スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年02月28日

レンズキャップ


前の記事でも書きましたが、私が所有している
A&Kエアコキドラグノフには、RS製のPSO-1M2タイプの
スコープをのっけております。

スコープやドットサイトの悩みの種は
BB弾によるレンズへの被弾。
買ってウハウハ、ゲームデビューでパリーンなんてことも(^^;

類にもれず私も悩んでおり、なんかいいものないかなと
考えあぐねており。

まぁ、いざとなったらPSO-1用を
自分で作ればいいかなと思っておりました。



そんなある日、食卓にあるアジシオ(味の素)に
ふと目が止まりました。


「ワンタッチキャップになりました」だと!?


まさかとは思いましたが、径がピッタリです(^^;
キャップの内側にビニールテープを1/3周貼れば
さらにキッチリはまります。取り外しもスムーズです。


開閉式です。アジシオバトラーキャップ…(^^;
これはキてますね。ブログ主の頭の悪さが如実にでております。

肝心の視認性ですが…


これもまさかとは思いましたが、見えます(^^;
塩が通る穴がピンホールメッシュみたいな役目を果たしております。

全体的に青みがかった感じですが、
日中の屋外だとそんなに気にならないのかも。


全体図です。
やはり水色が目立ちます(^^;
マズルキャップの赤といい勝負です。

黒に塗っちゃえばいいですが、
染めQやポリカーボネート用の塗料でやるのが吉かも。
塗膜が硬いと、キャップ開閉時に塗膜がパリパリ割れそうで。

開閉なんかいらねーよって人は蓋をぶったぎって、
脱脂→サーフェーサー→ラッカーガンメタスプレー とかでもよいかと。
若干サンドペーパーで表面を荒らしておいたほうが
塗料の食いつきがいいかもしれません。


キャップを閉めるとアジシオの自己主張(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 19:04Comments(4)

2010年02月27日

選ぶ基準

「エアガン持ってるんですって?ちょっと話聞かせてくださいよ」

警察の事情聴取ではなく、知人からお声掛けです(^^;
といったわけで知人のお宅にお招きされました。
知識と呼べるものもないのですが…。

「私も欲しいんだけどなにがオススメなんでしょ?」

なにが目的かでだいぶ違ってくるんじゃないかと(^^;
いや、でも「とりあえず欲しい」っていうのも、まぁわかる話です。

「好み」というと1秒で会話終了してしまいますので
まぁそこらへんは少し織り交ぜながら。

とはいえ私はマルイのAKとエアコキドラグノフしか
所持していませんし、他との比較をしたことがありません。
私は何も考えずシルエットで選んだので、知人とは入り方が真逆です。

そう考えると、こういう場合の選ぶ基準てなんだろうな?と

価格?
エアコキ?
ガス?
電動?
箱出し時の性能?
メンテナンス性?
社外パーツの豊富さ?
拡張性?

なにがよくてなにが駄目なのかなんてのは
その人の主観じゃないとわかりかねるところがあるので
結局は「…まぁ、好みじゃないですかね」と。

とりあえず…欲しいと思ったときが吉日生活です。
なんにせよ好きになったらなんでも許せるものなのかも…といったら
「既婚者にその発言は残酷ですわー」とお言葉をいただきました(^^;

まぁ、いろいろあるんでしょうね…

軍事費度外視でRSドラグノフかRPG-7買ってくださいと冗談でいったら
「それこそ嫁さんと戦争になりますよ~」と即却下。

すいません、私が欲しいだけでした…
なかなか手が届かないもんでして(^^;

私の浅い話が参考になるかどうかはわかりませんが、
そのうち「コレだ!!」っていうのが見つかればなによりです(^^  


Posted by ダブルジェイ at 17:00Comments(2)

2010年02月26日

集会?

