スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年12月26日

今年のゲーム

仕事柄TVゲームに疎いとアレな扱いを受けるので
レビューで気になったものや、個人的な琴線に触れたものを
最低限プレイするわけです。まぁ手前が持ってる据え置き機って
XBOX360だけなんですけども。

んでまぁ今年やったゲームで印象に残ったもの

---------------------------------------
HALO Reach

前作ODSTがちょっと残念な出来だったので
HALO Reachもちょっと構えていたのですが、
いい意味で裏切ってくれました。ファイアファイト楽しいよファイアファイト
HALO1よりも前のお話でして、プレイヤーはマスターチーフではなく
第3世代スパルタン・ノーブル6を操作するわけですな。
ジョンソン軍曹が出てこないところが致命的ですが、
後半にコルタナがチラッとでてたりしてましたね。
スカラベは出てくるけど直接のぶっ壊しミッションがなく
ちょっとそこらへんが残念でした。

マルチで経験値稼いでジョンソン軍曹の戦闘ボイスを
ゲットした猛者共と一緒にファイアファイトやったときの
全員ジョンソン声プレイは相当のカオス。
---------------------------------------
Fallout: New Vegas

Fallout3のスピンオフ作品。Fallout3にどっぷり浸かった
私としては迷わず購入。相変わらずバグ&フリーズまみれですが
まぁそこらへんは愛でカバーするにしても山のコリジョンとか
ちょっと酷くねぇかこれ?と首をかしげたり。
普通弾と特殊弾の要素が追加になったけど正直ピンと
こなかったですねぇ。Fallout3では近接武器はほぼ空気でしたが、
今作では恐ろしい威力になってたのでそこはよかったです。

思ったよりもどっぷりはまらずサクッとプレイして終了。
勢力の概念もEDの紙芝居に反映されるだけだと思うと
無理してフラグ管理をややこしくしてるだけな気がしました。
それでもまぁこのシリーズ大好きですけどね。

どっかのカジノで客に性的サービスをこなせる奴を探して来いという
「さすがCERO Z」なイベントがあったのですが、よりによって
条件がグール(放射能で爛れたゾンビみたいなの)とか
ロボット(ロビーみたいな奴)だとかでこのシナリオ書いた奴は
相当頭がぶっ飛んでるなぁと己の器の小ささを改めて痛感しました。

でもやっぱ、オラはロビーみたいなロボットから
ピンクなサービスは受けたくないだよ。ギュインギュインいってたし
---------------------------------------
Red Dead Redemption

いわゆる西部劇体感箱庭ゲームとでもいいましょうか。
世代なのか、もともと西部劇にピンとこない私ですが
このゲームはそんな私でもとても楽しめました。これは予想外。
GTAシリーズだととりあえず車乗り回して街中で暴れて飽きて終了と
まともにクリアした記憶がないのですが、Red Dead Redemptionは
箱庭ゲームで唯一私がクリアできたゲームですよ。
ストーリーも非常に展開がわかりやすくルートに迷うこともなく。
とはいえ寄り道要素もあるので一方通行的な飽きもなく
非常にバランスがよいゲームだなぁと思いましたよ。

銃撃戦も熱いのですが個人的にヒットだったのは「縄」。
これで逃げ出した馬をひっ捕まえたり、賞金首を縛り上げたり。
挙句の果てには、ならず者たちから逃げ出した娼婦を
こっそり町外れまで追いかけ人気のないところで縄でふん縛り、
そのまま馬に担がせてお約束の地獄の【禁則事項です】旅行ですな。
まぁ最後は静かな森の湖に縛ったまま沈【禁則事項です】。

それなんてシリアルキラー?といわれそうですが、
あくまで多様なプレイスタイルの一例ということで。

おっと長くなってきたのでそろそろここらへんで~。  


Posted by ダブルジェイ at 02:24Comments(4)