スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年01月09日

ハイマウント


というわけでマルイのハイマウントベースでございます。
L96に乗っけてたんですが、この度一時撤退となりました。
前回の30m射撃であさっての方向にビュンビュン飛んでしまい
散々な結果だったのですが、それはパッキンが硬化気味で
不均一なホップのかかりをしていたのと
インナーバレルの芯だしが出来ていなかったのだろうと
自己解釈してたわけでございます。

分解して新品のパッキン入れて芯だし調整をしたら
25m辺りで急に曲がる通称・サイコガン弾道は直ったものの
ここで初めてスコープ越しの弾道があからさまに
本体とスコープで直進方向がズレているということに
気づかされるわけですよ。
もう発射した途端に右から左へ傾斜しながら
弾が発射されていくというね。

30mで合わせたものが20mで合わず
20mで合わせたものが10mで合わず。
10mで合わせたものが5mで合わず。

エレベーションならわかりますがウインテージで
これ程極端な差は普通出ないでしょうと。

ここが地獄の分かれ道。

このハイマウント、個体差なのかもしれませんが
ネジの締め方で傾斜が大きく変わるので
頭の中の混乱っぷりに拍車をかけるわけですな。

ダイアルをギチギチ回してあたらなーい。
マウントベースのネジを回してもあたらなーい。
あたし甘いものがやめられなーい。
(↑私はこのような女性に出くわしたことがないのですが)

まぁそこでシモンズスコープ買ったときについてた
リングマウント×2個が転がっているのを思い出し
均一な締め方になるよう注意しながら本体に固定。
目線が1cmほど低くなりましたが許容範囲です。

さてさて試射してみた結果…


僕にはまだ帰る場所があるんだ
こんなに嬉しいことはない


弄りあい・宇宙 完

  


Posted by ダブルジェイ at 04:58Comments(2)