今日はミリタリー関連ではなく近所のコンビニについて(^^;

自宅から2分圏内にコンビニがあるので
夜食やらタバコやらでちょくちょく利用していますが、
結構な頻度で「某ボーカロイド」の痛車が停まっており。

店内でガンガンに「某ボーカロイド」の歌が流れているので
おそらくアルバイトさんの通勤カーなんだと思います。

見かけたのは去年の夏頃ですが、
季節を追うごとにステッカーの枚数がどんどん増え
パワーアップしていました。

たまーにですが、仲間が遊びにくるのか
コンビニの駐車場に4台の痛車が停まっていたり…(^^;

むかーし見かけたVIPカーの20台程の集会に負けず劣らず
4台の痛車の集会もまた違ったインパクトがあります。

コンビニ入り口付近で喫煙してた所、
なにやら仲間同士の弾んだ会話が聞こえてきます。
なにかのアニメの話かな?と思ったら

「深谷のガソリンが安い」とのこと(^^;

非日常的な車を前にしながら
もっぱらガソリンの相場という現実的な話…。

だがそれがいい。

車にステッカーを貼るのも職人技で
貼る面積が広ければ広いほど難しくなってくるもんじゃないかと。
皺や凹凸部分への処理なんかもそうですが、
せっかく貼れたのに気泡まみれじゃゲンナリです。
慣れた業者さん依頼するならまだしも、
自分でゼロからやってみよう!なんて人には
かなり敷居が高いんじゃないかなと思ってました。



最近は粘着シート側に細かい溝(空気の逃げ道)がある
ステッカー素材が売られてるそうで、
コツさえつかめば気泡の発生を押さえながら
スイスイ貼り付けできるものもあるみたいです。
(そのコツがまた難しいんでしょうけど)

うろ覚えで申し訳ありませんが、
たしかそのステッカー素材はドイツ製だったと記憶しております。

JOJO第二部でルドル・フォン・シュトロハイム が
自国の科学力を「世界一ィィィイイ!!」と豪語するのも
なんとなーくわかるような(^^;  


Posted by ダブルジェイ at 04:00Comments(0)

2010年02月20日

まっどぶる

気がつけば前回の記事から1週間です(^^;

ちょっと仕事が押していたので
腰を据えて記事を書く余裕がありませんでした。
なんだかんだいって他の方の記事は
ちょくちょく覗いていましたが…(^^;

射撃会を通していろいろな改善点が見えたので
ちょこっとだけA&Kドラグノフを改修です。
(腕前は一旦置いといて…)

屋内にも関わらず弾道が右に左にと大きく反れ、
なんとかしないとなぁと思った30mレンジ。
構えるたびに体がブレてるのかなと思い、
試しに台に寝かせた固定撃ちでも似たような結果でした。

もともとデフォルトでも問題ないと思っていましたが、
おまじない程度のノリでインナーバレル交換です。
ブツはMADBULLのブラックパイソンタイトバレル。

パーツ換えればいいってもんじゃないかもしれませんが
そこらへんの右往左往っぷりもこの種の楽しみの一つということで…

MADBULLのインナーバレルですが
第一印象としては「アルミ製なので軽い!」ってぐらいです(^^;
あとは他社製品に比べて安いってぐらいでしょうか。

元のインナーバレルからパッキン(KMセパレート赤パッキン)を
移植し試射をしてみます。

0.65J…

パッキンの気密が取れていなかったのが原因でした。
MADBULLは径がタイトだったので
インナーバレル側にセロハンテープ巻き巻きで修正。

初速も落ち着き、撃った感想としては
「気持ち、よくなったかも?」といった漠然とした感じです(^^;
どっちかっていうと精神衛生上のところが大きいですね。

バレルの在庫が590mmPSG-1用しかなかったのですが、
中で弾が暴れているようでもないので現状はコレで。
ようやく下地が整った(気持ち的に?)ので
なんとかHOP調整→スコープ調整に入れそうです。

パッキンの硬度や、パーツの相性、組み付け方、
ちょっとしたことでよくなったり悪くなったりの繰り返しです。
自分が行ったトライ&エラーが素直に結果として
銃に現れるのもおもしろかったり。

