕入れ肉を捌くという描写がありましてな。きっとそれだそれ。


というわけでトータルスコアなんぞを貼ったり↓

優勝 カンタ(5P)

準優勝 十兵衛軍曹(5P)

3位 ウォーズマン(3P)

4位 アッコー中尉&チュウ&ザキヤマ&(2P)

5位 Wildey&JJ&ダメンフィス&シバやん&毒舌(1P)

6位 ホリエ氏(0P)

実はこれだけで終わりじゃない。夢で終わらせない。
(PSバイオハザード1の森の妖精みたいな実写パートって今となっては黒歴史なの?)



今回はザキヤマ氏の粋な計らいで
ブービー賞というものが設けられておりまして。
同率5位のWildey&JJ&ダメンフィス&シバやん&毒舌の下種な連中から
より下種なアルティメットシングを決めなきゃいけないのです。

ジャンケンの結果…


ブービー賞の業務用ローションを受諾する戦民思想工房主Wildey氏
---------------------------------------------------------------------------------
依頼主の情熱と妄想の代行人として、さまざまなカスタムやアイテム開発を行っております。
特に社外品の少なさや純正パーツの性能に泣いている機種にスポットを当てていきます。
---------------------------------------------------------------------------------
実のところジャンケン頂上決戦はWildey氏と私JJだったというね。あっぶねー( ^ω^)

そんなこんなで無事に第三回ドM1GPは幕を閉じたのでありました。
主催者の皆さん、参加者の皆さん、大変お疲れ様でした。




おっと忘れるところだった。



手配書作成を頼まれていたんだった。

  


Posted by ダブルジェイ at 22:26Comments(9)

2011年07月07日

ド・中編

当ブログも早いもので1年半ぐらい経つのですが、
あわよくばコメントにて

----------------------------------------------
▽・ェ・▽ノ""コンバンワン♪
暑い日が続いてますね~。
そうそう、JJさんの真似っ子で
フレクター迷彩を買っちゃいました(笑)
今度セーフティで一緒になったときに
ペアルックっていわれたらどうしましょう(笑)
…BDU選択間違えたかも (*^o^*)

Posted by ゆかりん
----------------------------------------------

みたいな女人とのやりとりがあっても
まぁ悪くねぇかなと微かに思ったり思ってなかったりしてたわけですが
現実ってやつはアレでして、同じ(笑)でも当ブログに届くコメントはこんな感じです↓

----------------------------------------------
吟味した粉をアタッシュケースか弾薬箱もしくは
ワインの木箱に入れて持参します。(笑)

Posted by Sやん
----------------------------------------------



皆様、これからもジャンジャララを宜しくお願い致します。


さてさて前回の続きでドM1GPのお話。

その前に…

前編はミスターブラックマーケット氏のスナップ写真とともに
ついつい氏のプライベート話を綴った結果、本懐のゲーム内容には
一切触れないまま前編を終わらせたことを心よりお詫び申し上げます。
(ブルボン チョコあ~んぱんを喰いながら)


なんだろうなぁ、定例会の類の集合写真には見受けられないこの違和感。
そうか、全員がボルトアクションだからか。

熱中症で途中休憩を挟んだ方がいらっしゃいましたが、
それ以外は怪我もなくてよかったです。
病人も出なくてよかったといいたいところですが、
元より全員が末期の病人みたいなもんでした。


シャーマン兄弟(左・アッコー中尉/右・JJ)
ゲームするようになって4ヶ月。当日は普通の顔してたつもりだけど
こうしてみると正気の沙汰じゃねぇ目してるなぁ自分。



ミスターブラックマーケットSやん氏
同じ場所で撮影したはずなのに、氏が被写体となると
急に1980年代のエルサルバドルっぽくなる不思議現象。

小説・極大射程で、

「左翼ゲリラへのホロコーストにパンサー部隊が関与していた」という
描写がありましたが、若かりし頃のミスターブラックマーケット氏が
当時のパンサー部隊に所属していたという資料が残っているとかいないとか。



鏡を取り出し、慣れた手つきでフェイスペイント

熊笹野郎のキャッチコピーを希望しつつも
結局のところ「どうらんフェチ」の呪縛から逃れられないカンタ氏。


このおかしなガンラックの光景にも、小生慣れてきたのねん(←残念コースまっしぐら)


このドM1GPはですな、撃ち合いではなく「偵察」がゲーム目的でして
敵陣地まで潜入し、ホワイトボードに書いてある7桁の数字をメモって30分生き残った人が勝ち。

なので

●ゲーム中に何人ヒットを取ろうが、数字をメモってなければ死亡扱い

●味方撃った場合、撃った本人も死亡扱い(ちなみに判別マーカーなし)

●メインはボルトアクション、サイドアームはエアコキハンドガン

という酔狂極まりないゲームでございます。
1日でこなす6ゲームの中で「メモをとって30分生存した数」が多い人が優勝なのです。
むにゃむにゃ…なんだかぼく眠くなってきちゃったので、
ゲームの概要を書いたところで今日はここまで。

恐ろしいことに、未だに引き金に指を掛けてないまま後編に続くんだぜ!!   


