スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年11月30日

サンダース

L96KWCA(かぼちゃワインカスタム・アハッ♪)を投入するも
うんじゃらけな結果に終わった前回の射撃会。
エアガンの性能じゃないんです。僕の腕が悪かったんです。

というわけで恒例のアレいってみましょうか(え?

せーーの!

ぷわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!(イントロ)



※ここぞというときはこの曲が脳内再生(すいません僕病気なんです)

曲の節目節目のカットインは

「パッキンをお湯にくぐらせての形状復元作業」

「瞬着がズボンにたれてカピカピの白濁汚れになりブルー」

「どっかにすっとんでいったスプリングを慌てて散策」

「結局見つからず、空の100円ライターを破壊してスプリングゲット」

といったような非常に地味極まりない私の姿をご想像ください。

実は射撃会当日にボルトアクション義兄弟のV.O.Gさんから
「使ってないのでどうぞ」とVSRの純正インナーバレルと
ホップパッキンを頂戴しちゃいました。やったー!ありがとうございます!
(後日マグ太郎グッズをプレゼントします。お楽しみに)

L96とVSRはパッキンの突き出し位置が違うようで、
交換することにより、軽度の初速ロスで効果的にホップがかかるとか。
というわけで早速交換して試射してみます。
このときの心境を一言で表現しましょう。

「あばば」

ちょ、ちょっと純正のパッキンとは比べ物にならない
ホップのかかりっぷり。気持ち弱めで試したつもりでしたが、
弾道はきーんと真っ直ぐかっ飛んでいきました。
自由に空を飛べるけどカラスの勘三郎じゃないってレベルじゃねぇぞ!

むむむ、もっと早くに試すべきでした。これは効果大。

インナーバレルに関しては後々の消音化大作戦用にキープ。
でも発射音というか7割はピストン打撃音なんだよなぁ。
さてさて今後どうなるものか。楽しみでもあり不安でもあり。  


Posted by ダブルジェイ at 04:48Comments(3)

2010年11月28日

炎のさだめ

一晩で名前変更の件を忘れていた下衆野郎です。

「架空銃はお好きですか?」

はい好きです。でもマルイ系はゴニョゴニョ。

デッカードブラスターやみんな大好きコブラ砲、
オート9にパルスライフル、ローギバーMkIIやセブロにX-GUN。
ヴァッシュの銃にコスモドラグーン。
GUN道ムサシの「ガン鬼の天」「ガン鬼の地」うおまぶしっ!

作品にピリッとアクセントをつけてくれる
ナイスな銃たちばかりです。

その中でも私が愛してやまないのが
装甲機兵ボトムズに出てくるバハウザーM571アーマーマグナム。
キリコがオーデルバックラーの装甲の隙間を
生まれ持ってのチートスキルで偶然ぶち抜いた極悪銃ですね。
サバゲでは跳弾はヒットとカウントされますんでまぁそこらへんは。

アーマーマグナムはガレージキットなどで過去に立体化されてますが、
発射機構があるものとなるとワンオフでも過去に例がないような。

「BB弾を撃てるアーマーマグナム」

でかい銃なんで銀ダンでもウィポポでも仕込めそうです。
でもガワがありません。本当にありがとうございました。
しかもリアカンだと装弾数4発という非常に目頭が熱くなる銃です。
だがそれがいい。

むせる!むせすぎる!十万石アーマーマグナム!

しかもこの銃をぶら下げてオレンジのツナギを着て、
肩にでっかいココナッツの殻をかぶせれば
あっという間にギルガメス軍兵士の出来上がりなわけです。

平野レミですらこのお手軽仕様には驚愕し、
レミパンに頭突きをして気絶=現実逃避をするでしょうな。

私(わたくし)、ハンドガンの知識がほとんどなく
現行品で「コレだ!」というものがあまりないのですが、
このアーマーマグナムだったら是非とも手に入れたい所存です。

さだめとあれば心をきめる。  


Posted by ダブルジェイ at 03:01Comments(3)