規制値への懸念から購入した弾速計ですが、
自分が行った作業(大したことはしてませんが…)に対しての
リアクションが、「数値」として出されるのが新鮮だったりします。
ドラゴンボールでスカウターが登場したときの感覚です。
原作みたいに「強さ」のインフレを起こしちゃマズいですが…

まぁなんだかんだいっても、数値は一つの目安です。
最終的には実際にその場の状況で撃ってみての判断なんですが(^^;

威力(規制値内での)、飛距離、精度、その他諸々、
人それぞれ追い求めるものは違いますが、
強いて私のコンセプトをいうとなれば
「成功・失敗・発見を楽しむ」といったぐらいです。

私自身のこれまでの経験上、
視野狭窄になると楽しむ幅が狭まってしまうことが多かったので
「なにごともほどほどに」を心がけたいものです。  


Posted by ダブルジェイ at 05:43Comments(4)

2010年02月14日

ヘロヘロ

戦民思想さん主催の射撃会に行ってまいりました。

起床して一度外を見ると曇り空。
歯磨き後にもう一度外を見ると雪。

ゆ、雪!?

こんなことでへこたれるジャン・ジャラではごじゃいましぇん!

PSG-1サイズのガンバックを担いで(今回はドラグノフでエントリー)
なんとか乗車した電車内でぼーっとしていると
「京浜東北線で線路内に人が立ち入ったため運転見合わせ」の緊急アナウンス。

ひ、人!?

25分ほど車内に閉じ込められました。

こんなことでへこたれるジャン・ジャラではごじゃいましぇん!

東京駅から京葉線経由で千葉方面へ向かいましたが
途中でネズミ王国へ行く集団にもみくちゃにされました。

こんなことでへこたれるジャン・ジャラではごじゃいましぇん!

なんとか会場についてみなさんと合流です。
初参加だったのでいろいろ不安だったのですが、
全体的にゆったりな雰囲気で気兼ねなく射撃を楽しめました(^^

実はお座敷以外で撃ったのはコレが初めてです。
見せてもらおうか!中華製エアコキドラグノフの実力とやらを。
(撃つほうの技量はまずおいといて)

30mレンジで撃ってみます。

ポスッ!へろーん

かろうじて届くかなといった感じで(^^;
A&Kドラグノフは構造上ホップ調整がシビアなので
いろいろ煮詰めてあげなければいけない感じです。
(その他にもいろいろありますが)

ですが、これから手の入れがいがあるってもんです。
愛着とこれからの楽しみが増えました(^^

各ステージを通して私の成績自体は振るわなかったのですが、
そんなことはおかまいなしです。
趣旨を楽しむ、雰囲気を楽しむという点でとてもいい経験になりました。
純粋に楽しかったです。

また機会があったら参加したいと思います(^^  


Posted by ダブルジェイ at 02:19Comments(2)

2010年02月10日

なんともはや

ミリブロの記事で知ったのですが…

「A&K エアガンから撤退」

A&K SVDの日記を投稿した数日後にコレって(´゚д゚`)

A&K SVDはエアコキなのにカリカリ多弾マガジンだったので
電動化も期待していましたが、もはや夢の跡になりました。

1stロットはプラマガジン・2ndロット以降は金属マガジン。
プラマガジンだった方を対象に、単品で金属マガジンを
後々販売するアナウンスもされていたっぽいですが、
そこらへんもどうなってしまうのでしょう(^^;
無論、ロット関係なく純正スペアマガジン欲しい人もいるでしょうし。

良くも悪くもA&K SVDは愛着があるエアガンなので
元メーカーが撤退という知らせはダメージが大きいです(^^;

A&KはMINIMIやMASADAやM60等など
幅広い商品展開をしていたと思います。
各ユーザーさんは一体どのような心境なのでしょうか…(^^;

経営問題?お国事情?