Posted by ダブルジェイ at 03:11Comments(5)

2011年07月05日

ド・前編

ドM1グランプリ前日の7/2(土)

私は行きつけの床屋で散髪していた。

一念発起!翌日のドMに向けての気合の現れかと思いきや
私のヘアースタイルローテーションはボッサボサの無精ひげオマケ付か
破戒僧風丸刈りの2パターンしかない。

とはいえ、まったく気合が入っていないわけでもない。

何かの漫画で「さらし首になろうとも見苦しくないよう死ぬ前に手入れをする」みたいな
内容があったのをちょっと思い出したのだ(そっちに気合入れちゃいかんだろうが)
元ネタはなんだっけなーと床屋の順番待ち中に携帯で検索するも引っかからず。

おかげさまで「さ」と打ち込むと、予測変換で
「さらし首 綺麗」という狂気に満ち溢れた結果になるようなiphoneに仕上がりました。



本当にありがとうございました。

髪も切った。手前のボルトアクションの調整も大体メドがついた。
装備も一式まとめた。熱中症対策グッズもセキ薬品で買い揃えた。
エンドレスで流れてるセキ薬品イメージソングが気合入りすぎていて必死で笑うのを我慢した。

あとは明日に備えて早く寝るだけである。ぐぅぐぅ(かわいい)


ドM1グランプリ当日の7/3(日)

「おはようお巡りさん」

無地のODのTシャツにマルチカムのズボンという「むしろそっちがゲーム用だろ」っぽい
おかしな組み合わせの私服(ジーンズ洗って半渇きだったもんでサーセン)
自宅から徒歩1分の待ち合わせ場所で嘘つきFBI・ダメンフィス氏と合流し、氏の運転する
ピックアップトラックで無事CODE7到着。
(氏も朝もはよからモッシーオークのズボンという気合の入れ様だった)


フィールド到着早々、私の姿を見たドM参加者たちの第一声。

「パイル二等兵がいるぞ」

なんということでしょう。丸坊主で気合を見せ付けるどころかまるで逆効果だったようです。
サーイエッサー!ケツからスラッグ弾をひり出すよう努めます。そしてトドメはこの人の台詞です。

ダメンフィス「M14があればよかったっスね」

This Is My Rifle, This Is My Gun.
メロン食べる今メロン食べる。


駐車場でBDUに着替え中、ふととある人物の存在に気づく。

そのインパクト故、当ブログでもすっかりお馴染みとなった
ミスターブラックマーケット Sやん氏 ←クリックすると音楽が流れます

長閑なフィールドにも関わらず、相も変わらずアンダーグラウンドテイストを撒き散らす氏のオーラ。
今回は勇気を出して氏に近づきおもむろに写真を撮ってみました。



なんの飾りっ気もない発泡スチロール内に冷やされている怪しいブツ。
やたらと「痛むから」「もう閉まうから」といいながら手で隠そうするミスターブラックマーケット。
いい女の条件=良質な臓器持ち という氏のパラフィリア話を思い出し全身が震えた。

氏の逸話で「どんな取り扱いがあるか?」と尋ねられた際、
間髪を容れずこんな返しをしたそうである。

Sやん氏「親が共働きでクラスで目立たない子とか


なんだ とか て。

そして別の写真。



撮影場所は埼玉県のCODE7のはずなのだが、氏が被写体ともなると
まるでベネズエラ首都カラカスの南西700キロ、コロンビア国境のタチラ州っぽくなる。
(いったことねーけど)

愛でるように、慈しむようにハーブっぽい野草の育ち具合を
一つ一つ確かめるミスターブラックマーケット。


恐ろしいことに、ゲームのことに一切触れてないまま後編中篇に続くんだぜ!!  


Posted by ダブルジェイ at 03:32Comments(8)

2011年07月01日



さてさて関東一円の酔狂なボルトアクション勢が集まるといっても過言ではない
ドM1グランプリが刻々と近づいておりますが皆さん如何お過ごしでしょうか。

使用銃はボルトアクションのみ
サイドアームはエアコキハンドガンのみ
識別マーカーなし

撃ち合いすら無粋ともいえるような独自のゲーム内容。
(最終目標は敵情視察『達成できない場合、制限時間を生き残ったとしても死亡扱い』、
味方撃ちは撃ったほうも死亡扱い)

第三回目を迎えるドM1グランプリですが、当ブログを閲覧者の皆様にも
楽しんでいただけるよう、ささやかながら余興を用意させていただくことになりました。

題しまして…

俺がお前でお前が俺で?!アイツが1位でソイツが2位?!
当てろドM1TOTOCALCIO(綴りはこれであってるのだろうか)!!!!