2010年11月27日

ドジっ子

予備マグを忘れるという大失態を犯したので、
次の催しまでは自戒を込めて名前を変更。

ジャン・ジャラ→予備之内マグ太郎

次こそは忘れないよう手にメモをとるってレベルじゃねぇぞ。

皆様方におかれましても第十八代・予備之内マグ太郎を
どうかお見捨てなきようご贔屓お引き立て下さいますよう
私より何卒お願い申し上げます。

次回の忘れ物は「開催日を忘れる」に1200ペリカ。

閑話休題

私というキャラクターエディット時に神様が
ドジッ子属性のパラメータを高めに設定したのか、
八街系の失敗が多いですの。

夏の射撃会時に冷却スプレーを股間に吹いたら
予想外な量が吹き付けられたので思わず「オォゥ!」と
ビックリしたところをバッチリ目視されて
「あぁ、そういう人ですか」と哀れみの視線で見られたり。

その昔

某「シャブンイレブン・Highな気分」のコンビニで深夜バイトしてた頃、

「どーみてもカタギの人じゃない」人たちが

「程よい重さで金属っぽいがする小包」をコンビニ発送で

「○○ビル内△△事務所」みたいな住所にお中元を送ろうと。

ドジッ子属性の私がよりによってそんな状況で
レジをすることになったらどういう化学変化が起きると思います?

ステージ1・荷物のサイズ確認 セーフ

ステージ2・荷物の重量確認 セーフ

ステージ3・届け先の住所確認 セーフ

ステージ4・到着日の確認 セーフ

ステージ5「元払いですか?着払いですか?」

「あぁ!?お中元だから
   元払いに決まってるだろうがぁぁ!」
        (仁義なき戦いのBGM)


いつオーラロードが開かれるかわからないものですね。

まぁ話すと長くなるのでとりあえずその話はここらへんで。

コンビニバイトといえば

2000円分の食材とエロ本を買いにくる巨漢さんがいたのですが、
エロ本フェイクするために2000円分の食材を買っていたのか、
2000円分の食材買うのが恥ずかしいが故の逆エロ本フェイクなのか。

考えば考えるほど迷宮入りですの。
  


Posted by ダブルジェイ at 02:48Comments(0)

2010年11月26日

雑記

ここ最近は「幻の6速で徐行運転」みたいなノリで
ブログ記事を書いてたのでちょっと一休み(^^;

ここ最近、やたら業者さんのブログ記事に
RSドラグノフの入荷案内が目に付くようになりましたね。
1stロット発売からおよそ2年程経過し、
欲しい人にはある程度は行き渡った感がする今日この頃。
今後もドンドン掃けるものなんでしょうかね~うーむ(^^;

取り扱い店舗とユーザーが増えることによって、
本体以外にも内部パーツの供給も安定してほしいところですが、
まぁそこらへんは今後の推移を見ていくしかないでしょうなぁ(^^;

Show me the way to you(Heavy metal !!)といわんばかりの
重量感からもはや「儀礼用」と化した手持ちのRSSVD。
変なことをしない限りは大きなトラブルもないと信じたいですが、
流石にスイッチ接点とタペットプレートは予備で購入済。

そのうち手持ちのものが不調になった際には
分解ついでに写真でも撮ってメカボ分解記録記事を
ちゃんと残そうと思っていますが、如何せん私本人の
使用頻度が低い且つ大事大事のナイルなトトメスでして
そもそも故障もクソもないという話…(^^;

重量や長さから決してサバゲ向きではありませんが、
実際にバリバリ使っている人もいるわけです。すごいなぁ

分解とメカボへのアクセスは比較的容易です。
メカボは独自設計ですがそんなに気負うこともないと思います。
社外のカスタムパーツは皆無ですが、
インナーバレルとパッキンはマルイ電ガンのものが使えます。
むしろ買った後の拡張性がない分、下手な調整による故障や
効果があるかわからないパーツへの投資も避けられるんじゃないかと。

純正インナーバレルをマルイAK47純正バレルへ交換。
純正パッキンをマルイパッキンへ交換。
純正ホップゴムをシリコンチューブへ交換。

これぐらいしかしてないのですが、
手持ちのエアガンの中ではポテンシャルが一番優秀。
射撃会の競技でもそこそこ当たってくれます。

まぁアレですよ、一番好きなヤツが一番使いやすいっていうアレ。

もし購入を悩んでいる方がこのブログをみて
なにか参考になれば幸いです(^^

  


Posted by ダブルジェイ at 03:29Comments(0)

