スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年05月17日

ヒャルケー

記者「なぞかけしてください」

JJ「世紀末モヒカンどもの断末魔とかけまして
    ドイツ生まれの高圧洗浄機ブランドと解きます」

記者「そのこころは?」

JJ「なんだぁ?痛くもかゆくもないぜぇ!
    ぜ、ぜえぇけ、け、ケルヒャーーーッ!

さてさてLCTの誘惑にかられている今日この頃、
実際のところどんな仕様なものか「LCT クリンコフ」の
一点張りでグーグル画像検索してみました。


「…の結び紐で縛るタイプなので動いてるとどうしてもズ」
意味不明でありながら妙に具体性のあるキャプション込みで
半裸のフレディー・マーキュリー画像結果に繋がるような
ヤツのツラを拝んでみたいわい!ガーッハッハ!!
なんて思いながらクリックしてみたら

たどり着いた先は当ブログ「ジャンジャララ」でした。
本当にありがとうございました(ある程度覚悟はしていた)
そういえば似たような話が過去にもありましたっけ。


そんなわけで15日は戦民思想さん主催の射撃会に行ってきました。
コンサドーレ札幌オンリーBL系創作小説サークル
「ここなっつ☆くらっしゅ!」からは私JJと駄メガネさんが
まさかのダブルエントリーです(平気で嘘をつくテスト)

なんとかかんとか千葉スプラッシュまで辿り着くと
駐車場にお巡りさんの姿発見!じ、事件??これは一体なんぞ!?
(検問を恐れてか、駄メガネさんが車内のフリスクを慌てて捨て始めた)


というわけで正解は…工房主の姿だったのです。
なんで公僕仕様なのか訊ねたところ「暑いですからね」だって。
答えになってません 本当にありがとうございました。
ここ半年で見かけた工房主のファッションは
青いツナギ姿、BDU、お巡りさん 以上です。
この調子だと秋口はウデゲルゲみたいな格好をしていることでしょう。

なにか質問は?なければ解散ですお疲れさまでした。

到着早々、二回目の参加となるSGWさんから声をかけられご挨拶。
あぁ、前回に引き続き参加していただき嬉しい限りだなぁと思っていたら

「JJさんが喜ぶかなと思って入手しました」という台詞とともに
フォアグリップをしれっと手渡されました。
んでも私アンダーレールついてる銃なぞ持ってないし、
フォアグリップだって使ったことないですゾ???


SGW氏「色といい形といい太さといい、これはヤバいですよねぇ(笑)」

私という人間がこのブログを通してどんな人物像で形成されているかは
個人の判断に委ねるしかないのですが、
どうやらその手のパイオニアとして見受けられているようです。
コンコンと叩いて音を聞き、鑑定し、ケツに螺旋を描きつつ圧入し
「いい仕事してますねぇ」と甘い吐息を漏らしながら称讃するわけですね。
その手の類は駄メガネさんのベルトラインに振り分けてるんだけど
どうやら人手が足りないらしい。今年の夏はいろいろと忙しくなりそうだ。


まさかフォアグリップだけ持ってきて終了なわけがなかろうて。
というわけでSGWさんのガスブロM4。
そういえば石油王もガスブロM4持って来てまして二人とも思いのほか
得物が快調に動いてたみたい。リコイル音が終始鳴り響いておりました。


タカさん所有のLCT製AMD-65。こういう悪そうな銃は大好きだ!!
買った本人も概ね満足してるようでなによりである。
独特な形状のフォアグリップだけど意外と握りやすかったりする。


30m先のターゲットを狙う「踊るシャッガナー」がせさん。
「昨日のサバゲーで足がやばいです」といってたけど
一晩中ダンスのレッスンに費やしていた代償でしょう。
努力しているところは見られたくないんでしょうな、プロとして。

そういえば昼休みだっただろうか、

急にがせ氏がいなくなった際、

「どこいったんだろうね、がせさん」

「どっかで踊りの練習してるんじゃないか」

とかいうやりとりを実際耳にした。
明らかにインドアフィールドのほうから
CA870をモキュモキュ撃ってる音が聞こえてるんですけどね。


レディー・ガガもいた。

30m射撃と5m射撃が終わって午前の部が終了。
そして午後はまさかのアウトドアフィールド。


がせさんを探せ!(※そもそも写っていません

このミニタウンに仕込まれたターゲットの処理を
二人一組でこなしていくという初の試み。
ハンドガンとライフルで撃つターゲットが違うため
息のあったコンビネーションが要求されるのです!!!
(カラムーチョを食べながらタイピング)

ペアはくじ引きで決定だが、その中身は権力の横暴といってもよい。
ポリススタイル工房主の下半身を強制的にまさぐらされ、
終始やるせない気持ちでくじを引かされる面々。


くじをひいてー。僕と契約してー


くじをひいてー。僕と契約してー(何故か笑顔のSGWさん)


くじをひいてー。僕と契約してー(歪んだ笑みを浮かべる工房主)

初の試みながらもなかなかおもしろいステージに仕上がっておりました。
みんな一生懸命リトライしてたのがその現れでしょうな。


ハンドガン役だったがせさんの得物。
本人曰く「完全に結果重視の大人気ないダット搭載P99」とのこと。
見た瞬間にGANTZの銃を思い出した。

余談ですが、こっそり工房主のポリスキャップを被って
そこらへんに転がってたPOMグレネード片手にうろついてたら
まるで変態を見るような哀れみの目を向けられました。

あの前に出過ぎない絶妙の空域を維持している でんさんにすら
「その姿さすがに写真を撮ったほうがいいんじゃないでしょうか?」と
いわれたのがとても印象的だった。
自分じゃわからないがどのように写っていたんでしょうな(結局未撮影)

そんなこんなでお天気にも恵まれ楽しい一日でした。おわり





  


Posted by ダブルジェイ at 02:28Comments(15)