スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年12月02日

スコープ

卑下っ!くしくし!僕マグ太郎(28)なのだ。
大好きなのはひまわりのた…

ちょちょちょ、これ着ぐるみですし、耳だって飾りなんで
ホラすぐ取れるで…え?いやいや、違う違うんですよ
そんな「SEVEN の最後らへんのブラッドピットみたいな顔」されても
正直リアクションしづらいというか、ぶっちゃけ別にひまわりの種とか
興味ないし、といいますかその9mmマカロフ弾を
ひまわりの種っていうのは無…わかったまずはその銃を降ろ…

ドウッ!ドウッ!ドウッ!

-----------------------------------------------
ノーマルか、アブノーマルの違いなんて
単なる多数決の問題なだけで、
どちらが幸せかと問われれば、当然後者である。
-----------------------------------------------

パラパラと雑誌をめくっていたら思わず
目に止まってしまったキャプション。
確信をつき過ぎて、なにかの真理に近づいてしまいました…うーむ(^^;

「もしかしたら給食のおばちゃんと呼ぶには
 少し気が引けるようなミセスだったりするのかも。」

オリジン弁当然り。歯科医助手然り。給食のおばちゃん然り。
顔の主要パーツをあえて隠すことによりにじみ出る
ミステリアスなエロシズム。私個人の胸は高鳴らずにはいられません。
その化学繊維の向こう側にはきっと黄金色に輝く
ヴァルハラが聳え立っていることでしょう。

本当はスコープのことを書こうと思ったのですが
ちょっとした別ベクトルで満たされてしまったので
次回改めて書くことにします(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 04:19Comments(2)

2010年12月01日

ワンオフ

最近とある科【禁則事項です】の話がきたのですが、
こなしているうちに懐かしい気持ちがふつふつとこみあげてきました。

今でこそ健康優良不良会社勤めみたいなギリギリの
立ち居地ですが、もうちっとだけ若くてとんがってた
(よりインドアな意味合いで)頃は個人でデザイン作成依頼を
ボチボチ承っていたんですよ。

あるときは企業ロゴ。
あるときはどこかの地方音楽イベントのチラシ。
あるときは女子格闘家のスパッツデザイン。
あるときはTVのアイキャッチ。
あるときは清掃会社の社名ロゴ
あるときはゲイバーの店舗ロゴ。

いわゆる六神合体ゴットマーズである。

デザイナーさんてハタから見ればお洒落なイメージですが、
私自身はものすごい泥臭い仕事や隙間の隙間みたいな
仕事ばっかやってました。
私自らの職種(触手と変換されて心が折れそうになった)を
デザイナーというのも、本気でその仕事に就いてる方々に
対してまっこと失礼だなぁと後ろメタファーに苛まれつつも
とりあえずおもしろそうな仕事は請けてました。

だってオサレな仕事よりもそっちのほうがおもしろそうなんだもん。
そもそも私(わたくし)オサレでクールなものとは無縁ですの。

覆面レスラーさんから衣装デザインの依頼がきたときなんか
「ぼくがかんがえたちょうじん」みたいな結果として
実際にリング上で暴れまわってるんだから、
いやはやこれはデザイン冥利に尽きるというかなんというか。

あげくの果てにはキン肉マン29周年かなんかのときのイベント用に
「超人オリンピック チャンピオンベルトを作るからデザイン復活させて」と
当時放送していたアニメの作画崩壊したスクリーンショット画像1枚を
手渡されて覚悟完了しないままヨーイドンした思い出があります。
画像とにらめっこしながら多分こうだろあーだろと
頭を抱えていた記憶があります。

今調べたらちゃんとイベントに間に合い飾られてたみたいですね。
あぁ~すごい懐かしい。

ワンオフという特性上、依頼者と製作者の間に
確固たる信頼関係がないと概ね事はうまく進みません。
お蔭様である種の香ばしさを嗅ぎ付ける嗅覚が
自ずと鍛えられたような気もします。

まぁ製作側も製作側でいろいろ考えるところはあるのですが、
一点ものの宿命か、ノウハウの蓄積に繋がりづらいところがあるので
時折、仕事の幅=作業の予測を見誤ることが多々あるんですよ。
でもまぁ結局それがトータルでいう蓄積なんでしょうけどね。

なかなか仕事を請けるのって難しいですね。
でも請けなきゃ仕事にならないですから…。  


Posted by ダブルジェイ at 04:20Comments(2)