2010年11月25日

射撃会に行ってきました

【今まで一番怖かったことを教えてください】

神楽坂の個室トイレに入ったら
大量のメイド系エロ漫画と大量のクリスタルカイザーが
散乱してた時ですね。

というわけで勤労感謝の日は戦民思想さん主催の射撃会に
行ってまいりました(^^


とりあえず私はマルイL96でエントリー。
30m射撃で10発中5発命中という
うんじゃらけな結果でした(^^;
着弾したペーパーターゲットを見てみると
ほぼ半分より上目に当たっておりまして、
着弾していないものはすべて的の上をすっ飛んでいったご様子。
明らかにサイト調整とホップ調整のミスですね。
でもなんでかなー?なんでかなー?と煮え切らない
疑問が残っていたのですが、答えは過去記事にありました。
というわけでちょっと前の記事より抜粋。

>35m辺りの的にクロスラインを重ねて…

ああ…、+5m先を狙う仕様のままでした(^^;

このほかにも「要・予備マグ」のアナウンスがされてたにも
関わらず、当日忘れてたどころか買ってもいなかったというポカ。
帰りがけに岩槻のタムタムでL96の予備マガジンを買ってきました。
次回からマグチェンルールが無くなったら涙目(^^;


今回の個人的主役銃、でん氏所有のKTWのエアコキM79。
専用カートに弾を入れて中折れ装填時にコッキングされて発射という
変態的ギミックを持つニクいあん畜生です。すんごい重かった。


なぜか妙な違和感を感じて、ついつい撮ってしまった
セーフティー内での1コマ。大地割りそそり立つ姿 正義の証か
(個人の解釈にお任せ致します)


ちょーっとわかりづらい写真ですが、APS/L96/VSRの
三銃士もといメリー・アン畜生なアルフィー記念撮影。


第3ステージが始まるや否や、
2階から他の人の射撃風景を観察するなま氏。


同じ被写体を正面から激撮した結果がコレだよ。


兵どもが夢の跡。毎度おなじみ集計終了後のセーフティー。
やはりこうしてまったりと情報交換の場があるのは
いいことですね~…あれ、なんかFET屋さんが泣きそうになってる(^^;

というわけで楽しい楽しい射撃会でした。  


Posted by ダブルジェイ at 04:23Comments(6)

2010年11月19日

射撃会

「40秒で支度しな!!」

11/23の祝日は戦民思想さん主催の射撃会でして
類にもれず私もL96(遺伝子組み換えでない)を引っさげて
エントリー予定です(^^
 
べ、別にアンタのために箱だし状態から
ちょっと手を入れた訳じゃないんだからねっ!

詳細はこちら↓
http://wildey.militaryblog.jp/e171655.html

開催場所は千葉のインドアフィールドSPLASHです。
普段エアガンを撃つ機会に恵まれない方にこそ是非来て欲しいですね。

あ、別にそうでなくとも「我こそはチャック・ノリス」といわんばかりに
2丁M11ライクな方も是非きてください。お断りする理由がありません。

同時にARES製WA2000の試射会も催されるっぽいので
是非その目でその腕でWA2000のスピリットを体感してください(^^;
わからないことがあったら展示場にいるパニオンギャルに
いろいろと質問してみると優しく答えてくれると思います。

というわけで以上射撃会の告知でした。
  続きを読む


Posted by ダブルジェイ at 05:16Comments(6)

2010年11月18日

L96ホップアーム

なにをどこで間違えたのか尻にサイレ(ry なトイガンライフを
送るはめになったのでいよいよ3rdシーズンに突入ですよ。

前々回あたりの記事でL96ちょこっと改修を行い
ようやく試し撃ちをしてみるとちょっとアレな感じでした…(^^;

まぁなにがアレかっていうとホップアームに貼った板ゴムの
厚みがありすぎて、クリック0の段階で既に鬼ホップとなり
それ以上ホップダイアルを回すとただの抵抗にしかならないという
せっかくの可変ホップ涙目みたいな状況(^^;

1mmの厚さだと押さえが効きすぎるわけですね。

L96のホップダイアルは21クリックありまして
箱だしのまま(0.25使用時)だと後半18~20クリックぐらいが
適正ホップなんですが、もう少しホップ調整の幅があっても
いいかな~と思いホップアームにゴム板貼ったわけです。