私にはこれといった理由を知る術はありませんが
なんにせよ寂しさが募るばかりです(^^;
  


Posted by ダブルジェイ at 03:03Comments(4)

2010年02月07日

イズマッシュ猫

先日の引き続きでA&Kドラグノフのお話。
前回、前々回と一切写真を上げていなかったので
今日は写真を交えながら…(^^;
古いデジカメ&写真下手なのでそこらへんなにとぞ…



↑手持ちのA&Kドラグノフです。
樹脂ストックからノーブランドの木ストへ交換しました。
木ストの出来は値段相応といった感じですが、
届いた当初はなんともいえない匂いを放出…ニスの匂い??



↑チークピースを外すと金具が当たっていた箇所に凹みが…
 RS版はそこらへんどうなってるんでしょ?
 …まぁチークピースはつけっぱなので気にしません(^^;



↑つけてるスコープはRS PSO-1 M2 Scope。
 最初は取り付けが硬くギッチギチで
 「大丈夫か?コレ?」と思ったりしましたが、
 何回か繰り返す内に取り外しがスムーズになってました。



↑飼い猫が邪魔しにきました(^^;



↑スペースを空けるとくつろいじゃったり(^^;


↑せっかくなので大きさ比較
  


Posted by ダブルジェイ at 06:43Comments(0)

2010年02月05日

サルベージ

パソコンのデータを整理してたら昔遊びで作った&依頼で作った
ロゴ画像なんかが出てきました。懐かしいな~(^^

場違いかもしれませんが一部をピックアップ↓



何年も前のものだったりするので記憶が曖昧です(^^;
虎とかなんの依頼だったっけな~。
依頼主の簡単なラフから起こすケースが主ですが
あまりにもラフすぎて頭を抱えたこともありました(^^;



喜んでもらえたりしたときは素直に「やってよかったなー」と
思える瞬間でもあり。

今は3Dモデルのお仕事がメインなので
ロゴやフォントワークはめっきりご無沙汰です。

最近はオリジナルデザインを小ロットで作成してくれる
刺繍屋さんも多くなってきました。
データ入稿でミリタリーパッチとかも作れたらおもしろいんでしょうねー。
平面のデザインが刺繍で表現されるのも新鮮に違いない。

ミリブロで気合の入ったチームオリジナルパッチやワッペンを
見るのも楽しみだったりします(^^

機会があればまたロゴデザインやりたいな~  


Posted by ダブルジェイ at 04:50Comments(0)

2010年02月03日

下町鉄工所奮闘記

またミリタリーとは関係ない話ですが…(^^;

唐突ですが、私漫画が好きです。



自分で単行本を買って集めるまでに
至るものとなるとかなり限定されます。

そんなジャン・ジャラが単行本を集めて愛読しているのが
1998~2006までSUPER JUMPで連載されていた「ナッちゃん」です。
2007~2009まではOH!SUPER JUMPで東京編が連載されていました。
(画像は東京編)



内容に関してはWIKIに詳しく載っているので
興味ある方はこちらまで↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%83%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

ざっくりいうと、死んだ父親の鉄工所を継いだ娘の話です。
なにがおもしろいって鉄工所というだいぶ偏ったジャンルの中、
ややこしい依頼を工夫と技術でこなす主人公の奮闘ぶり。
ちょくちょく出てくるワードが耳慣れしなさすぎでグッときます。

----------------------------------------------------
その1

「こ、これは…オルダム!?」
「そう…オルダム継手(カップリング)ですよ」

----------------------------------------------------
その2

「ナイロンキャストは削りにくいなぁ」

----------------------------------------------------
その3

「なんかいいアイディアあるか?ナッちゃん」
「リリーフバルブ使おか」

----------------------------------------------------
その4

「そんな時はこれ!」
「それは…?」
「これはエキストラクター」

----------------------------------------------------
その5

「切れないドリルでフライス盤なんかで自動送りで穴あけをして
 確認を怠ったからでしょう。ま、外ヅラはキレイですから」


----------------------------------------------------

慣れ親しみがないにも程がある!
だがそれがいい。
(その方面の方には当たり前の知識なんでしょうが)

モノづくりが好きな方、興味がある方は是非是非。

「オススメの漫画貸して」といわれたので
会社の人たちに貸しましたが、大体が?マークの顔されました。
うーむ…(^^;

