スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年07月18日

56-2 塗装編

前回の続きでRS56-2の塗装記事をば。

塗装ブースを作ったら猫に邪魔されたところで終了でしたが
決して心が折れたわけではありません(^^;

パーツ洗浄(脱脂)

完全乾燥(放置プレイ)

スプレー塗装

完全乾燥(放置プレイ)

トップコート塗布

完全乾燥(放置プレイ)

概ね塗装の流れってこんな感じだと思いますが
今回使った染めQも類に漏れず流れは一緒です。

もともと染めQはレザーや布製品向けの製品なんで
プラスチックなどの樹脂製品には別途専用プライマーを
塗布してあげる必要があります。

今回私は実行しませんでしたが、
場合によってはペーパーがけして表面を若干荒らして
あげるとさらにいいかもしれませんね。

染めQプライマーですが、
てっきりプラモのサフみたいにグレーやら白やらの顔料が
含まれてるかと思ってましたが、なんと無色透明でした。

暗い色から明るい色に塗る(染める)場合は
必然的に下地色も用意してあげる必要があります。
ベースコート(クリーム色)をプライマーとは別に売っている
ところにビンビンと商売っ気を感じます(^^;

今回は暗い茶色に染め直すので
ベースコートは塗布してません。

両面テープで割り箸を貼り付けて持ち手を作成。
早速ですがブシューっと樹脂パーツを塗装です。



お祭りで売ってるチョコバナナみたいです(^^;
写真だと茶色味がちょーっとわかりづらいですね。
現物はもう少しコーヒー色してます。

ちなみに色は染めQのエスプレッソブラウンを使用してみました。
もう1トーンぐらい明るくてもよかったです。

染めQの乾燥時間はかなり早いです。
説明文には20分ほど放置すれば触ってもokと。
まぁ若干ベタついてるんですけどね。

このまましばらく放置し、表面のベタつきがなくなったら
トップコートを塗布します。

というわけで天気がいい日に
庭の一部に場所移動させて乾燥。

そういうときに限って近所のおばあさんが話しかけます。
一番苦手なパターンです。

「あらーなにしてんの??」


「え、あ、いや、乾燥を、えーと(^^;」


「なんか塗ったの??見せて頂戴」

「え、あー、いや、そのなんていいますか(^^;」

「綺麗に黒く塗れてるじゃない」

「正座しろ」

トップコート塗布に関してはまた次回(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 18:38Comments(0)