が、まぁ結果は既に記述してあるとおりでして
クリック0で鬼ホップって調整なんてレベルじゃねぇぞ。
35m辺りの的にクロスラインを重ねてトリガーを引きましたが
的の頭上を大きく超えてヒューンと飛んでいくBB弾の軌跡を
スコープ越しに確認しました。パターン青!使徒です!!
既にスコープのエレベーションはMAXまで上げている状態ですが(^^;

解決方法としてはゴム板の厚みを薄いものに変えてあげれば
いいのですが、そんな都合のいいものはなかなか転がっていません。
アルミテープでいいかと思い貼ってみるとアームの押さえ
面積が小さくなかなかうまく粘着してくれません。キーーーーッ!(^^;

仙道「まだ慌てる時間じゃない」

ふと引き出しを開けると、以前の職場でもらったクリアファイル発見。
この薄さ、このしなやかさ、この加工のしやすさ…採用ですわお姉様!

こういった偶然の出逢いがジャン・ジャラのトイガンライフを支えています。
アジシオバトラーキャップが何故この世に生まれたのかも
皆さんもご理解いただけたことでしょう。つまりはそういうことなのです。
まぁその後使ってないですけどね。

ハサミでチョキチョキしたクリアファイルという夢の残骸を
2~3枚張り合わせ0.5mmぐらいの厚さまで稼いだら
ホップアームに接着して終了。

やたらダラダラと書いてますが本当に大したことは
してないんですよ。30手前の無精髭姿の男が
クリアファイルを猟奇的に切り刻んでるだけです(^^;

……屠所のブタのように…青ざめた面にしてから
おまえらの鮮血のあたたかさを、あぁぁ味わってやる!
絶望ォーーーに身をよじれィ虫けらどもォオオーーーッ!! みつお  


Posted by ダブルジェイ at 05:48Comments(3)

2010年11月16日

ペーとデーモン

攻殻機動隊 と打ちたかったのに
好角機動隊と変換されて腰が砕けそうになったジャン・ジャラです(^^;

相撲が好きなだけで機動隊に入れると思うなよ!!
てっぽうっていっても突っ張りの稽古のほうだからな!!

そうそう

職場の後輩さんに「○○君は五時から男だね」と冗談めかしたら

「へ?なんすかソレ???」と真顔で返されてしまい
地味におちこんだりもしたけれど、私はげんきです。



そうか…知らないか。いや、なんでもないんだ。

油断してたら前回の記事から1週間経っていました。
仕事が忙しいわけでもなく、ただ単にXBOX360の
Fallout: New Vegasに夢中だったというオチです(^^;

13日当日はCIMAX組さんたちにトラブルが起こりませんようにと
お祈り&水行を敢行しましたが効果はいかほどだったのでしょう(^^;

ん?ピスクラ?ギア破損?FET暴走?

いやいや、まさかまさ…ちょっ、それマルイのショートサイレ…
消音効果のテストとかいや無理ですって!そんなのブチ込まれたら…

アーーーーーーーーッ!(従来比約1/10の消音化に成功)

閑話休題

いやいや、その間もボチボチとエアガンのことを考えてたんですよ。
(なにか一線を越え、悟りを開いた表情)

どっかにVSRの純正パッキンが落ちてないかとか、
どっかにVSRの純正インナーバレルが落ちてないかとか、

上記二つともL96に絡んだことなんですが、
L96のパッキンとVSRは互換性があるとのことで
HOPのかかりや形状の差異を確認したいが故。

インナーバレルに関しては気が向いた時にでも
L96の消音化とかをやってみるのもまた楽しみができていいのかなと。
私は基本「的当て野郎.com君」なので特に気にしてないのですが、
VSRと比べるとあからさまにデカい音で有名なL96らしいので。

まぁ、ちゃんと聞き比べたことがないのでアレですが
多分ボルトアクションにしてはかなり派手な音なんじゃないかと。
いわれてみれば思いのほかピストン打撃音がでかい気がするので
エアブレーキ導入も考えてはみたものの、
ただでさえ初速の低下が著しいチャンバー周り
(HOPの掛かりが弱いので強めのクリック仕様)との
相性はあんまり宜しくないのかなと保留中。

ここはVSR純正パッキン移植に期待したいところです(^^;

そもそも素人調整で天下のマルイバランスが破綻したら
それこそナチュラルボーンデチューンというか
ナチュラルボーンひぎぃっ!みたいなオチに柔道一直線なわけですね。

中華銃は手を入れてあげれば概ね良好な結果に繋がりやすいですが、
国産のマルイともなると弄るところも限られてくるので、
下手に手を入れすぎないよう我慢我慢のジョン・トラボルタが
焦点になってくるのですよ…個人的に。
(我慢我慢のチャンドラグプタも同義語)

下手な鉄砲は数撃てば当たるそうですが
下手な調整は数打ってもネジ山つぶすだけです。
ネジ山つぶすだけならいいですが、
本来のポテンシャルもぶっ潰しかねません。よくあるよくある!

