スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年06月27日

忘れ物のなきように

日曜日は戦民思想さん主催の射撃会へ参加予定なので
忘れ物がないか荷物チェックです…ちょっとした遠足気分(^^;

●忘れたら洒落にならないエアガン本体
 (忘れられるわけないだろおおおおお - 寄生獣より抜粋)
●忘れたら洒落にならないBB弾(G&Gバイオ0.25/0.28)
●バッテリー(ニッ水ウナギとニッカドウナギ)
●シューティンググラス
●予備マガジン
●工具
●長い重いSVDを担いでいく気合

最後が特に重要です(^^;

銃の中身が前回から変わったところといえば、
インナーバレル交換とホップパッキン交換ぐらいしかしてません。

あと今回はG&Gバイオ0.28を導入してみてみます。
いい結果につながるとよいのですが…(^^;

前回はエクセルの0.25使ってたのですが、
強めにホップをかけるとレティクルの最大エレベーションを
軽~く超えてしまったので(^^;

飛び入り参加もOKなので興味のある方は是非。
(詳細は上記リンク記事よりご確認ください)

私は雨で心が折れたらAK持って行きます。


いやしかし、


長いブツを持ってたらコンパクトなブツも欲しくなる。

折り畳みストックに惹かれてAKMSか56-1式が欲しいなぁと思い、
節約&500円玉貯金モードに切り替えてはや一ヵ月半。

もっぱらペアでヤングなソース焼きそばと
仲睦まじい関係になってきました。

そんなこんなでここ最近新たに候補に上がってきたのが


「GALIL SAR」


ガリルといえばまず思い浮かぶのが軽機関銃版のARM。

ワイヤカッター&栓抜き付パイポッド
ざっくばらんな木製ハンドガード。
AKの流れを組む無骨なシルエット。

痺れます。

いやそもそもコンパクトな銃が欲しいっていってんのに
なにARMの資料ページみてるんだ(^^;

違う違うそうじゃない。

ガリルのカービン仕様SARも捨てがたいのです。

KING ARMSからSARの電動ガンが出てるみたいですが
あまり国内のレビューを見かけたことがありません。

所有している方がいらっしゃいましたら、
是非とも感想をお聞きしたいところです。

----------------------------------------------------------------------------
最近みた動画

●Part 1 - RS Type 56-1 AEG Review and Crush Test ↓
http://www.youtube.com/watch?v=1SeTyfqfruQ

●Part 2 - RS Type 56-1 AEG Crush Test
http://www.youtube.com/watch?v=LxsnfFB-lo0&feature=related

トイガン相手に無茶するなぁ~。もったいないです(^^;


  


Posted by ダブルジェイ at 03:25Comments(0)

2010年06月21日

見返り擬人

ちょっとミリタリーとは関係ない記事です(^^;

今にはじまったことではないですが
ふと目を向けるといろんなものが萌え擬人化されております。

備長炭やコンビニや鉄道、最近だと探査機はやぶさ、
どこぞの需要なのかと疑問を抱くスティックのり…そして国。

く、国!?!

なんだ?!あ、あふがにすタンて?!?
え?!4コマ漫画???

そういえばチャンネル回してたら
大江戸線の駅が美男子になる深夜アニメを
一回観た記憶があります。
ホストっぽい人が「俺は新宿!」っていってました。

そのうち自動お掃除ロボットルンバとか擬人化されそうです(^^;
トーカ堂の北社長が「可愛いでしょ?可愛いでしょ?」って
テレビ通販で連呼してましたし。

エアガンでもバッテリー周りを擬人化すると
人によってはある意味とっつきやすくなるかもしれないですね。
それぞれに一長一短があるんでキャラづけしやすいかも。

ニッカドたん
ニッ水たん
リポたん
リフェたん

リフェたんなんか「オーホッホホホホ!」といいながら
ロールスロイスから颯爽と登場しそうです…(^^;
バッテリーの特性っていうか…なんていうか。
すいません、勝手なイメージでした。

私はニッカド・ニッ水しか使ったことないもので(^^;

