スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年03月30日

ハドソン

前回の続きといえば続きになるのだろうか。

定例会帰りの車内、運転している駄メガネさんにふと声をかけた。

JJ「私の地元に変な模型屋があるんで行きません?」

なにが変なのか?要素は多々あるのだが
わかりやすいところでいえば、題名のない音楽会よろしく
看板のない模型屋なのである。
しかもやってるのは17:00~22:00っていうね。

そんな意味のわからない1ランク上の店構えながら
客から愛されてやまないのかなんとか長いこと生きながらえている。
スケールモデル、ラジコン、ガンプラが所狭しと
バベルの塔よろしく無造作にぶっ積んであるため
下の方は概ね潰れてたりするんですよ。

まぁそんなカオスな模型屋なので
ちょっと散策すればあわよくばなにか珍しいエアガンが
あるんじゃないかと思ったりして。そんなわけでいざ入店。

少なくとも私はキャリコが哀しそうに置いてあるのを
何年も前にみた記憶があります。

相変わらず同じ場所にありました。
たぶん1mmも動いてないとみたね私は。

一部のショーケースは某コクサイ展示場と化しておりました。オイオイオイ

相変わらずVSRのリアルショックは店主待機スペースの
高い棚にぶっ積んであるのだろうなと思ったその刹那
胸が熱くなってしまった。

VSRの隣にハドソンのマッドマックスの箱が転がっているのである。
私としたことが通い始めて15年、完全スルーだった。

思わず店主に声をかけ中身を見せてもらう。

店主「入荷してからずーっと箱に入ったままです」

なんということでしょう。
箱こそヤれてますが、中身の方のコンディションがよい。

まぁハドソンは潰れるまで
定期的にマッドマックスを作っていたみたいですけど
中のパンフレットのラインナップがハドソン製AKを
でかでかと押しているところをみるとこれ結構昔のやつじゃないの?

店主「モデルガンのほうだったら買ってた
      っていうお客さんは多いんだけどね」

まぁガスガンとしてみるとその性能は折り紙つきでして

「不発か…運が良かったな ん!?おい 」で有名な
ジャギ様のあのシーンを完全再現できるとかできないとか。

飛距離1m弱て。

そのままじゃゲームにはまったく使えないので
スリーブ作ってチャンバーをいじってバレルぶっこんで
タナカのショットシェルベース(MADBULLでもいいけど)に
仕込めれば私はこいつを心から愛することをここに宣言します。

うーんうーん。すごい悩む。
ショットシェルがもはや手に入りづらいんだぜ。  


Posted by ダブルジェイ at 04:30Comments(0)