メーカーの謳い文句やお店の受け売りも否定はしませんが、
結局、自分で実感しないと次に繋がらないですからねぇ。

というわけで皆さんご一緒に…

5時から男の グロンサン!!!  


Posted by ダブルジェイ at 05:07Comments(4)

2010年11月07日

L96 マガジンちょこっと加工

前回に引き続きL96のちょこっと調整「マガジン編」です。


実物と比べてなぜか長い形状はさておき、
一番の問題は弾込めのしづらさ…(^^;

40発入るのですが、次第にバネのテンションも固くなり
25発以降なんかは10円玉をガイドにしてぶち込む勢いです(^^;
BB弾にもマガジンにも精神的にもよくないのでどうにかならんものかと。

そもそも入り口付近でどうにもひっかかる感じがしまして、
ネットで調べたところ先駆者の方が給弾ルートの加工をされており
私も類に漏れず試してみました(^^


「おやおや、定期健診はまだ先の予定だったが…。
 自らこんな恥ずかしい格好を好んでするとは流石の私も予想外だ」

とりあえず分解してみました(^^;
他のマガジンと比べてやたらネジが多い印象。


加工前/デフォルトだと赤線のような給弾ルートですが…
タイトすぎて装填時にいささか詰まり気味になりやすいという。


加工後/なので緑線のように若干膨らみをつけるように削ります。
この部位は樹脂パーツなのでカッターと紙ヤスリで加工可能ですが、
できればリューターで綺麗に仕上げたほうがより効果的かもしれません。
(マイリューターを持ってないジャン・ジャラ涙目)

気になる結果は如何に!?

「あのL96マガジンにローダー経由で40発すべて入った」

加工前の理不尽な固さというか抵抗を知っている方にしか
この感激はなかなかつたわりづらいですね…(^^;

これでマガジンにもBB弾にも負担をかけることもなくなりました。
15~20分くらいあれば終わってしまう簡単な作業なので、
L96のマガジンに泣かされている方は是非オススメしたい加工です。

(※あくまで自己責任でお願いします…(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 23:42Comments(12)

2010年11月05日

L96 ちょこっと

いろいろネットで下調べをしてみると、
箱だしのままで使うとうんじゃらけな所が多々ありまして、
軽い調整も兼ねてL96を分解してみました(^^;


「恥ずかしい格好だな。本当に唯の健康診断だと思ったのか?」

ボルトアクションなので分解が簡単(^^
ストックとアクション部はネジ3本外せば分離可能です。


ボルトハンドルの一部が本体側と干渉してしまうので
赤丸の箇所を予めヤスリで削っておきます。
削った箇所はブルーイングで黒く染め直しておきました。


チャンバー周りの写真。
アウターから引っこ抜くときに小さくて細いスプリングが
2本飛び出るので十分に気をつけください(^^;
このスプリングはBB弾の逆流防止用パーツの一部なのですが、
私は1本ダメにしてしまい100円ライターのスプリングを代用(^^;

寒くなるとパッキンが硬化しやすいそうので
おまじない程度に外面にシリコンスプレーを塗布します(^^
パッキンはVSRのもの使えるそうなので、
いずれ試してみたいですね。


チャンバーブロックのシリンダー側をヤスリで削っていきます。
といいますのも、L96はブロックとシリンダーの間にクリアランスがなく
ピストン打撃時の衝撃がマグでプル且つダイナミクスに
チャンバー側へ伝わってしまい射撃に影響が出るとか。

私はそれほど撃ってないので未確認ですが、
ヘビーユーザーの方の写真をみたところピストンが
直接当たって出来たと思われる凹み傷がありました(^^;