※当たったらJJと焼肉に行ける権利進呈(一人焼肉ができない女性にうってつけですね)

というわけで早速エントリー選手を紹介しちゃいまーす。ペロッ!
(「紹介文はおまかせします」っていわれたので、もうどうなっても知らないんだからねっ!!)


1.〔美食金剛〕アッコー中尉・VSR-10
M14EBRを片手で撃てるか試した際、
思いのほかすんなり撃てたという笑えないレベルの剛腕所持者。
他人の背中にステッカーを貼ったりうまい棒を貼り付けたりするいたずらっ子。


2.〔エロトランプマン〕十兵衛軍曹/APS-2
ポジティブシンキングなバツイチスナイパー。
宗教上の理由(俺教)で野菜を食べないという偏食家かと思いきや、
ちゃっかり充実野菜で補ってる抜け目のない人。女性に滅法弱い。


3.〔木工コヴナント〕Wildey/SR-2 or バレットM99
命を削りながら木を削る某工房主。ヴィレッジ1のゲームに
ヴィレッジピープルの格好で行っちゃう人(実話)
私服は青いツナギかポリスメン衣装の
オルタナティブコーディネーター。プリンが大好き。


4.〔どうらんフェチ〕カンタ/TYPE96 or APS-2
第二回ドM1グランプリの優勝者かつ最年少参加者。
10代にしてフェイスペイントの魅力にはまったヤングジェネレーション。
ジェネレーションギャップをあまり感じさせない不思議な趣のどうらんフェチ。


5.〔都合のいいピエロ〕JJ/TYPE96
知らないところでリーグ戦にエントリーされていたり、
トリガートークの蛍光灯をエアガンで破壊した疑惑を持たれたり、
ドリアン味のリッツもどきを無理矢理食わされたりする可哀相な人。
好きな州はノースカロライナ州(いいたいだけ)


6.〔嘘つきFBI〕ダメンフィス/VSR G-SPEC
バトルシティやデザートストームの定例会でたまにワイワイ遊ぶくらいだったのに、
運が悪いのかなんなのか真逆のベクトルのゲーム遍歴に推移した人。
SATマガジンのテラロッサさんに顔が似ているという噂。ラーメン紹介記事が大嫌い。


7.〔ミスターブラックマーケット〕シバやん/VSR G-SPEC
地味に第2回ドM1グランプリに参加していたが、
某定例ゲーム時の佇まいのインパクトが強すぎて
ドM1グランプリに参加した実績が後付になっている可哀想な人。


8.〔ナチュラルボーン・ひぎぃ〕毒舌・APS-オルカストック
行く先々の秋葉原のミリタリーショップの店長と気兼ねなく話せる人。
氏の人間性もさることながら、果たしていくらこの趣味に遣い走ったのか
想像だにできない。アメ車みたいに頑丈な人。


9.〔ある意味エアマスター〕チュウ・APS-SV
ゲーム終了後の食事会での十兵衛軍曹をはじめとした
露骨な下ネタ勢に対して「あきれ返る」という常識人たるリアクションを返せる人。
「風」ではなく「空気」を読む。


10.〔MCアーマロイドレディ〕ザキヤマ/十兵衛軍曹の予備銃APS-SV
ドM1初参加者。全身マルチカム+マルチカムバラクラバのシルエットが
コブラのアーマロイドレディ(例のポーズ)を連想させる人(※男性です)
声質は榊原良子氏とは程遠い。十兵衛軍曹の予備銃で参加。


11.〔私の町のクリーニング屋さん〕ウォーズマン先輩/VSR-10 VSR G-SPEC
ドM1初参加者。某ゲームにてクリンコフ+ヘルメットという装備の出で立ちから
仲間内で「ウォーズマン先輩」という名前がしれっと定着してしまった人。
氏の浮世離れっぷりが眼光の鋭さとキレのある動きから滲みでている。


12.〔インファイトハミングバード〕タミ/VSR G-SPEC
本来の目的である敵情視察はおろか、敵情殲滅をしかねない人。
本来はゴリゴリのアタッカーポジションだが
「スナイパーがどういう動きをするのか知りたい」という理由でエントリー。

※残念ながらタミさんはお仕事の都合で不参加となりました。

さて今回はだれが優勝、準優勝するのでしょうか?
皆さんも是非予想してみてくださいね。  


Posted by ダブルジェイ at 01:06Comments(14)