スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年01月18日

シャンプー



隠してるわけではなかったのですが私には姉がおりまして。
そう今から5年前…姉が転んで顔を怪我したときのことでございます。

姉「頭洗う時にいろいろ都合悪いからシャンプーハット買ってきて」

私「え?なんで俺なんですか?」

姉「私の顔に貼ってあるこの絆創膏が見えないの?
      外出れるわけないでしょ。ちょっとは頭使ってよ」

どこぞのライトノベルみたいなやりとりでございますが
これがまったく笑えない残酷なノンフィクションでございます。
ライトノベルじゃねぇな、ありゃ「逆・遠山の金さん」だ(後日談)

私のナリをご存知の方は今頃ニヤニヤしてると思いますが
20代半ばの坊主頭で無精髭のメガネ男がドラッグストアや
生活洋品店を駆け巡り、行く先々の女性店員さん尋ねると

「いい歳して、そんなナリして、
   シャンプーが目に染みるのがいやなんですかぁ?」

みたいな笑みを浮かべられたのを今でも強く覚えております。
いや聞こえたんだよ、あの時確かにそう聞こえたんだ。

しかもそういうときに限って取り扱いがございませんの一点張り。

いいさ、その辱めが俺の糧になる。
宣言しよう、ガンダーラに辿り着ける日は近い。

結局収穫0の報告を恐る恐るした際には
姉からは「可燃でも不燃でもないゴミを見るような目」で
一蹴されたのですが、時たま似たシチュエーションを夢で見ます。

さてさて、寒い日が続いております故
ジャン・ジャラから少しでも皆さんの心が暖まるよう
ハートフルな家族の絆の話をしてみちゃったりしましたよ。
この目に映る世界が醜いものだらけなのであれば
もうこの視力などいらぬわ!ズバシュ!!!!!!!

閑話休題


ハズ「は~~これでえ千八百六十五万と765発」


ギル「いやアニキ 767発だ」


ハズ「ほう…そうか…へへ…BB弾の選別中に少し眠っちまったらしい」


ギル「そんなことよりもアニキ、ちょっと質問があるんだ」


ハズ「お、珍しいな。いいぜどんな質問にも答えてやろう」


ギル「YES!といったらプリキュアか!?高須クリニックか!?」


ハズ「後者」


ギル「うう、頭が痛いよ兄さん。じゃ、じゃあよ!
    VSRとL96はパッキンが微妙に違うのはなんでなんだ!?!」


ハズ「…」


ギル「なあアニキ!教えてくれよ!!」


ハズ「た、多分VSRのやつだと肉厚すぎてL96のチャンバーに
    納めづらく捩れやすいっていうマルイのおばちゃんからのク(ry」


ギル「こっち見て喋ってくれよ!アニキィィィイイイイ!!!」  


Posted by ダブルジェイ at 03:20Comments(6)