とりあえずこれも「転ばぬ先の杖」で処理しておきます。


ちょっとわかりづらいですが、ホップアームの写真です。
L96はホップのかかりが弱いため、025以上の重量弾を
使いたい場合等はアームを加工する必要があります。

といったわけでガンジニアさんのサイトに書かれていた
加工法を参考にさせていただきました。

赤丸内0.5mm~1mmのゴム板を用意し、
黄色内のホップ押さえ箇所に瞬着等で貼り付けて厚みを増やします。

せっかくなのでノーマルのマルイ黒押しゴムから
緑丸内の医療用シリコンチューブ(1mm×3mm)に交換してみました。

この他にもインナーバレルの芯出しやマガジンのルート加工を
行いたかったのですが、ここで一旦タイムアップ…(^^;

このl96は対大人を銘打ってますのでなるたけ予算を割かず、
社外パーツも精々バレルスペーサーぐらいに…。

次回射撃会に向けてチビチビと進めて行こうと思います(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 03:32Comments(9)

2010年11月03日

ぎたいっこ

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」

え?いきなりなんだよって顔してますね。わかりますわかります。

ふと私の近しい方々の所有してるエアガンを頭のなかで
つらつらーっと並べてみた所、ふと気づいたことが(^^;

P90
G3
WA2000
SVD

いわゆるガンスリンガーガールですね。

こんばんは、ジャン・ジャラです。ふらっと立ち寄った
お蕎麦屋さんのガス爆発事故に巻き込まれ義体化しました。
担当官のお好きなように「条件付け」してください。
無精ひげはそのなんていうか、健康的なお色気っていう…
すみません、バッチリ眉間に照準を合わせているその銃を
どうかお収めください。


とあるルート(ただの通販)で入手した医療用シリコンチューブです。
入手自体はかなり前だったのですが、記事にするのを
すっかり忘れていました(^^;

医療用とはいっても具体的な使用例がわからないのですが
尿道とかに突っ込ませて悦に入らせ、ホメオパシーを期待したり
するんでしょうか(^^;


袋から出してみたところです。

2mm(内)×3mm
1mm(内)×3mm
1.5mm(内)×2.5mm

といった感じでそれぞれ内径と外径の組み合わせに
若干の違いがあります。


実はホップパッキンの押しゴム代用品として
シリコンコード、虫ゴム、燃料チューブ以外にも
この医療用シリコンチューブも使えないもんだろうかと思いまして
しばらく前に仕入れてみました。

これをぶっこんでる手持ちのエアガンはRSSVDのみですが、
最初は2mm×3mmの柔らかめのシリコンチューブを
押しゴム代わりに使ってみたところ
いまいちホップのかかりが安定せず、特にエレベーションが不均一でした。

というわけで今度はやや固めの1mm×3mmの
シリコンチューブをぶっこんだところ、私のSVDと
相性がよかったのか、遠近問わずそこそこ当たるようになった気がします。
ここで満足してしまったので1.5mm×2.5mmのほうは試してません(^^;

1J以下だとパッキンと同じく押しゴムも柔らかめのほうが
ホップが安定してかかりやすいと聞いたことがありますが…
今回のような結果に至った理由はわかりませんし、
ちゃんとそれぞれのグルービングもとってないので断言はできません。
あくまで気分的なところが大きいかも(^^;

RSSVDに関しては社外パーツ、流用可能な内部パーツも
ほぼ皆無な状況でして、手軽に弄れそうな所もかなり限られてきます。
私がやったことといえばメカボの再グリスアップ・組み付け直しと
インナーバレル&パッキン交換ぐらいです。

インナーバレルはそこらへんに転がってたマルイAKのもの。
パッキンもそこらへんに転がってたマルイのもの。
他になにかすること(手軽に)あるかな~と考えた結果
押しゴム交換ぐらいしかパッと思いつきませんでした(^^;

むしろ安上がりな調整でそこそこの効果がでたので
これはこれでよかったというべきでしょうか(^^;

社外パーツの無さに泣かされたり、弄れるところが極端に少なかったり、
やれることやっても駄目だった場合のときは
押しゴムもいろいろ変えてあげると相性や組み合わせ次第によっては
化けてくれるかもしれません。なによりもお手軽ですし(^^

問題は手持ちの在庫が1mづつの切り売り購入だったので、
おおよそすべては消化しきれないだろうな~というところ。
もし押しゴム交換の効果に興味がある方がいらっしゃいましたら
射撃会のときにでもお試しサイズで少しお譲り致します(^^;
  


Posted by ダブルジェイ at 05:10Comments(0)