試し読みもできるみたいです↓
http://www.s-manga.net/title/nacchan.html  


Posted by ダブルジェイ at 03:45Comments(2)

2010年02月02日

コトノハ

またミリタリーとは関係ない話ですが…(^^;

人は誰しも「忘れられない言葉」というものがあると思います。
新入社員のときに上司からいわれた言葉。
彼氏・彼女の間柄でいわれた言葉。
なにげない家族の言葉。
心安堵した言葉。傷ついた言葉。

私にも忘れられない言葉があります。

学生のとき厨房でアルバイトしていました。
たまに深夜帯のシフトに入れられたりすると
結構お年を召した方と一緒に働くケースがあったり。

昼間の稼ぎがあるのに深夜帯でアルバイトっていうのも
当事者にはきっといろんな事情があったりするのだろうと、
特にそこらへんは触れないことにしてました。

ある日、パートナーの山本さん(仮名)が話しかけてきました。
釣りが趣味だそうですが、毎月のお小遣いが経済的制裁を喰らい、
アルバイトで補填しているそうです。昼間は自営業。

自分で働いたお金で工面してるから
文句もいわれないでしょう。

数日後、また同じシフトになった時、
山本さん(仮名)はとても暗い顔をしていました。
理由を聞いたら釣り道具を全部捨てられたそうです(^^;

山本さん(仮名)の奥さん曰く、そもそもそういった趣味をやめて
一緒に旅行いったり、共有できる時間を増やして欲しいと。

重い空気のまま千切りキャベツを仕込んでいると
洗い物をしていた山本さん(仮名)がボソッと

「アレ(嫁)との出逢いは恋だったのかなぁ」

焦って包丁で手切りそうになりました。

なんでしょう、なんかこっちまでダメージくらいました(^^;

学業の都合でそのアルバイトは辞めてしまったので
その後の経緯はわかりません。

なんというか…世知辛いです…(^^;

皆さんの「忘れられない言葉」ってなんでしょうか?  


Posted by ダブルジェイ at 05:34Comments(2)

2010年02月01日

ロード・オブ・ザ・Oリング

先日の引き続きでA&Kドラグノフのお話。

スプリング交換、イモネジ交換、
パーツ洗浄、グリスアップと実に基本的な工程は
施したつもりでしたが、ピストンのOリングはそのまま。

中国製Oリングも品質に関しては?マークが拭えないので
次回の分解ついでに交換しようと思いながらほったらかしにしてました。

今日たまたまDIYショップに行く用事があったので
丁度よさげなOリングを購入しました(^^

買ったのは三栄さんの
「補修用 ニトリルゴム製 Oリング SAN-EI PP50-20」
DIYショップならおそらくどこでも買えます。
お値段は2個セットで150円ぐらいでした。

直径もほぼ一緒、交換→グリスアップしていざ試射です。

平均でおよそ0.65J、70m/sぐらいでした。
…交換前は平均でおよそ0.75J、85m/s
(弾は生分解BB 0.20g)

品質的な意味合いでの交換でしたが、
ここまで下がるのはちょっと予想外です(^^;
結局元の中華Oリングに戻しました。

原因はシンプルなもので、同じような径を
選んだつもりでしたが、今回買ったOリングが
若干大きくて(しなりが強い?)、
シリンダーに対して抵抗になったっぽいです。
ほんのちょっとの差だったんですけどね~残念(^^;

じゃあ1サイズ小さいの買えば丁度いいかな?と思って
品番をネットで見てみると

PP50-16   15.8×2.4(mm) 
PP50-18   17.8×2.4(mm)
PP50-20   19.8×2.4(mm)

狙っていた1サイズ小さいPP50-19自体が
存在しないっぽいです なんてこった(^^;

ないものはしょうがないです。
次回DIYショップに行くときは2サイズ小さい
PP50-18を買って試してみようかと思います。
単価も安いのがなによりも救いでした。

つづく  


Posted by ダブルジェイ at 01:42Comments(2)