リポとかどんなキャラになるんでしょう…。

この記事を書きながら「バッテリー 擬人化」で検索したら
オキシライド電池たんが見つかりました。
さすがは黄金の国ジパング(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 00:32Comments(2)

2010年06月16日

RS ドラグノフについて その3

途中でAK・MDKの話(前回記事参照)を挟んでしまいましたが
RSドラグノフについてその3です(^^;
今回は写真なしです。バタバタして撮り忘れちゃいました。

ある日立てかけてあったSVDに手をかけるとストックがカタカタ。
「おや?ネジがゆるんでるのかな?」と思いながら根元を見ると

根元付近にクラックが…(^^;

もともとレシーバーとストックの固定は
2本のネジのみ(しかも1本はタッピングネジ)という
ちょっと不安を拭えない仕様だったのですが…。

そんなに締めすぎた記憶もないんですけどね~何故(^^;

考えてもしょうがないのでとりあえず木工用ボンドを
クラックに摺りこんだ後クランプで挟みがっしりと圧着。
念のためメカボを外し、ストック内側を覗いてみると
タッピングネジ穴周りとグリップ内側にもクラックが(^^;
これもボンドで補強後、クランプで挟み圧着。

これほど100均のクランプが頼もしいと思ったことはありません。
私が女だったら100均のクランプに恋愛感情が芽生えてます。
いわゆる(ウッド)ストックホルム症候群ってやつです(^^;

冗談はさておき、今思えば木工用ボンドじゃなくて
エポキシ系接着剤の方がよかったかもしれませんね…。
とりあえず手元にあったもので済ませてしまいました。

ついでに2本の固定ネジそれぞれにもネジロックを塗っておきました。
今はガッシリとレシーバー側に固定されております。
(調整やメカボ取り出しの際にストックを外すことはないので気にしない)

2発給弾やメカボパーツの破損は構えていましたが
ここにきてストックのクラックは予想外のサプライズでした(^^;

まぁこういうのも木製パーツの性といいますか
こんなドタバタも思い入れや愛着深めるアクセントとして
前向きに考えることにします(^^;

この記事をみて気になった方がいらっしゃいましたら、
念のため手持ちのストック周りにクラック(もしくは兆候)があるか
見てあげた方がいいかもしれません~。
ネジ止めは慎重に><
  


Posted by ダブルジェイ at 02:37Comments(0)

2010年06月12日

節操なし再び



いきなり変てこな写真です。
なんだこの顔みたいなモノは…(^^;







手持ちの節操なしAKのレシーバーでした。
赤丸で囲んだ部分がマヌケな表情に見えたものでして(^^;

節操なしAKの過去記事こちら↓
http://janjara.militaryblog.jp/e105757.html



ランカ「私は歌手になりたいの!」

プラストックのまましばらく放置してたんですが
最近イノカツのマルイAK用ストックが手に入ったので
変えてみました。



写真をみて「なにこれ?」と思った方…わかりますわかります。

レシーバーとマズルはAKM
フロントサイトとスリングスイベルはAK47
マガジンは56式
ハンドガードやストックはAK74

節操なしっぷりに拍車がかかりました。

たまたま74ストックが半額セールでポツンとしていたので
引き取ってまいりました。

最近では様々な中華メーカーから精度の高い
AKバリエーションがでているのですが、
「マルイAK用キット」となるとあまり見かけません。

むしろマルイメカボ&チャンバーを中華に移植する
ほうが主流ですし…(^^;

マルイ47ベースで継ぎ足し継ぎ足しで
そのうちAKMっぽいのができればいいなーと
思っていた結果がこれです。

今となっては素直にコンバージョンキット買っとけよって
話ですが、まぁそのなんというかごめんなさい。



↑ストック

74の特徴である窪みがありますね(そりゃそうだ)
本来はスイベルがストックにネジ止めされてるのですが
オミットされてます(多分レシーバーのほう使えってことで)
固定ストックですがウナギバッテリーしか入りません。

でも気にしない気にしない



↑バットプレート
ギザギザの凹凸があるタイプです(そりゃそうだ)
ネジ止め式なのでバッテリーの出し入れがちょっと手間です。

でも気にしない気にしない



↑ハンドガード
これも47と違い滑り止め用の突起がついてます(そりゃそうだ)
ハンドガード基部とキャップの間に隙間がありカタカタしちゃいます。
なのでハンドガード側にエポパテ盛って整形して調整。

全体的にしっかり作られていて、それなりに綺麗なんですが、

「AKに綺麗なストックは贅沢だ!!ボロボロでなんぼだ!」

ということで酷使してガビガビにしていきたいところです(^^;

しかしこれ、銃の種類聞かれたらなんて答えればいいんでしょう?

