スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年03月17日

イズイワアゲ

もう2~3週間前の話ですが

SVDマガジンがすっぽり収まるチェストリグみたいな
都合のいいもんねーのかなと思い(明日香縫製さんにもあるけど)
グーグル先生を例のアレで脅して画像検索させてみたら、
奇跡みたいな結果が起きるもんなんですな。
(例のアレについては各自のご想像におまかせ懐石)


どう見ても 長靴を履いた猫 赤い吊りズボンを履いた
(フラッシュ!)フレディ・マーキュリー(アーアー!)でして
たしかにチェストをがっちりリグしており、和だろうが洋だろうが
どんな結婚式場に参加しても恥ずかしくないラグジュアリースイート
であるのは間違いではないのですが。私がほしいものとはちょーっとだけ
違うんですよねぇ。ん?フレディがほっぺた膨らませて怒ってますね。
愛天使ウェディングピーチの台詞をお借りすればこんな感じでしょうか。

「フレディ・マーキュリーは、とってもごきげんななめだわ!」

考えるな感じろってすげー便利な言葉。

なにをどうすればこんな結果につながるのか書き手の顔が
見てみたいわい!ガーッハッハなんて思いクリックしてみたら

たどり着いた先は当ブログ「ジャンジャララ」でした。
本当にありがとうございました。
(そばを打っていた手を休めつつクールダウン)

私JJには「記事を書いた3日後には内容忘れる」という
フェイルセーフ機能が備わっており、この記事も類に漏れず
まったく覚えておりません。

人間忘れなきゃいけないことはちゃんと綺麗さっぱり忘れなきゃ、
脳がパンクして壊れたヌイグルミみたいになっちゃうんです。

余談ですが少年マガジンで連載されていた暴走族マンガ
「特攻の拓」を覚えておいででしょうか。その中の台詞でですね…

「あ、あの久保島が壊れたヌイグルミみてぇに…」

ミスマッチが一周してコクが生じた台詞に腹を抱えて
大笑いしてしまった若かりしティーンの頃の自分を思い出しました。
たしか慈藤が久保島を半殺しにしていたシーンだったか。
まぁなんでもいいですよね そんな些細なことは。
がっちりリーゼント決めてる不良共が「壊れたヌイグルミ」なんて
乙女のポエムチックな例えを使っている事実が大事なんです。

私もよく某戦のつく工房のことを少しでもネタにしようものならば即効で
「ライドン壊れたヌイグルミコース」になったりならなかったりします
そろそろ営業妨害だなんだと訴えるついでに
ヌイグルミからステップアップした通知がポストに投函されてそうです。

「あ、あのジャンジャラが 壊れたクイッくん みてぇに…」

なになに、当時の記事を読み返してみましょうか。
あまり過去は振り返らないようにしてるのですが。

んー、初サバゲで56式のチェストリグを装備して
カミースズボンがブカブカだからサスペンダーで止めて
俗に言うフレディー・マーキュリー仕様とかぶっこいてる
酔狂なテキストを読む限り、完全に打つ手無しな残念クオリティですね。

というわけで本題です。さぁみんな気持ち切り替えて!スパァンッ!
(無駄な前置きの長さ自己新記録)

本来はもっと早くに書く予定でしたが
パソコンのクラッシュ!アーアー!なハードラックと踊っちまいまして
一週間ほどブログ上でのご報告が遅れました。
3月6日に参加したゲームの感想を書いてみようかななーんてね。
まぁカレーも寝かせたほうがおいしいですしね。

べ、べつにアンタのために
一週間以上カレーを放置(常温)してたわけじゃないんだからね!
(レニー・クラヴィッツ風Rock and Roll is Deadカレー)

さかのぼること3月6日の日曜日。
澄み切った青空の下、埼玉県の某所で酔狂なゲームが行われました。
まぁなにも考えずこの写真を見てほしいんですよね。


狩猟解禁日のハード・バーゲン・ヴァレーじゃありません。
そう、この日のゲームはボルトアクションオンリー戦だったのです。

涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く 花のように
見るものすべてに おびえないで
明日はくるよ 君のために

岡本真夜はこの光景をみて
あの有名曲を思いついたとかついてないとか。


右・駄メガネ氏所有のVSR「バスクエス」

左・JJ所有のTYPE96「冬美」

二人の銃の塗りをみて
泥レスが好きそうだとあなたがいったから
今日は特別泥レス記念日
(自由過ぎてもう収集がつかない口語短歌の悪い例)


んでどーでもいい話ですが、当日の私のBDUは
ロシアのフレクター迷彩(通称つぶつぶ迷彩)でした。
別にロシア縛りで決めてたわけじゃないんだけど、
フレクターって響きに魅力を感じて購入してしまいました。

そういえばゲームでちゃんとBDUを着たのはこれが初めてになるのか。


このブログを通してメディアの露出が増えた(そうでもない)駄メガネ氏。
撮りますよーとカメラ構えたら当たり前のように「カーズ様」のポーズ。
モザイクで隠れてるけどちゃーんとベロも出してたりするんだ。
次あたりはサンダークロス・スプリット・アタックとか
やってくれちゃたりするんじゃないかなと無茶振りマイメロディー。
(焦って猛練習してる様が手に取るようにわかる)

フィールドが山の中だったため
花粉症の方はさぞかし苦戦したのではないでしょうか?
ソレとは無縁な私ですら鼻水がズビズバでてたんだもんなぁ。
全米が泣いてたし参加者も泣いてましたね。

「あ、あの参加者が壊れたヌイグルミみてぇに…」

参加者のスコープマニアさんが重度の花粉症でして
「ブェーーックション!!!!!」と山中に響き渡ったときは
失礼ながら大笑いして膝から落ちてしまいました。
いやはや当事者さんはたまったもんじゃないでしょうけどね。

ゲーム内容に関してはこちら

爆音?メカノイズ?なにそれおいしいの?
ものすごい静かな山の中、ヌルヌル進んでくる敵に怯えながら
50mの狙撃を当てられたりコメカミにカツーンといいのもらったり。
敵陣地のホワイトボードを覗くどころか恐しくてなかなか前に進めません。
ヒットこそとれませんでしたが、いいんだよ次とればよ。次だ次。

あの緊張感がやめられなーい!
あたし甘いものがやめられなーい!



写真はゲームの参加を称えられプレデターっぽい
森の精霊(通称:森デター)から戦士の洗礼をうけた冬美を
授与される私JJ(この後仲良く自爆コース)

開けてみればなんと参加者総勢12名。
(主催者さん曰くせいぜい6人ぐらいの規模を想定していたそうな)
「惜しむらくは諸々の事情で不参加」な人達もいたりして
もし全員集まったらどれぐらいの規模になるのだろうと。

ってぼんやり思い出に浸ってたら1通のメールを受信。



5月1日にまたボルトアクション戦が開催されるみたいなんだって!
場所は埼玉CODE7 参加人数は20名まで!

ゲーム終了してから数日後、「素敵」っていう字を「索敵」って
読み違えちゃいまして「あぁ、もう私ダメなんだなぁ」ってね。

このタイミングでこんな記事も不謹慎かもしれません。

ただ、こんな状況で先のことがわからないからこそ
暗く不安な気持ちを引きずっているよりも
先の楽しみや予定なんぞの自分に設けることで
前向きに日々を過ごしていた方が生産的かなって思いました。
なにもかも変わってしまったのは変わりない事実ですが、
日常を取り戻すってのはそういうことなのかなと。


そういえばパトレイバーでこんな台詞がありましたね。

「カラ元気も元気って言うじゃないか。 」  


Posted by ダブルジェイ at 04:36Comments(6)