AK47でもなしAKMでもなし、ましてやAK74でもなし





AK・MDK(モドキ)でしょうか(^^;


中東の写真でたまに見かける変てこAKみたいな感じで。  


Posted by ダブルジェイ at 22:55Comments(2)

2010年06月06日

RS ドラグノフについて その2

ご無沙汰しております。
前回の記事から少し間が空いてしまいましたが
RSドラグノフについてその2です(^^;

その後インナーバレルをAK用のものと交換し、
パッキンをマルイのものに変えました。
CA版では柔らかいパッキンに変えると2発給弾が
発生するとかしないとか聞きますがRSはどうなんでしょう。


↑私が購入したRSドラの刻印

ちょっとわかりづらいですがRS002977と刻印されてます。
RSはのべ何本SVDを作ることになるんでしょうね(^^;


↑マガジンを抜いた本体とチャンバー周り

強力なバネがマガジンキャッチに入ってるようでして
マガジンが鬼のように硬くロックされ着脱に少し梃子摺ります(^^;



↑マガジン

96発装弾可能なスチールマガジンです。
マガジンも本体にあわせてツヤ消し処理されてます。
CAのマガジンとは互換性はないです。


↑チークピース

黒板消しみたいなチークピースです。
A&Kのものは取り付け金具が貧弱で今にも
ぶっ壊れそうでしたがRSはキチンと作られております。


↑チークピースでちょっと意外だった箇所

おや!?と思ったチークピースの傾斜。
片側に偏った状態クッション部分が取り付けられてます。
左利きの場合は前後向きを変えてつけるんでしょうかね(^^;
実銃もそういうものなのかな~~??


↑マガジン比較

左が本体に同梱されていたマガジンで
右が単体で購入したマガジンです。
ツヤに大分差がありますね~(^^;

さわり心地もけっこう違ったりします。
単体版はオイルが効いてるのか若干ヌメヌメしました。

最近入荷したとのことでマガジンをポチったのですが
単体マガジンの処理は対応していないのかな???
それともたまたまなのか???

いずれにしろ私は特に気にしてませんが、
気になる方は購入前に確認したほうがいいかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------
べ、別にアンタのためにツヤ消しにしたんじゃないんだからね!
き、気に入らなかったらオ、オイルで磨けばいいんだからね!
せ、専用のオイルだってあるんだし!
オ、オイルって今いやらしい想像したでしょ?!
--------------------------------------------------------------------------

みたいな感じがRSの見解らしいので
そんなツンデレ対応も男ならば正面から受け取るのも
アリではないかと思います(RSさんごめんなさい)

とりあえず私は錆び止め程度にマルイから出てる
シリコンメンテナンススプレー吹いて古いシャツでフキフキしてます。
ものによっては樹脂パーツを侵す成分が入ってる
ものもあるらしいので「プラスチックを侵さない~」という
うたい文句でマルイのものを使っているだけです。
といってもまぁマガジンを除くほとんどのパーツが金属なんですが(^^;

それこそテッカテカにしたい場合は銃砲店とかで
専用品のガンオイル買ったほうがいいかもしれません。

とりあえず

金属パーツが多く、エッジが鋭い箇所があるので
扱う際にはくれぐれも怪我には気をつけてください。

私だけだと思いますが、
ホップ調整用にダミーボルト開きながら
ホップダイヤルをクリクリ回してた際、
手が滑ってダミーボルトが前進し指の皮をベロッと
削がれてしまいました(^^;

長くなったのでここらへんで。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。  


Posted by ダブルジェイ at 23:33Comments(2)